最近のつぶやき

「芸術新潮」の8月号に、作品の写真が載っています。
考えてみれば、美術関係の雑誌にのっけてもらったのは初めてです。
表紙は北京、内容も大方北京の特集でした。

それが宣伝になったのか、NHK「デジスタ」を制作している方より「応募しないか」という打診が・・・。
準備期間がないこと、展示終了後すぐに作品を処分してしまって、出せる作品が手元にないことなどを理由に、
残念ながら今回は出品しないことにしましたが、
それにしてもわしの作品まったくデジタルではないよなあ・・・。

と思ったら今度は「誰ピカ」を制作しているところからメールが・・・
まだ詳しくお話しは聞いていなくて、あした電話をかけてみるけど、
アートバトルへの応募の誘いなのかな??

しかし収録する日として伝えられたのは2学期始まってからの平日なので、
夜でない限り難しそうです。

うむむ。学生のころなら時間も豊富だったので喜んで参加するのになあ・・・。

21世紀人展が終わり、それに関するムーブメントも一段落ついたので、
あらためて、「自分は何ができて、何ができないのか?」「表現者として、観てくれる人に何を提供できるのか?」を考えてしまう。

プリンスは、歳とって踊れなくなっても、ギターをはじめたくさん楽器が弾けたので、
そっちに重点を置くことでライブ活動を継続できています。

マイケル・ジャクソンは、ステージでは「歌うこと」と「踊ること」のみに特化した天才だったので、
歳を取って踊れなくなったら、ライブができなくなってしまった。

マドンナさんは、自分を鍛えることがライフワークのような人なので、
歳を取っても踊れる。

わしは新聞を丸めて大きなものを作るしか、表現者としては提供できないなあ。
「デジスタ」「誰ピカ」とか、テレビに出たところで、何ができるというんだ?

これまで絵本描いたり、踊ったりはしてきたけど、それらはまだ学生レベルというか、
世の中に対して思いっきりアピールできるものでは全くない。
それらを突きつめ、「世の中レベル」に仕立て上げるには、
やっぱり豊富な時間と専念できる頭の中が必要なのだろう。
表現者としての「進化、深化」は、卒業の時点で止まったままなのかもしれない。

この間は三宅感の映画制作をのぞいて、集団でなにかを作るダイナミズムに触れた。
制作の過程自体が「スタンド・バイ・ミー」みたいな、成長物語の映画のようで、楽しさと充実感に溢れていた。
(ちょっとのぞいただけなので、そう感じるのかもしれないけど。ほんとは辛いこともたくさんなのだろう)
とにかく映画は一人では撮れない。
たくさんの人と付き合いながらの制作になる。

おとといは、服飾の専門学校でバックを作ってるガールフレンドの、
制作現場を見学させてもらった。
見たことのない道具やマシンを駆使して、作っているその現場は、
全く未知の世界で、違った文法の言葉を聞いているみたいで、
雰囲気に押されて、緊張して、5分くらいしかいられなかった。
この制作現場では、未知の技法やマシンに対して、しり込みしていては話にならないみたいだった。

自分とは違ったものを作っている、もの作りの現場をのぞくことは、すごく勉強になる。
それぞれすごい説得力があって、自分を省みる機会になる。

ああ!!
ところで!
わしは今日で25歳になったよ。

以前どこかで、
「人間の人格は、25歳までの人生で決まる。
人間的成長は、25歳になったら止まって、あとの人生は、その人格に従っていろんなことを判断するようになる」
というような文章を読んだことがある。(何に書いてあったんだっけなあ?)

それを読んだのは確か18歳くらいのときで、当時は
「そうか、人間は25歳で頭が固まっちゃうのか!
だからおじさん、おばさんは、こっちが何を言っても考えを変えようとしないのか!
どんな出来事を経験しても、それによって自分を動かされることがなく、
自分の価値観でさらりと受け流してしまうのか!」
と、なんだかすごく納得し、同時に
「わしはいつまでも、心を動かされる人でいたい!可変体でいつづけたい!」
と強く思った。

なので、18歳のわしは、自分が25歳になることに対して警戒心を抱くようになったのだが。
「わしは大人になっても、やわらかい頭でいつづけるぞ」みたいな。
実際に25歳になった今、はたしてわしの基本的な人格は、決まっちゃったのかな?

と、最近の自分を省みてみると、
そういえば興味の向く対象が、外界よりも、自分の内側や過去に向くようになった気がするなあ。

夏休みに先立って、海外旅行を計画しようとし、本屋の旅行案内の棚の前に立ったのだけど、
どこにも行く気が起きなかったのだよ。
そのかわりに、「国内の家屋や店、工場なんかのディティールを写真に撮って集めたい」というマニアックな欲望が先行して、そっちを実行することにしてしまった。

昨日神保町で古本めぐりをしたときは、
90年代初頭の、プロレスの写真集を2冊も買ってしまった。
(今はほとんど観ないけど、90年代、小中学生だったわしは、プロレスの熱狂的ファンだった。)

なんとなく、「わしの過ごしてきたこれまでの時間、場所とは、なんだったのか」を、大げさに言えば再検証することが、マイブームになりそうな今日このごろ。

それはそれで、いいのかもしれない。
25歳までは、食材集め。それを過ぎてからは、食材を煮込んで味付けしていく期間なのかもしれない。
そう考えれば、歳を取るのも悪くない。

とはいえ!やっぱり頭はやわらかいままでいつづけるぞ!
軟弱なのは困るけど。柔軟と軟弱は似て非なる。
強くやわらかく。
例えるなら・・・うーん・・・スルメしか思いつかない。
[PR]
by syun__kan | 2008-07-31 23:18 | 日記 | Comments(4)
Commented by yukayamazaki710 at 2008-08-01 01:09
25歳、おめでとう!!!
Commented by ようこはん at 2008-08-01 20:16 x
おめでとう!!
Commented by 関口光太郎 at 2008-08-01 21:54 x
ありがとう!!
Commented by haku(phpな猫の森) at 2008-08-01 22:05 x
こーちゃん誕生日だったのか、おめでたう!!
今日はウチのちぃちゃんの誕生日。1歳になったよん。
ついでにオレは勤続20年だ。ありがとう!(。_+)☆\バキ
<< 「ポニョ」を観た! 三宅感。 >>