<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

くるくるパーマのお姉さん

西新宿に、
中古のレコードとか、海外ミュージシャンのコンサート映像なんかを売っている店が、
集まっている界隈がある。
学生のころに発見して、よく行っていた。
この間、久し振りにそこへ行ってきた。

最初に入ったお店は、初めて入る店で、雑居ビルの4階にあった。
マイケル・ジャクソンのキーホルダーが7個セットで500円だった。購入。
他に、マドンナのステージ映像のDVDも、見たかったので買ってしまった。

その後、くるくるパーマのお姉さんがレジに立っているお店に行った。
お店にパッと入ると、くるくるパーマのお姉さんがわしを見て、
店内のBGMをマイケル・ジャクソンの「デンジャラス」にしてくれた。
わしは何度もこのお店に来て、マイケルのDVDを買っているので、
くるくるパーマのお姉さんは、
「この、背の高い、めがねの坊やは、ジャクソンチルドレン」
と、認識しているのだろう。
しかし、お店にはお姉さんとわししかおらず、
そんな中、店内のBGMをマイケルにされてしまったので、(お姉さんはそ知らぬ顔をしている)
わしはどう振舞ってよいかわからず、
店内を物色するにも、全然集中できなくなってしまった。
耐え切れなくなり、ふらりとレジに近づくわし。

くるくるパーマのお姉さんは、フチメガネをかけていて、全然笑わなくて、
小さくてやせていて、この日は上下デニムで(要するに80年代風)、とても小さな声で話す。

「・・・マイケルのヒストリーツアーの、韓国公演のDVDはお持ちですか?」
わしも、普段以上に小さい声で話す。
「・・・持ってます。ビデオですけど」
お姉さん
「・・・今回新しくDVDに落として、パッケージを作ったんですけど、どうですか」
わし
「・・・考えます」

わしはまたふらりとその場を離れ、店内を見る。
マイケルコーナーの前にいると、またマイケルの商品をすすめられそうだったので、
あえてプリンスコーナーを見る。
お姉さんは、BGMをマイケル・ジャクソンとジャネット・ジャクソンのデュエット「スクリーム」にして、
再びそ知らぬ顔で、攻めてくる(?)

プリンスのミュージコロジーツアーの映像を買うことにして、レジに持っていくと、
お姉さんはレジのモニターで、またマイケル映像を流していた。

これは!ドイツで96年にテレビ出演した時の映像ではないか!?
マイケルの髪がマッシュルームだった時期で、シャツを派手に破りすぎて胸とおなかがあらわになりすぎて、
パフォーマンス後にマイケルが恥ずかしがっていたあの映像!

わしは思わず、少しだけ、声が大きくなって、
「こっれは、レアじゃないですか?!」
と声をかける。お姉さんは、
「・・・そうですねー、ドイツの時ですねー」
と言いながら、店頭に並んでいないディスクが閉じてあるファイルを出してきて、
店頭よりもマニアックなマイケル商品の説明を始めた。

結局お姉さんとわしは、

・ここ数年働いていないマイケルは、どうしたものか
・マドンナは本物のプロ
・プリンスのミュージコロジーツアーの映像は、テレビ放送されたものだから、安心です。(余計な圧縮などはかけていません)

ということについて、しばらく話し合い、
わしは2枚のDVDを購入して店を出た。

お姉さんは、小さな店でずっと立ってるから、ひまなのかもしれない。
[PR]
by syun__kan | 2008-10-25 18:54 | 日記 | Comments(0)

フランケンシュタイナー

よーし、今日は、覚悟を決めて、プロレスについて書くぞ。
これはハードな試合になる。

わしはプロレスが大好だ。
特に好きだったのは、90年代~2000年代初め。
90年代は、地上波のテレビでよくプロレスが流れていたし、
ドーム級の会場で試合をしても満員だったし、
元オリンピック選手とかがプロレスに入団したりして、
華やかな時代だった。
ここ10年くらいで、プロレスはすっかり地盤沈下してしまったようだ。
少し寂しいなあ。

わしは教員なので、「プロレスが好き」と公言することは、少しはばかられる。
プロレスは、やっぱりダーティなイメージで見られがちだから。
(中学の英語のテストで、「プロレスが好き」という内容の英文を書いたら、文章としては間違ってないのに△だったよ!)
なぜにプロレスとは、忌み嫌われる傾向を持つのか?考えてみよう。
・血が出るから。
・真剣勝負ではないから。
・ヤクザっぽいから。
・おなかの肉が、ぷよぷよしている人が出ていたりするから。
・子どもがまねする。

プロレスは、間違いなく魅力のあるジャンルだ。
でもその魅力は、一言では言い表せない。
だからといって、長々と説明しようとすると、聞いている人はどんどん引いていって、
わしはどんどん痛々しくなる。
プロレスファンなら、そういう経験があるのではないかなあ?
その結果、プロレスファンは、ひがむ。
オタク化が進む。
太る。
ださいメガネをかける。
黒くて襟がダルダルのTシャツを着る。
モテない。
試合会場には、モテないオーラが充満する。
プロレスというジャンルのステータスが下がる。
そんな悪循環もあると思う。

でもわしは、やっぱりプロレスが好きだ。
時代と共に、プロレスは、存在の仕方、定義を変える。
プレイヤーが、「プロレスとは何か?」を、問い続けながら、仕事をしていく。
ここが、アートに似ている。

野球選手は、「野球とは何か?」と問い続けながら仕事しないと思う。
「野球」というジャンルに対して、疑問を持ったりしないと思う。
「いつか野球というものが、揺らぐ時がくるかもしれない」とかは、考えないと思う。

それに対してというわけじゃないけど、
アートというジャンルは、プレイヤーが常に「アートとはなにか?」を、問い続けなくてはならない。
プロレスも、そういうところがある。それがプロレスの面白いことのひとつ。

それから・・・

ああ、まずい!つい「長々と説明」しようとする方向に走ろうとしていた。
やっぱり、この際、ロック的に、プロレスへの思いをぶつけるのが、最善なのだと思う。

蝶野正洋、好きだ好きだ好きだー!
蝶野の体の、年齢に忠実な衰えが、人間らしくて好きだーーー!!!
武藤さーーん!
長州ーーーりーーきーー!!!!
コブラツイストが建築っぽくて好きだーーー!!!
獣神サンダーライガーのツノーー!

