<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
はいはい、ちょっと待ってねー
今日ほど、みんなから話しかけられたこともない。
わしは今、心配されている、と同時に、感想を述べることを求められているのかも知れない。
でも、わしもまだ、よくわからない。
三沢が死んだ時も、一週間経ってからでないと、文に表せなかった。
だから今日という日なんかは、まだ全然無理だ。
でも、わしは今、心配されている、と同時に、早急に感想を述べることを求められているのかも知れない。
だから、とりあえず何か書いておいたほうがいい。
と思って、今日の日記を書こう。

家にテレビがなくて、携帯でニュースを見ることもしないわしは、
なんにも知らずに職場に出向き、
授業の準備をしていたのだが。
みんなが、わしを見つけると話しかける。
でもその内容が、あまりにもばかばかしくて、
全然、その内容を頭に取り込めない。
その内容に向き合えない。
向き合ってしまったら、今日一日、仕事できなくなる。
だから、聞こえないふりをする。
でも、生徒でさえ、話しかけてくるんだから!
無理もない、体育の創作ダンスで「スリラー」を取り入れたのはわしだし。
おととしの体育で「スリラー」のダンスを考えて、今では定番になっている。
でも、みんなよく話しかけるけど、話しかけられても、わからない。
わし自身、その話を、人づてにしか聞いてないから、まだ信じられない。

はいはい、ちょっと待ってねー。

それに、職場はあくまでも公の場だから、公人として振舞わなくてはならない。
わしとその話をできる人は、ここにはだれもいない。

お仕事が終わると、西新宿のブート屋さんへ行った。
その店のレジに、いつも立ってる、くるくるパーマのお姉さんとは、その話ができる。
ブート屋さんで、今までまだ買ってなかった映像を、2つ買う。
そのうちの一つは、96年にヨーロッパで「アース・ソング」をパフォーマンスしている映像だった。
ちょっとロボットダンスをするとお客がすごく盛り上がることに気づき、
地球の環境破壊や紛争を憂いてる歌なのに、たくさんロボットムーヴしちゃう映像。
おちゃめすぎる。
お客の反応の良さに気を良くして、口パクなのに、それを無視して肉声で「ハーッ」と叫んじゃう。
かわいすぎる。
そんなあなたが、好きだったよ。
最後に、アドリブで入れた「Tell Me Why About It」…
あなたを知って、少なからず、わしの人生変わったよ。
なんでまた、再び、あなたがいない世界で生きなきゃならないのか。
やれやれ。まだ全然わかりません。
f0177496_0105619.jpg

[PR]
by syun__kan | 2009-06-26 23:47 | 日記 | Comments(0)
6月14日のエルボー
その日わしは、プロレスを観にいくことにしていたんだ。
5月の終わりに、一人の時間があったので、
ふらりと後楽園ホールの新日本プロレスを観にいったら、
飯伏幸太や、プリンス・デヴィットなど、
わしと同年代の若い選手の試合がとても良くて、
「また観たい!」と思って、14日のチケットを取ったのだ。
Hさんまで誘って、後楽園ホールの一番高い席を買ったのだ。
そしたら、14日の朝に、三沢光晴が亡くなったというニュースを知った。

三沢さんは亡くなった。みんなが知ってる通りだ。報じられている通りだ。
しかしわしは、幼稚園児のころからプロレスファンだったので、
みんなが知らないことも知ってる。みんなが感じないことも感じる。

三沢は、受け身の天才だった。
受け身の天才とはどういうことかというと、
相手の危険な投げ技を受け、真っ逆さまにマットに落ち、それでも怪我をしない、という技術の、第一人者だった。
90年代の日本テレビ 全日本プロレス中継30では、毎週のように真っ逆さまにマットに落ちる三沢の姿があった。

スティーブ・ウィリアムスのバックドロップを食らい、
小橋健太のオレンジクラッシュを食らい、
川田利明のパワーボムを食らい、
田上明の断崖ノド輪落としを食らい、
秋山準のエクスプロイダーを食らう。

お客は、そして視聴者も、三沢の身を案じつつも、熱狂した。
もちろん、相手も三沢の技を受ける。

スティーブ・ウィリアムスは三沢のエルボーを受け、
小橋健太は三沢のジャーマンスープレックスを受け、
川田利明は三沢のタイガードライバー91を受け、
田上明は三沢のエメラルドフロウジョンを受け、
秋山準は三沢の雪崩式タイガードライバーを受けた。

どんなに技を受けても立ち上がり、反撃する。三沢をはじめ、彼らはスーパーヒーローだった。

一流のプロレスラーは、耐久性のある体と技術を持っているので、致命的な怪我は負わない。でもダメージはたまっていく。体はすり減っていく。
三沢の首は、普通の人には無い、たしか「こっきょく」という骨ができて、
下を向きにくい状態になっていたと聞く。
本人は、飄々としたところがあるので、「べつに大丈夫。階段を降りる時に少し不便なだけ」と言っていた。
心配されることを拒んでるみたいに。
そして09年に、広島でなんてことはないバックドロップを受けて、首が限界に達してしまった。

