<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
アーティストなのけ?
アーティストとしての活動について、このブログにはほとんど書いていない。
なぜかと言うと、アーティストとしての活動なんて、ほとんどしていないからだ。
2008年3月から7月の、「21世紀人展」を最後にして、
その後は、ほとんど仕事オンリーの生活だ。
21世紀人展…思えば、あれは、究極の体験だった。
訳がわからない。
事の発端は、大学を卒業してしばらくして、「アルネ」という雑誌に、
わしの卒業制作「瞬間寺院」の写真が載ったことだった。
「アルネ」っていうのは、周りの友だちに聞くと、
非常に影響力のある、その系統の草分け的な雑誌らしく、
直接お会いしてお話した、編集者である大橋さんも、とても有名な方で、
わしはとても嬉しく思っていた。
しばらくしてわしは養護学校に就職し、しゃかりきで働く日々が始まった。
そんなある日、朝7時半頃、雨の中、わしは自転車こいで傘さして、通勤していた。
踏み切りで止まっているとき、大橋さんから電話が。
三宅一生さんという人がコンタクトを取りたがっているから、
三宅さんの秘書の人に電話しろという内容。
しかし、アート、デザイン業界にめちゃくちゃ疎いわしは、
「三宅一生」という人が、誰なのか知らず!!
よくわからないまま、その日の放課後、秘書の人に電話。
近々、東京ミッドタウンにある21_21デザインサイトで、
「チョコレート展」という展示のオープニングレセプションがあるから、そこに三宅もいるから、
来てくださいといわれる。
よくわからないけど、「行きます」と答える。
三宅一生さんとは、誰ぞ?
ということで、家に帰って、Hさんや、実家の父に
「三宅一生さんと、会うことになったんじゃけど」と話すと、
みんな、「三宅一生!!?」と、ぶったまげる。
三宅一生さんとは、その業界でハンパ無い大御所であることがわかってくる。
「チョコレート展」のオープニングレセプションは、平日だった。
なのでわしは、その日もクシャクシャになるまで働き、その後電車と地下鉄を乗り継いで、
六本木の21_21デザインサイトに向かった。
早く行かないと、7時半を過ぎ、オープニングレセプションは終わってしまう。
しかし、わしは仕事の疲れから、六本木駅を寝過ごす!!
そんなこんなで、相当焦りながら、21_21デザインサイトに初めてたどり着く。
オープニングレセプションは、終わりかけていて、
三宅一生さんは、21_21デザインサイトの事務所にいて、
奥から出てきた。口元にチョコレートが付いていた。
「アルネ」に載っていた、わしの「瞬間寺院」の写真を見て、
来年の企画展に誘おうと思った、とのこと。
「ここに、君の作品を置きたいのだけど」と言われ、
大きな大きな吹き抜けの空間を見せられたときの、わしの気持ちは、一つの究極だった。
一生の夢が叶うんだ、というような。
あの日、21_21デザインサイトを出て、
六本木駅まで歩いた東京ミッドタウンの風景を忘れない。
手作り感溢れるわしの職場の雰囲気と、完全に対比的な、
ものすごいお金が動いて作られたことをひしひし感じる、人工的なミッドタウン。
そのミッドタウンの中に作品を置くことができる。ミッドタウンの登場人物になれる。
なんだかすごく混乱した。
それから、いろいろあった。
「21世紀人展」にかかわるすべての出来事は、
わしにとって、身に余る光栄なことばかりだった。
群馬のわしの実家に、三宅一生さんが訪れる。
いくつもの雑誌に取材される。
実際に、吹き抜けの空間に、わしの7メートルの作品が設置されたときの恍惚感も、忘れられない。
恍惚すぎて、あまり思い出したくないくらいだ。
三宅一生さんという人は、本当にすごい。
何しろ、雑誌に載っていた一点の作品写真を見て、わしを展示に参加させることを決めたのだ。
わしがどんな人物かも、わからないのに。この直感力はすごい。
通常の学芸員さんは、こんな風に、直感だけで、展示の参加者を決めれないのではないだろうか。
時代を切り拓く人の、仕事の仕方を垣間見た気がした。
三宅一生デザイン事務所の人たちも、展示に関わる人も、みんないちいち超一流のプロだった。
わしにとっては、この「21世紀人展」が、頂点だった。
展示が終わると、その後は、基本的に、元の生活に戻った。
アーティストとしては、ほとんど何もしていない。
いや、そんなことはない。「21世紀人展」とは比べ物にならないくらい小規模だけど、
ほんの少しずつ、活動している。
2008年秋には曙橋で二人展をしたし、2009年は3月に広島、8月に群馬でワークショップをした。
2010年には、NHKの「ハート展」に出品する。
3月には、東京都現代美術館で大人相手のワークショップをする。
なんだかワークショップばっかりだけど、一応アーティスト活動は、ほそぼそと息が続いている。
ただ、一つ言えるのは、もう待ってるだけでは仕事は来ない。ということだ。
なので、来年は少し打って出ようと思う…。
「ポートフォリオ100冊全国バラ撒き計画」が、仄あたたかく胸にしまってある。
写真は、「瞬間寺院」。関口光太郎作。2006年。なつかしい。
f0177496_15345692.jpg
[PR]
by syun__kan | 2009-12-30 15:19 | 日記 | Comments(2)
ガンズ・アンド・ローゼスと私
18日に、生徒を送り帰して、無事2学期が終わった。
年末まで、まだ仕事はあるが、とりあえずの一安心だ。
ところで、この一週間は、風邪気味なのと、学期末の忙しさが重なり、
わしはかなり疲労してしまっていた。
頭が痛く、体がだるい。
なので、生徒を送り帰すと、わしは3時半に職場を早退した。
家で倒れる。
パソコンを見ると、
「ガンズ・アンド・ローゼスが、大阪の京セラドームでライブをやって、
夜遅くまでやりすぎて、みんな帰れなくなった」
というニュースがあった。
どうやら、19日には、東京ドームでライブするらしい。
よし、急だけど行こう。
せっかく2学期が終わったので、なにか自分へのご褒美が欲しい。
本当は、23日の後楽園ホールのプロレスの試合に行こうと思ってたのだけど、
給料日までチケット買うのを待ってたら、ソールドアウトになってしまったんだ。
なので、代替案として、ガンズ・アンド・ローゼスに行こう。
ところで、ガンズ・アンド・ローゼスとはなんぞや?
