<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
金箔の肉片の記憶の断片
今になって思い返してみると、
あれはとっても…

・おもしろかった。
・不思議だった。
・悲しかった。
・楽しい時期だった。
・チャンスだった。
・怖い体験だった。
・貴重だった。

……など。
昔の出来事について、久々に思い返して、新たな感慨を抱く。
そういうことってある。

最近、夕飯を食べながら、大学時代のことを思い出した。
わしは、多摩美術大学の彫刻科、諸材料専攻だった。
彫刻科は、木とか、鉄とか、石とか、素材ごとに専攻が分かれているのだけど、
「諸材料専攻」は、ようするに材料的に「なんでもあり」なことをしたい人が集まるところで、
一番自由度の高いところだったと思う。
諸材料専攻では、年に4作品くらい作るのだけど、
制作に入る前に、メンバーと教授の石井先生、客員教授の池ヶ谷先生で小さい視聴覚室に集まって、イスを輪に並べて座って、
メンバーがそれぞれ、自分が作ろうとしている作品を、教授にプレゼンするのだ。
それを聞いて、教授が意見したり、みんなで考えたりする。

あるときは、Tちゃんが、
「肉に金箔を貼りたい」
と言った。
金箔を貼って、生の大きな肉片を覆い、作品にしたいとのこと。
教授が、「金箔…!T、肉に金箔だと?金箔…うーむむ…」と、うなる。
肉に金箔。その意味について、みんなで考え込む。

この世の中に、金箔で覆われた肉片を存在させることの意味を考える。
金箔で覆われた肉片が存在している世の中を想像する。
金箔で覆われた肉片が存在する世の中と、存在しない世の中を比較する。

みんな、「ふーむ…」と黙り込む。
頭の中を、一時的に、肉と金箔で満たす。
肉とはなにか考える。
体の一部だし、食品でもある、などと考える。
過去に誰か、肉に金箔を貼った人はいなかったけか、と自分の記憶をチェックする。
(先に誰か、やったことがあることは、価値ががくんと落ちてしまう)
視聴覚室には、沈黙が満ちる。
肉と金箔がもたらした沈黙…

教授が、「関口、どう思う?」と、わしに意見を求める。
わしは、
「ええと…食べられますね。金持ちの料理みたいに。
高いお酒に、金箔が入ってたりするから、金箔を貼った肉も食べられるはず」
と言う。
教授が、「なに、食べられるだと?」と言って、目を少し大きく開く。
そして、またみんなで考え込む―――

平日の夕食時に思い返したので、
その記憶は、なんだかとっても、精神的に離れたところの記憶に感じられた。
何しろ、明日も仕事だし、何時までにお風呂に入って、何時までに寝て、
明日は5時半に起きて、朝のうちにあの仕事を片付けなければ…。
そのためには今、あと10分で、この回鍋肉の肉片を食べきらなくては、なんて考えている時だったから。
たかだか、4年前の、自分自身の記憶なのだけど。

今になって思い返してみると、
あれはとっても…素敵で不敵で危うい時期だった。
離れてはいるけど、いつでも行き来は可能、ではある。
[PR]
by syun__kan | 2009-05-30 11:13 | 日記 | Comments(0)
うさんくささとは何か
この間、ギターを購入した。
学校で使っているギターのネックが、折れてしまったから、
池袋の楽器屋さんで、一番安い9800円の青いアコースティックを購入。
帰りの山手線に乗り込もうとしたら、すれ違った降りる人の中に、ちょんまげの髪型の人がいた。
今のは何だったのだろう?と思いながら席に座ると、
となりに座っていた外人に話しかけられた。
「ハウ アー ユー?」
わしは反射的に、
「アイムファイン」と答える。
外人は、白髪交じりの、真ん中分けで、ブラックスーツの男性。
そこから、しばらくの間、片言の英語での会話が始まった。

