<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

何を見ている

バンクーバーオリンピックが行われているらしい。
もちろんうちにはテレビがないから、全然わからない。

選手は、人生を賭けて、一世一代の大勝負に挑んでいるのだろう。
テレビを見ている人たちは、その気分を共有しているのだろう。
選手はものすごいドキドキしているのだろう。
テレビで観戦している人は、ある程度ドキドキするのだろう。

わしは見てないから、ドキドキしない。
残念ではあるけど、安心でもある。

他人のドキドキを、何で共有しなければいけないんであ?
なんて言ってみよう。
いまさらだけど!

一世一代の大勝負なんて、みんなしているよね?
今日も一日、人生賭けて勝負したよね?
自分のドキドキだけで、じゅうぶんだよ。
今日、朝の電車に一緒に乗った、三白眼の白髪オールバックの会社員のおじさんも、
今日会社で、それなりに人生賭けたはずだ。
彼の、そのドキドキ感、わしは特には、共有したいと思わないぞよ。
わしは今日、学校で仕事した。
今日一日を、彫刻を作って過ごすこともできるし、
砂漠に木を植えて過ごすこともできる。
でもわしは、学校で仕事することを、チョイスした。
イエア。
死亡率100%の人生が、また一日、減ったんだ。
人生が懸かっている。
ああ、自分の言っていることが暑苦しい。

バンクーバー・オリンピックを見ないかわりに、わしは自分の右手中指の傷を見る。
先々週土曜に、怪我してしまった。
ある程度えぐれて、それなりに血が出た。
ばんそうこうを貼って対応した。
はじめの数日は痛かったが、
最近ようやく、肉が盛り上がってきて、
傷口がジューシーじゃなくなってきた。
傷の治りは遅いほうだが、
消毒して、待ってれば、ちゃんと治る。
わしの体も捨てたものではない。
[PR]
by syun__kan | 2010-02-24 22:27 | 日記 | Comments(2)

デラックス・エディション

結婚式準備。いよいよ佳境に入る。
結婚、または結婚式準備をするにあたって、わかったこと。
たくさんの人と、コミュニケーション取らなきゃいけない。
嫁、相手の親、自分の親、結婚式来てくれる人、式場の人、衣装屋の人、職場の人。

はっきり言おう。
超絶ストレス!!!!

いや、何も人間嫌いなわけではない。
むしろ、わしはさみしがり屋さんな方だ。
誰かとお話しすることは、嫌いではない。

ただし。頼みごとをすることだけは、わしは、ものすごく苦手なんだ。
借りを作ることが。
ものすごく。
わしは、大学の彫刻科で、新聞紙を丸めて作品を作っていたけど、
それは、専門的な技術や道具を習得するために、先輩や助教授に、
教えを乞うのが、ストレスだったからだ。
という面もある。
ほど、わしは、頼みごとをするのが苦手だ。

しかし。結婚式準備は、頼みごとの嵐。
頼みごと台風。
頼みごと祭り。

わしは、結婚することは、
世界の片隅で、喧騒を離れて、二人だけでひっそりと生きていくということを意味するのだと思っていた。
という面がある。
ところがこの強制コミュニケーション。
わしの内的世界は、結婚準備を押し進める以前より、限界を超えて遥かに外側に開かれている現状!!
関口、頼みごとしまくり!!
内祝いまくり!半返しまくり!
コングラチレーション!!
ああ、予想外。
割引されない予想外。
ハードなソフトバンク。
バンクからは引き落としまくり?
白い犬のお父さん。
わしの実家のお父さんは、最近白髪が増えた。

ところで、昨日食べたぬかニシン、
やけにおなかが大きいと思っていたら、おなかに卵が入っていた!
予想外!
美味しかった。
ニシン、デラックス・エディションと名付けた。
[PR]
by syun__kan | 2010-02-17 21:26 | 日記 | Comments(2)

取り柄になーれ

前回の日記は、このブログの100件目の記事だった。
それなりに、積み重なったものだ。
時間も経った。
今日は、仕事帰りの電車で、過去の自分の日記を携帯で読んでいた。
1年半くらい前の自分は、
「ビエンナーレとか、トリエンナーレとか、ナーレのつくものに出たい」
と書いていた。
それを読んで、おっと、と思った。
そんな希望は、全く忘れていたよ…。
横浜トリエンナーレ。そんなのあったね。
だいたい3年に一度開かれる、国内最大級のアートのイベント。
美大にいた頃は、けっこう大きなイベントとして、扱われていたなあ。
でもわしは、一度も観にいったことなかったけど。
一度も行ったことないのに、出たいと思っていたところが、なんというか、生意気だ。
しかし、「1年半前の自分の、将来的なビジョンを全く忘れていた」ということは、
それなりにハッとしたというか、感慨深かったので、
家に帰って、今、横浜トリエンナーレについて調べてみる。
前回は、2008年だった。前々回は、2005年。
次回は、2011年とのこと。