一曲も聴いたことない。
ただ、ひとつだけ知っていることがある。
「スラッシュがいた」
これは知ってる。
スラッシュは、大きな帽子を被って煙草をくわえたギタリストで、
マイケル・ジャクソンとよく共演していた。
なので知っている。
しかし、スラッシュは、もうとっくの昔に、ガンズ・アンド・ローゼスを脱退している、ということも知っている。
嫁に、「明日、ガンズ・アンド・ローゼスのライブに、一人で行ってくる」
と言ったら、
「スラッシュいないからね」と念を押された。
でもいいのだ。予備知識無しで観にいく出し物も、それはそれで面白いものだ。
ところで、19日になっても、わしの体調はすぐれず、
わしは夕方4時まで寝ていた。
何とか起きて、シャワー浴びて、着替える。
ガンズ・アンド・ローゼスは、ロックバンドなので、わしはすごく細いズボンを履く。
ロックは細いものだ。というイメージがある。
わしの家から、東京ドームは、電車でわりと近い。
後楽園駅を出ると、人々の群れに、ガンズ・アンド・ローゼスのライブに来た人の割合が濃くなる。
この雰囲気はいいものだ。
同じ趣向を持った人の群れに入っていくのは、不思議な心地よさがある。
…でもわしは、ガンズ・アンド・ローゼス知らない。
心地よいフリをする。
このモグリ感も、それはそれで気持ちいい。
当日券を買って、ドームの中に入って、
開始時間を40分過ぎたら、ミュージシャンが登場して、演奏を始めた。
インターネットの情報によれば、前座としてムックというバンドの演奏があるはずなので、
じゃあこの人たちが、ムックなのだろう。
それにしても、場内は総立ちで盛り上がっている。
前座から、この盛り上がりはすごいなあ、と思っていたら、
30分経っても、もっと経っても、ずっとこの人たちの演奏だった。
この人たちが、ガンズ・アンド・ローゼスだったようだ。
ヴォーカリストの、つんざく声!すごかった。
さすが、ドームでライブできるバンドは、モノが違う。
ただし、一曲も知らない。
観客との、歌の掛け合いの場面でも、歌詞わかんないから、
わしは、「にゃにゃにゃーにゃにゃにゃーにゃにゃーにゃー」と歌うしかなかった。
声援から、ヴォーカルはアクセル・ローズという名前だとわかった。
アクセル・ローズは、三時間半、歌い続けた。
いやー、おもしろかった。
[PR]
by syun__kan | 2009-12-20 00:22 | 日記 | Comments(3)
パスワード
今日は、アートについて、説明しますね。
アーティストになれるか、なれないか、という違いは、
アートが「好き」か「嫌い」か、とか、「得意」か「不得意」か、という問題じゃない。
「できる」か「できない」か、なんだ。
「好き」か「嫌い」か、とか、「得意」か「不得意」か、みたいに、両者が地続きではない。
「できる」と、「できない」の違いは、大きい、というか、決定的なんだ。
大きな溝がある。
練習して克服する、とか、そういう問題ではないんだ。
それは、パスワードを知っているか、どうか、くらいの違いがある。
わしは、アートができる。
アートをやるための、パスワードを知っている。
頭の構造の問題なんだ。
まず、周囲の世界の、インプットの仕方が違う。
これは、自閉症と少し似ている。
出来事があったら、もしくは何か物があったら、
それに対して多くの人が感じていることと、ちょっと違うことを感じている。
あるいは、だいぶ違うことを感じていても良い。
コンセントの差し込み口を見て、
「まあ、ブタの鼻みたい、かわいい」と感じるとか?
