<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ギャラリーにて

友人の個展を観に行った。
友人は油絵の作家であり、わしは作品についていろいろ質問した。
そう、わしは作品について作者にいろいろ質問をするのが好きである。
「これはどこ?」とか、「これは誰?」とか。
そう聞いて、作者がいろいろ説明してくれる場合はありがたいし、「分からない」とか「秘密」とかの答えでもいい。
どういうセンスで返答してくれるかで、作者の持つ「語るべき物語」をうかがい知ることができるものだ。

なのでわしは友人に質問していたのだが、
するとうしろから、青島コートを着た白髪交じりのおじさんが、割って入ってきた。
「絵って、描いてあるものひとつひとつに意味があるものなの?」
という切り口で入ってきた。
わしと友人の話し合いに入ってくるには、確かにまっとうな切り口ではあったが、
おじさんの本意はそこではなかったようで、モチーフの意味についての話はすぐに終わった。
続いておじさんは、「優秀であること、そうでないこと」について、微笑しながら話し始めた。
ただそれは、かなり抽象的な内容で、話の意図をわしは理解できなかったし、
友人も理解できていなかったように思う。

そのあたりでわしはなんとなく悟った。
このおじさんは、ギャラリーにたまに来る、あるタイプのおじさんであると。

わしが学生時代に、三宅感氏、戸坂明日香氏と渋谷で3人展をしていたときにも、そういう人物は来た。
その男性は、坊主頭にヒゲで、
展示会場を一通り見てから受付に座っているわしらの前に来て、
展示の感想を言っているように見せかけ、いつのまにかウサギの指人形を取り出し、
よく意味のわからない人形劇をして、そのまま帰った。

男性が帰ったあとで、三宅氏とわしは、地団太を踏んで悔しがったものだ。
坊主指人形の男性が仕掛けたことは、要するに展示をやっているわしらを馬鹿にした小さなテロであったからだ。
人形劇が始まった時点で、わしと三宅氏は、

「ニャ~!!」

「ブニュ~~」

とか言って、指人形劇のさらに上を行くシュールなことを即座にやって見せるべきであった。

話を今に戻す。
わしが今、目の前にしているのは、
友人との会話に割って入ってきて、わしを置き去りにし、
友人に対して、理解させる気の無い、煙に巻くことだけを目的とした絵画論を語っている、
青島コートを着た中年男性である。

そしてわしはその男性を、学生時代にわしのグループ展に現れた坊主指人形の男性とオーバーラップさせている。

このまま彼に、語りたいように語らせて、帰らせてはいけない。
なにしろ、彼は、わしらのような、若いアーティストをなめているからだ。
少なくとも、芸術が、「煙に巻いたもん勝ち」の世界であってはならない。

わしの体を筋緊張が走り、わしは腕と足を、差し上げた。
そして下ろす。もう一度差し上げ、下ろす。
ひじをカクッと曲げて素早く下ろす。

わしは息を吐きながら、無言で踊り始めた。
マイケル・ジャクソンが、This Is Itでやっていた、「The Drill」というダンスである。


何事?という雰囲気が、狭いギャラリーに漂う。
でもわしは踊る。

おじさんが、居づらくなったのかどうかはわからない。
でも、その場の空気はわしが持って行ったはずだ。
おじさんは帰った。

わしは、友人に、作品についていろいろ尋ね、話の続きをしてから帰った。

こちらをリスペクトしない人物に対しては、わしはリスペクトしないし、
もし攻撃されたら、攻撃を返さなくちゃいけないときもある。
[PR]
by syun__kan | 2011-03-28 17:37 | 日記 | Comments(1)

マンガ喫茶にて

先々週、奥さんとマンガ喫茶に行った。
駅前の、初めていく店。
奥さんはマンガを読むため。わしはパソコンで仕事をするため。
奥さんは、お目当てのマンガは置いてなかったものの、
古代ローマの風呂職人が気絶して現代の日本の温泉とかにワープして大衆浴場経営のエッセンスをつかんで古代ローマに持ち帰るという内容のマンガを見つけて読んでいた。

わしはパソコンを開いて、ワードを使おうとするが、何かおかしい。
一見ワードに見えるソフトで、アイコンも「W」なのだが、開くと名前が違う。
キングライターという。
おそらくこのマンガ喫茶は、マイクロソフト・ワードをインストールすると高いので、
この「キングライター」とかいう廉価版のソフトを入れているのだろう。

使っているうちに、機能がワードと微妙に違うことが分かってくる。
それでも一応、わしのUSBのワードの文書を開き、編集することはできるので、
仕事を進めていると、文書が一瞬で消える憂き目に遭う。
一度消えると「アンドゥ」できない。
「アンドゥ」(一つ戻る)ができないなんて!
パソコン作業の醍醐味じゃないか、「アンドゥ」は!