2011年か。今はもう、2010年の2月だ。
参加する作家には、もうそろそろ声がかかっていないといけない。
誰がキュレーターなんでゃ?
どうすれば、横浜トリエンナーレに出れるんでゃ?
あはは、このままでは、もちろんもちろん、国内最大級のナーレの付くものになんか、出られやしない。
1年半前のビジョンは、素通りになってしまうよ。
横浜トリエンナーレに、出ようとしてみよう。
しかし、横浜トリエンナーレは、応募とかじゃなく、招聘されるもの、らしい。
待つしかないのか?
こちらからは動けないのか?
誰が仕切っているのだろう?

横浜トリエンナーレ2011について、何か知っている方、いましたら、
些細なことでもいいので、教えてください。
[PR]
by syun__kan | 2010-02-12 22:57 | 日記 | Comments(0)

出る話

今日も一日、お疲れ様でした。
満員電車に乗った人、お疲れ様でした。
カレーを作った人、お疲れ様でした。
お茶をこぼして雑巾で拭いた人、お疲れ様でした。
チャイムを鳴らしたのに居留守を使われた勧誘の人、お疲れ様でした。
鎌倉の大仏様、お疲れ様でした。
小さな子どもがいるお母さん、お疲れ様でした。
今日が入試だった人、お疲れ様でした。
タモリさん、お疲れ様でした。
IMALUさん、お疲れ様でした。
ジャネット・ジャクソンさん、お疲れ様でした。
「かいじゅうたちのいるところ」を観にいって、がっかりした人、お疲れ様でした。
池袋でティッシュ配ってた人、お疲れ様でした。
髪の毛をムラサキに染めたおばあさん、お疲れ様でした。
胃潰瘍ができてる人、お疲れ様でした。
ホームレスさん、寒くて大変ですね、お疲れ様でした。
上野動物園のメスのサイ、お疲れ様でした。

もう夜です。
もう寝ましょう。
願わくば、ゆっくり寝ましょう。
寒い人は、できればもう少し暖かくなってください。
夜更けにふくらはぎがつる人は、お水を一口飲んでください。
いい夢を見てください。
いい夢が見れるように、私が一つ、お話をしてあげます。
「出る話」です。

あるところに、平らな地面がありました。
地面が割れ、ゴジラが出てきました。
ゴゴゴゴゴ。
ゴジラの背中のチャックが開き、中のおじさんが出てきました。
コンニチワー。
中のおじさんの口から、おじさんの魂が出てきました。
フワー。
これ以上は、もう何も出ません。

これでおしまいです。
おやすみなさい。
[PR]
by syun__kan | 2010-02-07 21:01 | 日記 | Comments(0)

雪雪雪雪

昨日は東京地方にも雪が降った。
今朝は積もっていた。
みんなは雪と、どう関わっただろうか?
わしは、職場で、生徒とさんざん雪合戦した。
帰宅して、今はぐったりと疲れている。
わしは今日雪と、最高の関わり方をしたんだ。
健全で、健康的で、有益で、無駄の無い、雪との関わり方。
雪合戦、かまくら、雪だるま。
刹那的で、発散的な、雪遊び。
高揚感。季節限定感。
これ以上の関わり方があるか?
今日のわしは、それを誇る。
今の仕事、今の生き方、100パーセントの自信を持っているわけではないよ。
わしも、いろいろ考えることはある。
今の状況について、いろいろ冷静に、思うところはある。
ただ、雪とどう関わったかについて、わしは胸を張れるんだ。
100パーセント、わしは雪と、最高の関わり方をしたんだ。
誰にも負けないと思う。
比較論で悪い。
比較論は、心に余裕の無い人が持ち出すものだ。
じゃあわしは、今余裕が無いのか?
無いのかもしれない。
でも誰にも負けないんだ。と、そう思う今日は。
わしは雪を投げ、それは生徒の背中で砕け散り、
わしは雪を投げられ、それはわしのおなかで砕け散った。
泣こうと思えば泣ける。
わしは今日生きた。 
生きた。
生きた。
生きた。
[PR]
by syun__kan | 2010-02-02 21:27 | 日記 | Comments(0)