例えば、そういうことだ。
次に、これも大事なこと。
アウトプットの方法を持っている。
ただ、周りの情報を変な風に取り込んでるだけでは、人に伝わらない。
出し方を持っていること。適切な出し方を持っていること。
そう、ここからが、テクニックさー。
右脳だけでなく、左脳も働かせないと、人の心には届かないよ。
ある種の計算高さも必要さ。
ヘイベイビー。
アートをやるためのパスワードは、終身免許だ。更新期限は無い。
スポーツは、体を使っていないと将来的に衰えてしまうけど、
アートを執り行うための才覚は、衰えない。
不治の病だ。頭の構造の問題だから。
例えば、お金がなくなっても、周りに誰もいなくなっても、なんにもなくなっても、
アートを行う頭の構造だけは残る。
そうすると、なんにもなくても、アートを行うだけで、人生を満足できる。
わしはいま、教員をやっているけど、パスワードは知っている。
それは、時限爆弾のように、わしの中に眠っているんだ。
[PR]
by syun__kan | 2009-12-18 20:01 | 日記 | Comments(2)
空からゾウ80頭
大学時代、彫刻を作っていて、よく思ったことがある。

「コンセプト張り巡らして、
美術史を精一杯かんがみて、
形どうしの響き合いを計算に入れて、
どんなに気を配って完璧な作品を作っても、
後ろのほうで、空からゾウが80頭降ってきて、地面に激突して血と肉片になって全部飛び散ったら、
誰も作品なんて見てくれない」

ということで、わしは最近作品なんかは作っていないけど、
作品を作っていようと、いまいと、
空からゾウが80頭降ってきても、揺るがない、人生を歩みたい。

…具体的にそれはどうゆう人生なのだ?
ちょっと今、風邪気味なので、あんまり深くは考えられない。
とにかく、胸張って生きたい。
そういうことでよかっただろうか。
[PR]
by syun__kan | 2009-12-13 21:11 | 日記 | Comments(0)
疲れて、タモリ
今日は、頭が痛い。
一週間の疲れがある。
考えがまとまらない。
文章なんて書けない。
ポジティブでもない。
ネガティブでもない。
ポジティブなときは、ポジティブになっているのが気持ちいい。
ネガティブになっているときは、ネガティブになっているのが気持ちいいものだ。
今はどちらも気持ちよくない。
ただ、疲れた。
頭痛い。
タイヤード。
タイヤードは、タイヤの過去形ではない。
バガボンドは、バカボンの過去形ではない。
バガボンドは、放浪者の意味である。
井上たけひこのバガボンドは、読んだことない。
いつか読んでみたい。
バガボンドは、濁点の付く可能性のある文字すべてに濁点が付いている。
うちにはテレビがない。
いや、テレビはある。
壁につながっていない。
電波を受信していない。
数年間、ほとんどテレビを見ていない。
全然平気だ。
気にならない。
問題ない。
ただ、タモリさんがどれだけ老けていっているのか、
それを見届けることができないことだけが心残りだ。
顔のしわとか、髪の毛など。
だから気になって、youtubeで「ブラタモリ」を見てみたりする。
でも、youtubeはテレビほど画像が鮮明ではないので、
肝心のしわや頭髪の具合がよく掴めないのであった。
なので、私の中のタモリさんは、もやがかかっている。
もやがかかったまま、タモリさんはいつの間にか老けていく。
わしの把握してないところで老けていく。
タモリさんは、現在わしの管轄外にある。
まあ、どんなにテレビを見ていても、
あの人は元からサングラスをかけているから、
誰にとっても管轄外かもしれない。
誰にとってももやがかかっている。
タモリさんを一番正確に把握しているのは、タモリさんの奥さんだろうと思う。
でも、タモリさんの奥さんが、どんな人なのか、わしはさらに知らない。
タモリさん以上に、もやがかかっている。
影でしかない。黒いシルエットでしかない。
タモリさんは、立派な、それでいて派手でないおうちの中で、
黒いシルエットの奥さんと一緒に、
魚やうどんを食べている。
そう思う。
ただの想像だが、たぶんその通りなのである。
疲れて考えがまとまらない頭は、タモリさんに落ち着いた。
今日はタモリさんの世界に抱かれて眠ろう。
タモリさんのおうちにお邪魔する。
立派だが、派手でない。
必要のない照明はつけていない。
奥さんの姿は暗くてよくわからない。
タモリさんのおうちの、もやがかかっている部分が、疲れた頭に心地よい。
張り切りすぎるのは良くないが、ごまかそうとすると痛い目を見る。
なので、落ち着いて本音で振舞おう。
それができれば、タモリさんのおうちからは、追い出されない。
心地よいままでいられる。
奥の部屋では、タモリさんがサングラスを取っている。
すりガラス越しに、それが見える。
わしは知らず知らずのうちに、ソファで眠る。
[PR]
by syun__kan | 2009-12-04 21:50 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