外人は、ギターを指して「それは、マシンガン?」とジョーク。
わしは「そうだよ」と。
「それで、電車の中の人を片っ端から撃つの?」
「そのつもりです」
「じゃあ、はじめは私からどうぞ」
「ええと…」
「ところで、名前はなんですか?」
「光太郎です。あなたは、デヴィッド・ボウイですか?」
「デヴィッド??その名前は知らない。私はディック。あなたは何の仕事をしてるの?ミュージシャン?」
「いやいや、私はギターは超初心者です。
なにしろ、このギターは、今日手に入れたんだから。
私は、養護学校の教員なんだ。クラスで、子どもたちと一緒に歌うために、ギターを弾くんです」
「本当?私の娘も、ハンディキャップがあるんだ。
でもとてもスウィートだ」

そんな感じで、しばらく、何のための会話なのかわからない会話をしていると、
わしが降りる駅の駒込に着いた。
わしが「じゃあ、私は降ります」と言うと、
ディックも立ち上がり、荷台に乗せてあったかばんからパンフレットを取り出して、
「何かあったら電話してください」と言って、名刺と一緒にそれをくれた。

ディックは幸い、一緒に降りてこなかった。ああ、良かった。
パンフレットには、案の定、
宇宙だの、
神だの、
光だの、
平和だの、
イエスだの、
書いてあったとさ。
なーむー
[PR]
by syun__kan | 2009-05-25 12:32 | 日記 | Comments(0)
とくになし
ここしばらくの間、特筆すべきことは、何も起こらなかった。
いや、いろいろあったのかもしれない。
でも、それらについて掘り下げることを頭の中でしなかったので、
全部忘れてしまった。

フォゲット

そう、たまに、
「自分は、忘れた。覚えてない。それについて、記憶や感覚を、失くした。ああ、失くした」
と実感した時に、わしは

フォゲット

と言う。
好きな英単語なのだろう。フォゲット。みんなも声に出して言ってみるといい。気持ちいいから。
他に、気持ちいい英単語は、もう一つある。イナフだ。

ああ、もう自分は充分だ、と思ったとき
…GWで5日間よく休んだときとか、食べたかった物をいっぱい食べたとき、などに、

イナフ

と、力を込めて言う。

「はあ~、ずっとエビ食べたかったんだ。
久々に食べられて良かった。もう、お腹いっぱいだ。イナフ

など。
[PR]
by syun__kan | 2009-05-16 14:54 | 日記 | Comments(0)
自分のビジュアルについて
なんだか最近、自分のビジュアルに飽きてきた…というか、関心がなくなってしまった。
ろくに鏡も見ないので、今の自分の髪の伸び具合も、あまり把握していない。
(でもまあ、まだ大して伸びていないだろう。お風呂あがりに髪を乾かすのに、そんなに時間がかかっていない)
昔はもっと、自分のビジュアルに関心があったはず…

小さい頃は、長州力の長髪に憧れて、髪を伸ばそうとしては、
母に切られて涙していた…。
小学校の卒業アルバムを見ると、
わしの顔写真は、
(自分で言うのもおこがましいけど)
半端じゃなく可愛い。
端正な顔立ちではないけど、
沖縄から上京してエイベックスのダンススクールに通ってデビューを目指しているような(古いかしら?)
健全な初々しさがある。

中学を経て~、高校を経て~、
徐々におっさんくさくなったわしは、
高2で視力が低下してフチ無しめがねをかけ、
思春期的な悩みを抱えて丸坊主になり、
額には吹き出物が紛争を起こし、
ついに、ヒョロ長い、グランドボウズメガネになってしまったのだった…。

やれやれ。
クラスメイト達は、頭にワックスをつけてツンツンさせ、
まゆ毛を細く剃り、隙を見て髪の脱色を視野に入れていたというのに、
なんでまた、わしは、とことん垢抜けない、ぶっといまゆ毛のボウズメガネだったのだろう?
別に、野球部や柔道部に入っていたわけではない。
完全自発性のボウズだったのだ。

でもまあ、それはそれで、自分のビジュアルに関心があってのことだった。
ボウズにすることも、周りから見られることを意識した一つの表現だったのだろう。

大学に入ったわしは、引き続きボウズメガネ。
加えて、ファッションへの興味の無さ(もしくは、興味はあったのだけど、明らかに間違った解釈をしていた)から、
いつも黒いウィンドブレーカーを着ていた…。

…。

しかも、そのウィンドブレーカーには、…ええと…そうそう、
「HEAD」という、謎のメーカー名がでかでかと刺繍されていたのであった。
なんだったのだろう、あれ?

