<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
《メンテナンスによるサービス停止のお知らせ》
この夏にわしは27歳になった。
去年までは、誕生日を迎えると、
じんわりと「ああ、歳とっちまったー…」と思っていたが、
今年は「もう30歳でもいいや」と思った。
わしの人生の中の、一つの時期が終わった気がする。

ここ数年は、仕事で力を振り絞り、激しく喜怒哀楽した。
働き始めのころはしょっちゅう、「わしはこの仕事に向いてんのか??」と自問自答してたなあ。
仕事が、はっきり言ってかなり尊い部類の所業なだけに、
自分がそれに見合う人間なのか、疑問を持つことも多かった。

それを支えたのは、「わしは芸術ができる」という自信である。
2007年に「明るい夜に出発だ」という立体作品を作り、2008年に「21世紀人」展に出品して、
みんなに「すごいね」と言ってもらったことによる自信だ。

仕事でうまく立ち回れずに落ち込んでも、
自分の人格を否定しちゃうとか、そういうことにならなかったのは、
この自信のおかげ。

ちなみにこのブログも、その自信がベースにあったからこそ、書いていた。

ただわしは、2007年以降は、ほとんど本気で制作をしていなかった。
その辺に、自分で疑問を持ち始めた。
「わしは芸術ができる」というけど、ほんまかいな?今でもできんのかいな?
若くてばかだったからできただけなのでは?

ということで、27歳になるこの2010年に、わしはも一度制作してみた。
自分のアイデンティティを確認するための制作。
しかしそれは、どういうわけか、しんどかった。
飽きたのか。こんなことしてても成長が無いと感じたのか。手が止まった。
この夏にフィニッシュワークできなかった。

それはわしにとって、じんわりとショックなことであった。
わしが表現手段を持たない人物だとしたら、
ごくシンプルな「教員」だ。というだけだ。

でもまあ、何もしないで、実体のない自信を持っているよりは、
何かして、うまく行かずに暫定的に自信を失うほうが、
生きてる感じがして良い。
机上の空論よりも、何かやってみて内臓で得たフィーリングの方が信頼できると思う。
まだまだ人生長いから。

というわけで、わしは「わしは芸術ができる」という自信を、暫定的に手放す。
30歳に向けて、自分は何ができて何ができないのか、もう一度頭の中で組み立て直す。
そのための、メンテナンスに入るので、しばらくブログは更新しなくなります。

ではまた、そのうち。

追記
http://www.mmag.gsn.ed.jp/art-event/report/repo1008.htm
[PR]
by syun__kan | 2010-08-31 22:07 | 日記 | Comments(1)
やあ。

夏ですね。

夏を満喫してますか。

わしはどうだろう?

夏を満喫しているか、チェックしてみよう。

・スイカ…○
・冷やし中華…○
・そうめん…○
・麦茶…○
・スイカ割り…×
・流しそうめん…×
・花火(手持ち)…×
・花火大会…○
・プール…○
・海…×
・川…×
・山…○
・ひまわりを見る…○
・高校野球をテレビで見る…○
・帰省…○
・旅行…×
・渋滞…○
・合宿…○
・工作…○
・宿題…(未)
・Tシャツ焼け…○
・短パン焼け…○
・サンダル焼け…○
・扇風機に「ああああ」と言う…×
・水道をひねって「水出したのにお湯が出てきた」と言う…○
・「いつから残暑?」と聞く…○
・「トイレの中めっちゃ暑い」と言う…×
・墓参り…×
・お線香…○
・おはぎ…○
・黙とう…×
・ホタル…×
・夏バテ…○
・熱中症…×
・ムヒ…○
・かき氷…×

22ポイントでした。
[PR]
by syun__kan | 2010-08-17 00:28 | 日記 | Comments(3)
「日本人」
f0177496_206695.jpg

「日本人」/関口光太郎/2003年

日本を着ようと思った。

作業着をベースにして、新聞紙で肉付けし、絵の具で染めた障子紙を貼り付け、
各地の名物をかるーい紙粘土で作って付けた。

右足が九州。左の膝に四国。
股間は大阪。
右肩が東北。
北海道は入りきらなかったので、頭に被った…。

作品のコンセプトを聞かれると、
「日本の中にいると、自分の姿は見えない。それを表現した」
と、説明していた。

なんじゃそら?
[PR]
by syun__kan | 2010-08-04 20:26 | 作品写真 | Comments(0)
曙橋での展示
f0177496_15582359.jpg
f0177496_15583978.jpg
f0177496_15585813.jpg
f0177496_15591880.jpg