これは、悲しすぎる。どれをとっても悲しすぎる。
簡単に抱えきったり、描写したりできるものじゃない。
今日プロレスする選手達のことを思っても、あんまりだ。
今日観にいくのは、新日本プロレスで、三沢はプロレスリング・ノアの選手。
別の団体とはいえ、同業者が殉職した次の日に、自分達は相手を頭から落っことしたり、殴り合ったりしなければならない。
穏やかな気持ちで試合に臨める人は、いないだろう。
でもわしは、観にいく前からわかっていた。
選手達は、いつもと変わらず、目いっぱいプロレスをする。

実際、観にいったら、思ったとおりだった。
第一試合の前に黙祷があって、超満員のお客さんは、みんな泣いていたけど、
試合が始まると、負の要素は全部吹き飛んだ。
愛を込めて相手を頭から落っことし、祈りを込めて殴り合いをしていた。
とくに、わしと同年代の選手は、とても頑張っていた!
飯伏幸太はムーンサルト・ムーンサルトでリングを跳ね回り、
プリンス・デヴィットはトペコンヒーロで客席まで飛んできた。
全9試合、2時間半、彼らはお客の全部を忘れさせてくれていた。

90年代、ヒーローだった三沢は、09年に、試合中のアクシデントで亡くなってしまった。
今日、大活躍して、みんなの気持ちを吹っ飛ばした飯伏やデヴィットは、
どんな2010年代、2020年代を迎えるのだろう。
というか、わしも、どんな2010年代、2020年代を迎えるのだろう。
でも、プロレスラー達は、とにかく、すごく月並みな言い方だけど、今を生きていたのだ。
[PR]
by syun__kan | 2009-06-19 17:16 | 日記 | Comments(0)
携帯が壊れたポジティヴィスト
「一つの扉が閉じたとき、必ずもう一つの扉が開く。
でも人は、閉じた扉ばかり見つめて気にしていて、
もう一つの開いた扉に気がつかない」

と言ったのは、ヘレンケラーだっけ?わしはこの言葉が好きだ。
あと、ブッダの

「暑さと寒さと、飢えと渇きと、その他全てのものに打ち勝って、
ただサイのツノのように前へ進め」

という言葉も好きだ。
要するに、ポジティヴィストなのだ。
何事も、プラスに捉えようとする。

そんなわしが、先週火曜の夜に、自転車に乗りながら、携帯電話を落とした。
自転車の後輪が、携帯を踏んづけてしまい、ひびが入ってしまった。
そして、画面が、虹色のサイケな感じになってしまった。
どうした?直れーと、携帯をコンコン叩いているうちに、画面は真っ黒に。
ああ、携帯の画面が死んでしまった。
で…、よく考えると、これは大変なことだ、と気づいてきた。

まず、メールが読めない。
電話はできるだろうか?知っている番号を押してみたら、つながった。電話を受けることもできるっぽい。
でも、アドレス帳が見れないから、記憶している番号以外のところには、電話できないということだ。

あらら。これは要するに、昔の黒電話といっしょだ。
ダイヤル回して、電話をかけることはできる。
電話がかかってきたとき、その場に居れば、電話に出ることもできる。
しかしそれ以外は、何にもできない。
文鎮と、ペーパーウェイトと、カップラーメンのふたの重しにはできるかもしれないが、
そんなことは求めていない。

困ったことになった。マイナス100ポイント。
ああ、落ち込む。でも、ポジティヴィストとしては、なんとかして、この「携帯が壊れた」という事実を、プラスに捉えたい。
携帯が壊れたことで、何かプラスに作用したことがあったはずだ。
それらを換算して、このマイナス100のビハインドを回復しなければならない。

翌日水曜日、早めに仕事を切り上げて駒込のドコモショップへ。
対応してくれたのは、マチスのようなタッチでファンデーションをつけている女性。仮にマチ子さん。
わしは故障した携帯を五千円で新品に交換する保障に入っていたらしく、その手続きに入る。
新品の携帯が届いたら、古いのと一緒にドコモショップに持ってきて、データを移す操作をすることに。
しかしマチ子さんは、わしの携帯の機種が「ノキア」であることがわかると、慌てだす。
どうやら、ノキアは、データが移りにくい機種で、
アドレス帳なんかも、もしかしたら、新品の携帯に移らないかもしれないとのこと。
とりあえず、契約者がわしの父の名前なので、父からドコモの修理・交換センターに電話して確認を取ってもらう必要があるとのこと。