「アンドゥ」!

失敗しても大丈夫、すぐに元に戻せるよ、何度でもやり直しOk!
そんなゲーム世代の思考回路の象徴のような「アンドゥ」が機能しないとは!

その後続けざまに3回、文書が消えて「アンドゥ」できない事態になり、
わしはやる気を完全に消去されて
ムスクレた。
仕事なんてララーラーララ。

しかし、3時間コースで入ってしまったので、
残り時間はあと2時間もある。

何しよう…ということで、しばし呆然とする。
パソコンをいじっていたら、韓流スターを紹介する映像を視聴できるコーナーに目がとまった。

来年度、うちの学校に入学してくる生徒に、最近の韓流スターが好きな子がいるのであった。
なので、わしも踊れるように、予習しておく必要がある。
何しろわしは自宅にテレビが無いので、最近の芸能のことが全く分からないのであった。

そしてわしは、KARAというアイドルグループが、デビューしてから現在に至るまでのステージやプロモーションビデオを、45分にまとめた「レジェンド・オブ・KARA」という映像を見たのであった。

続けざまに、「レジェンド・オブ・少女時代」も視聴。

それが終ったところで、マンガ喫茶の3時間コースも終了。わしらは家に帰った。
わしは鏡の前で、腰をぐるぐる回す振りつけを練習するのであった。
[PR]
by syun__kan | 2011-03-20 09:43 | 日記 | Comments(0)

地震

わしの職場は東京の学校であり、11日に地震が起きた時は生徒たちとグランドに避難した。
グランドで、校舎の窓が余震でビリビリ震えるのを生徒たちと見ていた。
9時頃まで仕事して、職場から自転車を借り、いつもは電車で帰る道を50分かけて帰宅した。
土日休んだ。
その間、ずっと地震についてのニュースを見てた。うちにはテレビとラジオが無いので、ネットを見たり、新聞を買ったりした。
明日は出勤である。
余震の可能性がまだあるけど、仕事の関係で子どもを家に置いとけない家もある。
そういう生徒は登校せざるをえない。
なので、学校が必要になる。教員も出勤する必要がある。
なのでわしは、出勤する。
曲がりなりにも、これがわしの、明日の、ささやかな使命である。
震災に対して、直接わしができることは、今はない。
世の中に歯車になって、社会をいつも通りになるべく近い形で回すことに微微微力ながら貢献することが、わしのできることである。
明日、ほんの少しでも使命のある仕事があって良かった。
[PR]
by syun__kan | 2011-03-13 22:03 | 日記 | Comments(4)

着て、着て、着まくって、そして着ろ。さらに履け。

12、1、2月を、風邪をひかずに乗り切った。
何年振りだろう?
とにかく、二十歳を過ぎてからのわしは、
冬になると月1~2回のハイペースで風邪を罹患しまくるのが恒例だった。
それが今年は、一度もひいていない。

勝因は、覚悟を決めた着ぶくれであろう。
常時6枚以上着ていた。

仕事の日は、ヒートテックの上に、ホッカイロを貼り、
ドラえもんの腹巻きして、タートルネックの薄いやつ着て、
ジャージ着て、パーカー着て、パーカー着て、
分厚いジャンパーを着る。
ネックウォーマーの上からさらにマフラーを巻く。

休みの日は、ヒートテックの上に、ホッカイロを貼り、
ドラえもんの腹巻きして、タートルネックの薄いやつ着て、
シャツ着て、薄手のセーター着て、厚手のセーター着て、分厚いジャンパーを着る。
ネックウォーマーの上からさらにマフラーを巻く。

最大厚着時は、着ている服の8枚中4枚にフードがついていて、
首筋のところからボロボロボロ!!と、フードが飛び出まくっていたこともある。

怪鳥のような外見だったかもしれないが、わしは覚悟を決めていたのだ。

寝るときは、奥さんにもらったオレンジ色の「着る毛布」みたいなやつが戦力になった。

ヒートテック、ドラえもんの腹巻き、タートルネックの薄いやつ、
モコモコのパーカー、ハードロックカフェの福袋に入ってたでかいパーカーを着て、
オレンジ色の「着る毛布」を着る。
首にはネックウォーマーを。足には登山用靴下を。腹にはホッカイロを。

ここまで着ると、わしはいつもマックス・エルンストの絵を思い出す。
f0177496_13353295.jpg


わしは人型を外れ、物体の一歩手前になるまでに、着た。
とにかく総力戦であった。
しかしわしは、勝ったのである。
冬と冷えと風邪に。
ここに勝利宣言する。
[PR]
by syun__kan | 2011-03-06 13:48 | 日記 | Comments(2)