上から「家出少女」「骨」「靴」「マイケル・ジャクソン」/関口光太郎/2008年

働きながらの制作は、ほんとキツイ!
[PR]
by syun__kan | 2010-08-01 16:01 | 作品写真 | Comments(0)
「明るい夜に出発だ」
f0177496_15505948.jpg

f0177496_15512674.jpg

「明るい夜に出発だ」/関口光太郎/2007年

「21世紀人」展という展示のための制作。
制作期間の制限から、「瞬間寺院」以上の規模のものは作れないと判断したのだけど、
「高さだけでも越えよう…」と思って、7メートル越えを狙ってみたんだよ。
[PR]
by syun__kan | 2010-08-01 15:54 | 作品写真 | Comments(0)
「瞬間寺院」
f0177496_15405591.jpg
f0177496_15411222.jpg

「瞬間寺院」/関口光太郎/2006年

多摩美の卒業制作。
6.5メートルの寺院。
スピーディーに作って、展示が終わったら壊して捨てる。
全てのものは、瞬間だけなら美しい、ということだよ。
[PR]
by syun__kan | 2010-08-01 15:44 | 作品写真 | Comments(0)
「鳥の死体」
f0177496_15325924.jpg

「鳥の死体」/関口光太郎/2005年

大学3年の終わりに、自分の将来について考えたら、
ついつい暗い気分になってしまい、
5メートルの鳥の死体を作ってしまったよ。

男の子は大きいものが好き。
わしも小さいころから、恐竜だのゴジラだの、
でかいものに憧れていた。
作りながら、そのことを思い出したよ。
完成したら、達成感で少し明るくなったさ。
[PR]
by syun__kan | 2010-08-01 15:36 | 作品写真 | Comments(0)
「海が好きな男」
f0177496_15224278.jpg

「海が好きな男」/関口光太郎/2004年

三宅感氏、戸坂明日香氏と一緒に、
渋谷のギャラリー・ルデコで開催した「みはじ展」という展示に出した作品だよ。

暗室のギャラリーに、実物大の部屋を作り、
おっさん一人と、海関係のものをたくさん作って飾り、
明りを一つ灯した。
このおっさんは、海が大好きなんだ。
それだけ。
それ以上でも以下でもない。
「コンセプト無し!」にこだわっていたのかもしれない。

学校から、トラックに乗せて作品を渋谷に運ぶ時、山崎さんが
「サンコンと 海のおやじは どこへ行く」
という句を読んでくれた。
[PR]
by syun__kan | 2010-08-01 15:28 | 作品写真 | Comments(0)
「動物」
f0177496_15143039.jpg
f0177496_15145310.jpg
f0177496_1515644.jpg
f0177496_15152256.jpg
f0177496_15153724.jpg
f0177496_15155463.jpg

「動物」/関口光太郎/2004年

大学3年の夏休み、わしは友達とインド・ネパール旅行に出発!
しかしネパールで暴動発生!
ホテルから外出禁止に!
でもなんとかして外出したく、警備の薄い早朝を狙って寺院とかを観に行ってた。
しかしホテルに帰ってきたら、ホテル周辺の道をデモ隊が破壊して回ってる!
普通に車とか燃えてる!

そんな感じで旅行から帰ってきて、2学期が始まったのだけど、
わしは作品なんか作る気が全くなくなってしまったのさよ。
ネパールの暴動には、本物の怒りの感情があった。
日本では、本物の怒りの感情なんて、滅多にお目にかからないから、
ネパールの感情のリアリティに圧倒されてしまって、
日本の美術大学で、安全地帯でちまちまヘリクツこねてコンセプト考えて、
ニヤニヤ伏し目がちで説明しながら作品制作なんて、
ああ、カッコ悪くて絶対できないよ!!
と思ってたのさよ。
いたいけな、ナイーブなセキグチクンは。

でも、課題として、何か作って提出せねばならぬ。
何も作る気しない…何なら作れるだろう?
動物なら作れるかも?

ということで、わしは何も考えずに、動物図鑑を見て、
手当たり次第に動物を、53体作ったのだよ。
リハビリのつもりで、立体によるスケッチ。
校内で展示したのち、多摩動物公園でも展示した。
[PR]
by syun__kan | 2010-08-01 15:17 | 作品写真 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