ああ、それと、プロレスファンは、せめて試合会場に行く時だけでも、
こぎれいな格好をしていくことをお勧めする。
わしもがんばるから。
オタク文化としてではなく、
現代アートを「フンフン」と、わかった顔して観賞するような、
文化的に高尚なものを摂取しているんだと言わんばかりの態度で観に行って、プロレスのイメージを変えよう。
少なくともわしは、ギャラリーに行くのと同じ感覚で観にいってるよ。
[PR]
by syun__kan | 2008-10-18 16:59 | 日記 | Comments(0)

巨大化

今日は、朝起きたら、巨大化していた。
50メートルくらいだった。
すごく遠くまで見える。
肩にカラスがとまっている。
足にセグロセキレイがとまっている。
何をしてよいか分からないので、とりあえず日記を書いている。
でも、動けば何か踏んづけてしまう。
今は晴れてるけど、雨が降ってきたら、屋根の下に入ることもできない。
ものすごく目立つ。
みんなが見てる。隠れることができない。
地上にいると何か踏んでしまうから、つま先立ちで、海まで歩こうと思う。
鉄塔の電線を、くぐりながら、太平洋に出よう。
服を脱いで、鎌倉の大仏に被せて、泳ぎに出る。
海の中に潜ってしまえば、自分が50メートルであることも忘れそうだ。
そこから、九州まで泳ごうと思う。
福岡ドームに行くんだ。
福岡ドームの屋根を開けてもらって、中に入る。
雨が降ってきたら、閉めてもらおう。
福岡ドームの社長も、50メートルのわしが、
「屋根を閉めてください」と言えば、なんとなく言う事を聞いてくれそうだ。
大きいと、説得力が出る。それは、巨大化して、良かった点かもしれない。
[PR]
by syun__kan | 2008-10-12 10:06 | 日記 | Comments(0)

昨日の夕飯の真実

とくに書きたいことがない。
無理に書かなくてもよいのだけど、週に一回は何か書くことにしているので、何か書きたい。
(お客さんが、固唾を呑んで、わしが何か話し始めるのを待っていると思えば、何か話せるはずだ…
昨日の夕食の様子を丹念になぞってみよう)
昨日はもつ鍋だった。Hさんと一緒に作って食べた。
駅前の西友には、味付けのもつしか売ってなかった。
近くのお肉屋さんはお休み。
もう一つの、西友より少し生活水準の高いスーパーは、牛もつが売ってたけど、100グラム350円と、高かった。
なので、少し足をのばして、普段はあまり行かない、コモディ・イイダというスーパーに行ってみた。
すると、グラム数、値段共に理想のもつが売っていた。
コモディ・イイダの株が上がった。
他に、豚肉こま切れ、コラーゲンボール、キャベツ、ニラ、えのき、ラーメンの麺を購入した。
家で、まずはたまっている洗い物をして、ごはんを一合炊いた。
それから、Hさんがお湯にダシ、しょうゆ、料理酒、にんにくの顆粒などを入れてスープを作った。
みりんは、あると思っていたらなかったので、かわりに砂糖を入れた。
となりで、わしはニラとキャベツを切った。キャベツは二分の一を買ってきて、そのまた二分の一、つまり元の丸キャベツの四分の一だけ切った。
(そうだ、まだキャベツが四分の一冷蔵庫に残っているのだ。あれをなんとかしなくては)
豆腐を手の上で切った。手を切る心配はない。なんといっても、うちの包丁は切れ味が悪い。
えのきを分解して、野菜類と共に鍋に入れた。
肉類も入れた。
コラーゲンボールも入れた。
鍋が満杯に。
「作りすぎ?明日も食べれるね」と、Hさんと話した。
そのうちに、鍋が煮立って、良い感じになった。
ごはんがまだ炊けないので、さきに鍋から食べ始めた。
ちゃぶ台に、新聞紙を一日分畳んで敷いて、その上に鍋を置いた。
とても美味しかった。バクバク食べれてしまった。
「明日も食べれる」との予想に反して、鍋はけっこう減った。
ラーメンの麺を入れて、しめに食べた。
体があったまって、汗が出た。
ごはんは、炊けたけど、今日は食べないことにした。
(そうだ、まだ昨日のごはんが冷凍庫にしまってあるんだ。あれをなんとかしなくては)
鍋を食べ終わった後、コーヒーを飲んだ。
インスタントコーヒーの香味焙煎だ。
香味焙煎を小さいスプーンに3杯、クリープを2杯、スティックシュガーを一本入れたものだ。
それが昨日の夕飯だった。夕飯だったのだ。
その真実がここにある。
(壮大なBGM。ジャジャジャジャ~~ン!!ドンドンドン、ブア~~ン!!)
以上!
(歓声:ワーワーワー)
[PR]
by syun__kan | 2008-10-06 09:47 | 日記 | Comments(0)