しかし、徐々に周囲の人々に感化されたわしは、メガネをコンタクトに変更。
さらに髪を伸ばし始める!!!
そして、すぐさま脱色!
なぜかわしは、白髪のロン毛になりたくなったのだった。
しかし…美容院へ行けばいいものの、
お金を節約したい時代だったので、すべて自分でブリーチ剤を買って脱色、染色を行っていた…。
しかしわしの髪の毛の色素は強く、なかなか思い通りに染まらず、
茶髪になったり、金髪になったり、ムラサキになったり、わしの髪の毛はえらいことに。
結局、1年くらい試行錯誤していたが、理想の「白髪」だった期間は、数日間だった気がする…。

ボウズの時にわしをアルバイトとして雇った、近所のスリーエフの店長は、
勤めている間にどんどん変貌していくこのバイト店員について、きっと、きっと…あれ?どんな気持ちを抱いたのだろう?想像つかない。

わしの髪は、ダメージヘアを通り越して、
ビニールテープを裂いて作る運動会のボンボンみたいになっていた。

そしてある日、「やめよう」と思い、黒の短髪に。
今度は、脱色中に試せなかった、パーマを探求する旅に出た…。
わしは、長いモサモサ髪になったり、80年代男性アイドルのようになったりしたが、
大学卒業の頃にはやっぱり黒の短髪に戻った。
コンタクトも面倒なので、メガネに戻った。(この現象を、メガネリターンと名づけよう)
わしは教員を目指し始めていたので、変な格好をできなくなっていたのだ。

それに、ある程度歳を取ると、
「自分の男前度は、こんな程度。
どういじくりまわしても、キムタクにはならないし、阿部寛にも、小池徹平にも、
渡部篤郎にも、福山雅治にも、松田優作にもならない」
というように、自分の外見の限界を、ある程度把握し、
ある意味であきらめてしまうのだろう。

そんなわけで、わしはここ3年くらい、黒の短髪でフチのあるメガネというスタイルのままなのだが。
でもわしはまだ25歳だし、
25歳といえば、マイケルでいうと、まだ肌も黒く、カーリーヘアだったころなのだ。
わしはこれから、もっと変わっていったほうがいいのかもしれない。
キムタクにはなれないにしても、
何かもう少し今よりも魅力的なサムバディになれる可能性はある。

よね?
[PR]
by syun__kan | 2009-05-06 19:09 | 日記 | Comments(2)
DVD観賞をしよう
今日は、お休みの日だ。
Hさんは、仕事で出かけてしまった。
なので、家で、DVD観賞をした。
今日見たのは、2タイトル。

