ほめること

今日は晴れている。
わしは晴れが好きだ。
雨が嫌いだ。

教育の世界で、

○良い(伸ばしてほしい)行動はほめて、
○悪い(なくしてほしい)行動は無視する。

という基本マニュアルがある。

なので、今日は天気をほめておこう。
グー!素敵だよ。
みんな喜ぶよ。
洗濯物がよく乾くよ。
すばらしい!!
またお願いね。

ところで、ほめることは、美術の時間では一番大事。
生徒が何を描いても、何を作っても、教員はほめるべし!とわしは考えている。
もちろん、心の中でも、本当に「すばらしい!」と、思っていなくてはいけない。
心は感動してないまま、口先だけで「すばらしい!」と言っても、たぶん伝わらない。
良さを感じ取る感性を全開にすべし。
これは、写真家のアラーキーから学んだ。

わしは一度、アラーキーが撮影する現場を目撃する機会に恵まれたことがある。
ついでに、写真を撮ってもらったこともある。
(これは、一生の宝物のような思い出である)

アラーキーは、モデルを絶えずほめる!
グー!いいね!と言い続ける。
わしは、幼虫の被り物を着て撮影してもらったのだけど、
撮影の前は当然かなり緊張していたのだけど、
アラーキーはわしの姿を一目見て、
「おおー、いいね!色が来た。すごいなー、よしよし、そこに立って」
と、わしを立たせて、
「グー!」パチリ。「グー!」パチリ。
と写真を撮っていった。
わしはもちろん緊張し続けていたが、
あの世界のアラーキーが「グー!」とほめてくれるので、
同時にかなり気持ちよくなって、いろいろポーズした。
するとそこでアラーキーが一言!

「はいそこでひとりぼっち!」

瞬時に、わしの体が反応して、うなだれた、ひとりぼっちのポーズをとった。
アラーキーは、ほめることで相手の力を引き出し、
舞い上がらせた上で、コントロールしてる感じだった。

ものすごく勉強になったなあ。

それ以来(というわけではないけど)
わしも美術の時間では、生徒をほめまくっている。
グー!!うわー、すごい!!
[PR]
by syun__kan | 2008-11-30 10:45 | 日記 | Comments(0)
<< 関口、跳ぶ 空っぽのマイケル、パンパンのジ... >>