<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
涙と鼻水のあいだ
さっきまで、「パコと魔法の絵本」を観ていたので、泣いていた。
とんでもなく泣ける話だったなあ。
昔より、てんで涙もろくなった。
以前は、あんまり泣かない子だった。
小2くらいから、18歳くらいまで、涙を一粒も流していなかった。
感受性が鈍っていたのだろうか。共感回路が絶たれていたのだろうか。
18歳のときに、どうしても泣きたくなって、
音楽を聴いて、真剣に泣こうとしたら、なんとか涙を一粒流すことができた。
それ以降、逆に涙もろくなってきてしまった。
テレビで、湘南の映像が映り、BGMで桑田圭佑さんの「波乗りジョニー」が流れて、
イントロのピアノの音を聞いただけで、涙が溢れてしまうようになった。
今では、映画を観るとほとんど毎回泣いてる気がする。
わしの選ぶ「泣ける映画ベスト3」は、
3位「平成たぬき合戦ぽんぽこ」
2位「パコと魔法の絵本」
1位「お父さんのバックドロップ」
だ。
いや、特に泣ける映画でなくてもいいのだ。
どんな映画でも、一箇所くらいは泣けるポイントがある。
そこを逃さずに泣けばいいのだ。
どうしてこんなに泣くことに積極的になっているのだろう。
まあいいのだ。
今のわしなら、なんだって泣ける。
ペットボトルでも泣ける。
風邪気味の時なら鼻水も出る。
涙と鼻水を同時に拭きながら、泣いているのか鼻炎の処理をしているのかわからなくなる。
映画を観終わってから、
「今のは泣いていたのか?本当に感動的な映画だったのか?それともただの鼻炎だったのか?」
と、わからなくなる。
泣ける要素は、映画の価値の一つだから、それを正式に享受できたかどうかは、大事なことなのだ。
鼻炎では困るのだ。
でも、そんなものなのだろう。
映画を観終わった直後の、新鮮な気持ち、
感性が一段階引き上げられたような気持ちも、
映画館を出て現実世界で過ごすうちに、すぐにうやむやになってしまう。
とくにこんな曇った日には。
ちょうど、涙だと思っていたら、鼻炎なのか何なのかよく分からなくなっちゃうように。
濃い色水の中に、新しい色の水を一滴垂らして混ぜるように。
人生は涙と鼻水の狭間にあるのだろう。
いつまでも消えてなくならない傷を付けるのは大変だ。
[PR]
by syun__kan | 2008-09-28 15:08 | 日記 | Comments(0)
風邪Yeah
わしはとても風邪をひきやすいので、今秋もまた風邪をひいた。
小さいころから、そんなに丈夫な子ではなかったけど、
とくに風邪をひきやすくなったのは、ここ3、4年くらいか。
夏以外の、「暑い」とされていない時期になると、月一か、それ以上のペースで罹患する。
原因は、「冷え」であることが多い。
「冷え」に対して、尋常じゃなく弱い。
普通の人にとって、
「涼しい」
「あたたかい」
とされているような、快適な気候でも、
勝手に一人で冷えて、風邪をひいている。
世間の空気を読んで、
「今は涼しいんだ」
「こういう日は、あたたかいとされているんだ」
などど思っているうちに、いつの間にか冷えている。
9月~5月の時期に、月一のペースで罹患しているとすると、年に9回、
それを丸3年続けているとすると、ここ3年間で27回風邪をひいたことになる。
さすがにここまで頻繁だと、慣れが生じる。
はじめのうちは、
「おれは風邪をひいた!ガーン!何もできない!寝てなくてはいけない!」
と思っていたけど、だんだん、
「はいはい、わかったわかった」
という感じになってきた。
さらに経験を重ねると、テンションが下がることもなくなってきて、
「はいきた、風邪一丁!」
という感じになる。
「今夜が山田」とか、「あと何日で治る」とかの、見通しも持ててくる。
色々試したけど、風邪薬で一番効くのは、パブロンだ。
葛根湯とかアネトンとかは、体質の合わないのか、効果を感じたことがない。
あと、風邪でお医者さんには行かない。
お医者さんは、わしの極度に風邪をひきやすい体質を知っていないので、
以前、ひき始めのときに診てもらったら、
「少しのど赤いですね、
イソジンと、炎症を抑える薬と、葛根湯を出しておきます。
これを飲んでれば、すぐに風邪を撃退してくれますよ」
と言われて、その通りに服用していたら、
普通に風邪菌はわしの体を蹂躙して帰って行った。
いいんだ、パブロンで。
あとは、無理せず普通に過ごしていれば、
のど→鼻→せき の順に、風邪は通りすぎて行く。
風邪なんてそんなもんよ。
わしはベテラン風邪師。
Yeah。
[PR]
by syun__kan | 2008-09-23 21:07 | 日記 | Comments(0)
わしの好きな、マイケルのパフォーマンスベスト5
何度も言うけども、私はマイケル・ジャクソンが大好きだ。
正直、かわいくて仕方がない。
好きすぎて、彼が残した作品の大方はすでに味わいつくして、
フライドチキンでいうとおいしいお肉の部分は食べつくして、
今は骨をしゃぶって髄を味わっている状態だ。
同じツアーの各公演を見比べて、振り付けのほんちょっとの違いを見比べたり、
マイケルが汗を拭いたり、
ダンスを少し間違ったり、
マイクが故障したり、
そういうのを見て
「あー失敗してる。かわいい」
とか言って楽しんでいる状態だ。
もうやめたほうがいい。
でも、やめられない。
何がそんなに魅力的なのだろう?