ああ、アドレス帳が移らなかったらどうしよう。さらに落ち込む。
でも、マチ子さんとは、この機会が無かったら、一生会話することはなかっただろう。
携帯の修理・交換の手続きは、「困った」「どうにかしたい」という感情を共有することになるので、
普通のレジよりもコミュニケーションとして面白みがある。
マチ子さんとの邂逅は、やはりプラスとして捉えてよいだろう。プラス21ポイント。
そしてこの機会に、実家にも電話できた。それもまあ、良いことかもしれない。プラス18ポイント。

翌日木曜日に、父からわしに電話があり、修理・交換センターには電話をして確認を取ったものの、
わしが再度修理・交換センターに電話して、修理・交換センターに自分の住所を伝えなければならない、とのこと。

そして、修理・交換センターには営業時間というものがあり、その日はもう電話できなかった。
さらに、翌日金曜も、家に帰るのが遅くなり、電話できず!ああ、ややこしい!

結局土曜に電話し、新品の携帯は日曜にゆうパックで届くことに。

しかーし、日曜は外出して帰宅が遅くなり、ゆうパックを受け取れず!

ああ、わしはとにかく手続きというものが苦手なのだ。ダメージが溜まってきた。
それに、メールを読めない日も、積み重なってきた。
普段、あんまりメールは使わないのだけど、万一、大事なことが送られてきていたらどうしよう、という不安感も募ってきた。

不在票によれば、新品の携帯が保管してあるのは、王子郵便局。
もう、再配達とか嫌だ。取りに行ってしまおう。
電話してみると、「23時以降なら受け取れる」とのこと。
明日仕事で5時半起きなんですけど…。

でもこれ以上手続きが長引くのは嫌なので、わしは地下鉄に乗って、夜22時半に王子郵便局に向かったのだった。
しかし王子郵便局、駅から若干離れてる!ついでにメインストリートからも離れてる!
道に迷った!たどり着いた場所は、暗くてよくわからんかったけど、
児童相談所や大学の寮なんかが隣接する界隈で、微妙に怖かったなりぞ。
新品のノキアは手に入れたが、わしは疲れきって、家に着いたらすぐにふて寝した。

まあ、わしはひとけのない夜の道を散歩するのは割と好きなので、この経験はプラスと捉えよう。
夜の王子の街なんて、こんな機会じゃなきゃ絶対訪れないもんな!プラス36ポイント!!

翌日、今週月曜日の帰りに、データを移すために、仕事場から最寄り駅のドコモショップへ。
対応してくれたのは、短いパーマのお姉さん。
しかし混んでて待ち時間30分…。やれやれ…。この待ち時間を、どうにかして有効利用できないだろうか?
そうだ、話題の、村上春樹の新刊を買いに行こう。読みたい。
そしてわしは、近くの小さな書店へ。
売り切れの店も出てる、というニュースも見ていたので、はたしてあるだろうか?
あった、村上春樹。購入した。なかなか買いに行くチャンスがなかったので良かった。プラス17ポイント。

ドコモショップに戻り、携帯のデータを移す。
やはりノキアはデータが移りにくいようで、時間がかかる。
短いパーマのお姉さんも、真剣な表情。
結果的に、アドレス帳は新品に移すことに成功した。良かったーー。
「ありがとうございました」とお礼を言って、店を出て、村上春樹を読みながら帰った。
じゃあ、この際、短いパーマのお姉さんと一期一会できたことも、プラスポイントにしてしまおう。プラス15ポイント。

そしてわしは、再び、現代人らしい、携帯電話のある生活を手に入れたのだった。
そして、話題の村上春樹の新刊も読んでる。
まさにイマドキの日本人だ。21世紀人だ。ハハハ。

今日、池袋の大型書店を歩いていると、村上春樹の新刊が売っているのを発見。
やっぱり売れてるんだなー。
しかしよく見ると、カバーデザインが二種類あるぞ?

なになに、上巻?下巻?

村上春樹の新刊は、上下巻に分かれていたのか!知らなかった。
そしてわしが自信満々に読み進めていたのは…下巻だったなりぞ…。
今週月曜に購入した小さな書店は、上巻は売り切れていて、下巻しか置いてなかったのか…。
それをわしは、てっきり一冊で読みきりだと勘違いして、購入し、読み進めてたのだ。
これは痛い!
なにしろ、もう118ページまで来てしまってる。青豆はもう、ゴムの木に、最後の水やりをしたのだ。マイナス49ポイント!

結果発表ー!
携帯が壊れてから、今夜までの、プラスマイナスを換算すると…

マイナス40ポイント…。

だめだ、携帯を壊してしまった事実は、どうしても、わしの人生にマイナスに作用している・・・。

じゃあ、こう考えよう。
携帯が壊れたことをネタにして、わしはこの日記を書くことができた。
この日記を読んだ人が、笑ってくれたら、それも良いことだから、プラスポイントにしよう。一人1ポイント加算。

めざせ41アクセス!!
[PR]
by syun__kan | 2009-06-05 23:36 | 日記 | Comments(6)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