一つ目は、出ましたー。
Perfumeの、「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」
はい、出ましたー。
Perfumeは、良い。
武道館ライブのDVDを購入してしまった。
思えば、今までの人生で、CD屋さんでちゃんと定価でCDやDVDを購入したのは、
嘉門達夫と鈴木彩子とYMOと細野晴臣とジュディ・アンド・マリーと、
マイケル・ジャクソン関係とプリンスとマドンナと
ジェームス・ブラウンとクラフトワークとジャネット・ジャクソンだけだ。
あとは、プロレスのテーマ曲集とか、映画のサウンドトラックとかしか買ったことない。
Perfumeは、おもしろいと思う。
メンバーの3人はもちろんすごいバイタリティーを持っているけど、
それをプロデュースする人や、振り付けの人、その他の人たちが一体になって、
総合的に作り出す世界観がとても良い。
歴史を踏まえ、新しいものを作り出す、ちゃんとアートになってる。
DVDの武道館ライブ、オープニングは、マイケルの「ヒストリーツアー」によく似ていた。
そしてマネキンの演出は…クラフトワーク、YMOの時代から続く、テクノポップグループの伝統なのかしら?
ライブが始まると、腕を真っすぐに伸ばすと、ヒジが少し逆に曲がるような、
お人形さんのような女の子が、髪を振り乱して踊る。
わしはパッと見て、「そんなに踊って、大丈夫なの?」と感じる
マドンナも踊るけど、あの人は大丈夫。きたえてるからー。
もちろんマイケルも大丈夫。あの人は無理しないし、それに男性だ。
そういう、踊るべき肉体にダンスが宿ってる映像はたくさん観たことあるけど、
あんなに普通そうに見える体格の女性が、操り人形のように踊る姿は、
小さなカルチャーショックだったかもしれない。
2曲目のedgeという曲のダンスは特に凄かった!
他の曲も、パントマイムや手話のような、ちょっとレトロな要素がふんだんに散りばめられていて、ツボだった。
ダンスは、かしゆかと呼ばれている樫野さんという方が、一番うまい。
首や手足が長いし、衣装もすごくダンスに映える。
だから、3人が同時に無機質なダンスをしている時は、樫野さんばかりに目がいく。
しかし顔の表情は、あーちゃんと呼ばれている人が一番豊かで、ハッピーな感じがする。
このPerfumeというグループ、プロジェクトに、口パク云々で批判的な意見をするのは、ちょっと視野が狭い。
マドンナもジャネットもマイケルも、ダンスパフォーマンスに集中する時は口パクになる。
それに、テクノポップのグループは、汗をかいてはいけない伝統があると思う。
コンサート中のほとんど身動きしないで小さなキーボードをいじるだけのクラフトワーク、
眠る寸前のような伏し目でベースを弾く細野さん、
あのクールでドライでシステマティックな感じこそテクノポップの真髄だとすれば、
これ以上Perfumeに身体的な負担を増やすと、テクノポップでなくなってしまう。
というか、歌うことに力を割くのは、テクノポップ的にはちょっと泥くさすぎる。
だから、これで良い。
ただ!ただ、バンドが誰もいないのはどうしたものか?
いくらすべて打ち込みで作った曲だとしても、
例えばYMOはコンサートでは生演奏だったし、なんかあってもいいんじゃないか。
とかなんとか。ありきたりな感想を書いてしまうほど、今日は鑑賞者に徹した。

二つ目のDVDは、TSUTAYAで借りてきた、WWEの、クリス・ベノワというレスラーのドキュメント。
この人は、数年前に亡くなった。というか、衝撃的な自殺をしてしまった。
生前は、派手さはないものの、ストイックで、誠実な人柄を感じさせる、すごい試合をしていた。
日本にもよく来ていたから、わしも何度か生で試合を見る機会に恵まれた。
今日見たDVDは、生前、バリバリだったころに発売されたものであり、本人やその家族、仲間のレスラーのインタビューを挟みながら彼のレスラー人生を振り返る内容だった。
仲間のレスラーとしてインタビューを受けていたエディ・ゲレロという選手も、ベノワより先に亡くなってしまっている。
エディ・ゲレロの場合は、ステロイドのせいだ。
はあ、なんでみんな自分の体を大事にしないんだろう?
DVDの中にも、サブゥーという有名な選手が首を負傷するシーンが映っていた。
ベノワも、マットに背中を強く打って首を負傷していた。
というか、ケガは嫌だ。
この間買った、平成時代の日本のプロレス史を振り返る週間プロレスの増刊を読んでいても、
ケガの記事を見るたびに気分が沈んだ。
グレート・サスケがデスマッチで背中に穴を開け、
ハヤブサがムーンサルトを失敗して頚椎損傷し、
プラム麻里子が試合中の事故で亡くなった。
だめだよ、怪我しちゃ。ましては亡くなってしまっては。
小さい頃、わしがテレビにかじりついてプロレスを見ていたら、
母が「光太郎、将来プロレスラーにだけはならないでね」と言っていた。
見るからに危なそうな職業だからね。
でもまあ、東京の通勤ラッシュの電車も、時々人身事故で止まる。
仕事が原因で体をすり減らしたり、命を落とすリスクは、どの職業でもあるのだろう。
プロレスは、その瞬間が見えるから、目立つだけだ。
生命を危険にさらすくらい、仕事に打ち込む人はよくいる。
覚悟はかっこいいかもしれないけど、みんな、体には気をつけよう。
[PR]
by syun__kan | 2009-05-03 16:07 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