そんなマイケルさんも、この間の8月29日で50歳になった。
ちょっと遅いけども、それを小さく祝って、
「わしの好きな、マイケルのパフォーマンスベスト5」
を書こう。

マイケルさんはプロモ―ションビデオが有名だけど、
ステージ映像は、個人的にもっと好きだ。

それじゃあいくよ!

5位 1995MTVミュージック・アワード パフォーマンス「デンジャラス」
・・・90年代にレパートリーに加わった「デンジャラス群舞」。
定番パフォなので、すごくリラックスして踊ってる。
このときマイケル、36(37?)歳。
ルックスは若いけど、大人の余裕が感じられてよい。
一糸乱れぬ完璧なダンスと、クールな表情のギャップが、この映像の魅力だと思う。
途中、顔のファンデーションがズボンに付くプチハプニング。


4位 1988グラミー賞授賞式「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」
・・・5年ぶりにテレビでパフォーマンスしたマイケル。
この曲と、「マン・イン・ザ・ミラー」の2曲を披露。
しかし「マン・イン・ザ・ミラー」は、マイクが故障するわダンスで膝を負傷するわの、
けっこう踏んだり蹴ったりの内容。
それに対し、この一曲目の「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」は、
まるでディズニー映画のような完璧な振り付けだった。
どのくらい練習するんだろう?
すごいやっているようにも見えるし、あんまりやってないようにも見える。


3位! 1993デンジャラスツアーinメキシコ「JAM」
・・・90年代に入り、ミリタリー&スペイシーな要素が加わったマイケル。
このメキシコジャムの、堂々とした立ち振る舞いといったら!
大また開きのポーズも、まるでキング・オブ・ポップの土俵入り。
暴れん坊将軍のような表情も良い。
ジャム、ドーーン!(花火)が頭から離れなくなる。


2位! 1984ビクトリーツアー「ビリー・ジーン」
このときマイケル、25歳。マイケルは25歳の時が一番渋かった。
(歳を取るにつれ、フィギアっぽくなって、渋さ知らずになっていく)
今でもスタイル良いマイケルだけど、
25歳のマイケルはさすがに!ルパン3世のごとき体格!
首筋がセクシー。首筋がセクシーなのは、やはり若いからなんだろう。
「それがすべて」ではないけど、若いって、大きな価値だなあ。
たかが首筋なのに、武器になるなんて。
とにかく、25歳のマイケルは、仕草の一つひとつが、魔法のように魅力的で、
ほんとうにマジカルな人だった。
だって大したことやってない。ムーンウォークしただけなのに。


1位! 1988バッドツアー「アナザー・パート・オブ・ミー」
・・・この映像だけ、埋め込み無効だったので、アドレスだけの貼り付けになってしまいました。
すみません。
いろんな説があるけど、やっぱりわしは、マイケルダンスは88年がピークだったと思う。
胸をぐっと前にせり出したり、左右の肩を使ったりする上半身の動きは、
この時期特有のものだ。
「振り付けも何もない。ダンスとは、音を感じて瞬時に動きに変換させるもの」
とマイケルは語っていた。
演出もバックダンサーもない。終始、平らな地面にマイケル一人。
このシチュエーションで、魅せられところが、マイケルの真骨頂なのさ!
http://jp.youtube.com/watch?v=frlUXBZQzfY&feature=related
[PR]
by syun__kan | 2008-09-20 12:27 | 日記 | Comments(0)
私とパフューム
かなり前、ヴィレッジ・ヴァンガードでパフュームが流れていたとき、
一緒にいたHさんは
「パフュームだ、すごくかわいいよね」
と言ったそうだが、パフュームを知らなかったわしは、
「そう?これ聴くならスッケチショウを聴いた方がいいんじゃない?」
と、パフュームを一刀両断したらしい。覚えていないのだけど。ご無礼をお許しください。

このあいだ、半月くらい前、Hさんと動画サイトを見ていたとき、
パフュームがポリリズムを歌っているのを見た。
そのダンスがとても面白かったので、ついにわしはperfumeに興味を持ってしまった。

そしてわしは、ウィキペディアでパフュームを検索するに至る。
現代っ子らしくIT技術を活かし、急速に知識をゲットする。
メンバーの愛称を覚える。
プロデューサーが、なんとかヤスタカさんであることを知る。
公共広告機構の、すっごくおもしろい!と思っていたCMに出ていたのは、この人たちだったということも知る。
tsutayaでCDをレンタルする。
チョコレイトディスコは、とても踊りやすそうで、学校の体育の創作ダンスに使えるかもしれない。
11月に武道館でライブがあることを知る。
Hさんに、一緒に行こうと持ちかける。
誰かのライブに行くのは、一昨年のマドンナ以来だ。
とても楽しみになる。
通勤途中に、パーフェクトスタイルをくちずさむ。

しかし、おととい電子チケットぴあを見たら、チケットはすでに売り切れているではないか。
ローソンチケットも、売り切れているではないか。
どうやらわしは、チケットの発売日を一週間勘違いしていた。
しかもチケットは、発売から3日もしないうちに売り切れてしまったらしい。

わしが学生時代に、何度もチケットを購入した、プロレスの公演では、
いつもぎりぎり「埋まるか、埋まらないか?」という規模の会場で行われるので、
チケットが売り切れることは、とてもまれなことなのだ。
その感じに慣れてしまっているわしは、今回の様に、チケットが一瞬で売り切れてしまうことは、想定していなかった。
オークションで購入する?しかしわしは、クレジットカードとか持っていないので、不可だ。
どうしよう。Hさんに怒られる。

しかし、正直に話すと、Hさんは全く怒らず、許してくれた。
Hさんは、それほどライブに対して、盛り上がっている訳ではなかったようだ。助かった。
そして、
「今、パフュームは一番旬で、売れ時だからしょうがない。またそのうちライブやるだろうし、その時は簡単にチケット手に入るよ」
と言っていた。

そうかもしれない。今回は武道館2デイズで即完売だったけど、
2回目は厚生年金会館になるかもしれないし、3回目はゼップ東京、4回目は練馬区公民館、5回目はうちの台所でやってくれるかもしれない。
そう考えて、自分をなぐさめると、まあいいか、と思えた。

空を切ったこの思い。どうしたらよいかわからず、
メンバーの皆さんは、武道館という大舞台、学業との両立で大変だろうけど、がんばってください。
などと書いてみる。繰り返す、このポリリズム。
[PR]
by syun__kan | 2008-09-13 14:58 | 日記 | Comments(0)
秋やねえ
空気が乾いていた。
秋だ。
よく晴れていた。
複葉機で飛びたい。
空気が乾くだけで、人の気分はこんなにも変わってしまうものか。
春夏の空気よりも、秋冬の、乾いた空気を吸い込むときのほうが、
昔の記憶と結びつくなあ。
今日の出勤中に、乾いた空気を吸い込んだだけで、
わしは同時に5件ほど、昔のことを思い出したよ。

冬に箱根駅伝とかをやってると、
体育大出身の友人なんかは、
自分の大学が何位になるか、とか、
選手も後輩だったりして、
「こいつはすごい走る」とか、そういう盛り上がり方をしている。
わしはそういう思いをしたことないなあ。
わしの出身大学の多摩美は、駅伝とか、出ないのかい?
出ないだろうなあ。
美大生は、フィジカルがそんなに強くないし、チームワークもないし、
スモーカーも多いし、
それに走りながら、もし飛行機雲が空を横切ったら、
それを見るために立ち止まってしまう可能性がある。

でもそれでいいのだ、美大生。
美術の道は、一番最初に、ゴールテープを切った人だけが、一番ではなく、
一番の価値観が、とても人それぞれで、価値観自体を自分で考えださなければならない。
考え方しだいで、誰でも一番になれるんだ。
だから素敵で、同時に、落とし穴だ。
コースを外れた落とし穴の中の選手は、中継車も追えないよ。
白バイの運転手の紹介のほうが、変で、アートっぽい。
さあ、走りながら何しよう。
秋やねえ。
[PR]
by syun__kan | 2008-09-09 23:41 | 日記 | Comments(0)
自転車少年
ひょんなことから、11月に曙橋のギャラリーMottで開かれる展示に参加することになった。
とはいえ、夏休み終了後に参加が決まったので、3日間くらいしか、制作できないかもしれない。
大きいものは作れない。小さい物を、可能な範囲で作って、出そうと思う。

なにはともあれ、2学期が始まり、お仕事が再び忙しくなった今、何かを作るときには受動的な形でないとなかなか動き出せないので、作る動機付けをいただいたのは良かった。


自転車少年、自転車少女
夜明け前、少年が、自転車に乗って出発する。
涼しい空気。暗い街。
自転車少年、川の土手を走る。
どこまでも、走る走る。
タイヤの空気は満タンなのだ。
土手を離れ、住宅街に入る。
工業地帯を抜ける。
どこへ行く自転車少年。
少年の頭には、断片的なイメージしかない。
海?風?広い場所?高いところ?
複雑なところ?単純なところ?
きれいなところ?きたないところ?
よくわからない。でも、日が昇るまでのあいだ、
暗くて涼しくて、静かなこの時間帯こそが、一番美しくて、
スピードがある、細くて未発達な存在が組み合わさって、
一番美しい状態になると思うので、
わしは自転車少年を作ろうと思う。
過呼吸の一歩手前の、静かな呼吸。
マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」も、イントロが一番シンプルで美しい。
人生は、イントロが一番美しいのかもしれない。
人生のイントロダクションを作ろう。
静かに作って、静かに展示しよう。
[PR]
by syun__kan | 2008-09-07 13:23 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