<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タロイモ

友人の小池さんにこの間会ったとき、
「日本から出なければならないなら、どこへ行きたい?」
と聞いてみた。
小池さんは、
「中国かな」
と答えていた。
小池さんは、陶芸をやったりするので、陶芸の歴史の古い中国には興味があるらしい。
「それか、南の方にも行ってみたい。ていうか、タロイモ食べているところに行ってみたい」
とも言っていた。
こうして、「タロイモ」という言葉は、十数年ぶりにわしの耳に届けられたのだった。

「タロイモ」
地球における、南の方の地域で、主食として食べられている。
と、そんなイメージで、中学校くらいの地理の授業で習った。
教科書、もしくは資料集には、小さな写真も載っていた。記憶がある。
といっても、タロイモそのものの写真ではなく、
タロイモをすり潰したものを、肌の黒い、カラフルな服を着た人たちが囲み、手ですくって食べているような写真だったと思う。
というか、小さい写真だったから、本当に「すり潰したもの」だったのかもわからない。
蒸したものかもしれない。ゆでたのかもしれないし、焼いたのかもしれない。
わからない。
教科書からは伝わってこない。
どんな味かもわからない。
香辛料系?
塩コショウ?
または甘ーいとか?
謎だ。

でも、中学校時代のわし達にとっては、「タロイモ」は重要だった。
覚えとかなければならない。
覚えないと、テストで良い点取れない。
高校受験も受からないかもしれない。

もし、受験予備校で、「この地域の主食は何だ、関口」と聞かれ、答えられなかったら、
「タロイモに決まってるだろ!そんなこともまだ覚えていないのか、関口!」
と、怒られただろう。

でも考えてみれば、学校の地理の先生も、予備校の先生も、
本当の意味でタロイモを知っていたのか!?
と、いま糾弾したい。

あなたタロイモ食べたことあるのかい?
ゆでるのかい?蒸すのかい?
そんなこともわからないまま、生徒に「タロイモ」を覚えさす権利はあるのか!!
タロイモ持ってきてみせて!食べさせてください!
そうしたら教員として認めよう!
ぬーすんだバーイクではーしーりーだすー!
ぼくらの七日間タロイモ!

と、急に思春期的な穴開きアナーキーな気持ちが沸騰しかけてしまった。

でもとりあえず、わしは普通に高校受かったので、それ以来、「タロイモ」には遭遇しなくなった。
わしの人生における、ミドルティーンの数年間のみを駆け抜けた「タロイモ」。

このまま、遭遇せず、食べることもなく、人生は過ぎていくのだろう。
もし本当の意味でタロイモを知りたかったら、小池さんの抱いたイメージのように、飛行機に乗って食べに行くしかない。
本当の勉強はそこからだ。
[PR]
by syun__kan | 2011-05-23 10:47 | 日記 | Comments(0)

This Is Itai

友人の結婚式にて、余興でマイケルダンスをすることになった旨は、前回述べた。
ひそかに、多大なプレッシャーを感じていたことも、既報の通りである。
この間、本番を迎えた。

新郎新婦がお色直しのために退場した後、わしもひっそりと退場し、
トイレにて自分の見た目をもっと抜本的にお色直しする。

わしに与えられた、着替えのための時間は20分間なので、手際良さが求められる。
テンパらないように、手順表もメモ書きした。再録する。

①鼻をつける
②リキッド+パウダーファンデーション(耳、首、手も)
③まゆ毛、アゴ
④くちべに
⑤サングラス
⑥ウィグ
⑦くつした、ズボン
⑥上着(安全ピン)
⑦ベルト
⑧手袋
⑨テーピング

以上である。
③の「まゆ毛、アゴ」とは、眉墨で、まゆ毛を描いた後、アゴの割れ目を忘れずに描け、という意味である。

新郎新婦が再入場し、しばらくしてわしの出番が来た。
友人たちが作ったメッセージビデオが終わったあと、マイケルが登場する予告があり、
わしが扉を開けて入ってくる。

わしは踊った。
3分半のダンス、終盤は友人に頼んでおいたバックダンスと共に。

最後は、わしが描いた、This Is Itのポスターをパロディーしたお祝いの旗を掲げておしまい。

努力に見合うリアクションは得られたと思う。
わしは投げキスと共に、再び退場した。

ああ、終わった。
ここ1ヶ月半、頭をかすめ続けたプレッシャーとも、お別れである。めでたし!!
今度はトイレでなく、新郎新婦がさっきまでお色直ししていた豪華な個室を与えられ、
わしは元の姿に戻る。

しかし、もうひと山あった。
席に戻って料理の続きを食べようとしたら、腹が痛いのである。

その場にいられないくらい痛い。
激痛と言っていい。
わしは、みたび退場した。

どうやら、胃酸が物凄い出ている。
ロビーに座ったまま、動けない。

本番前にダウンするのではなく、ちゃんとやることやって、本番後に緊急事態に陥るあたりは、我ながらスマートである。
その点は、2009年のロンドンにおけるマイケル・ジャクソンよりも優れている。
わしは本番前は、自己暗示をかけていたのか、特にテンパらず、普通に振舞っていた。
料理も普通に食べていた。

しかし本番の3分半を経ている間に、溜まりに溜まった胃酸がジュワジュワッと出たに違いない。
とにかく、痛い。のである。
戻らなければ、と思いつつも、動けないのである。

それでも何とか立ち上がり、会場に戻ろうとしたら、
最後のあいさつを終えて退場してきた新郎新婦とすれ違ったのである。

式が終わり、外に出ても、変わらず超痛い。
奥さんと二人でレストランに入り、1時間ばかり休憩したら、少しは、動ける、くらいの痛みになった。
ようやく家路。

とにかく、これほどわしが腹を痛めたのだから、幸せになる義務が彼らにはある。
f0177496_2215124.jpg

自宅にて、逃げ腰の愛犬と。背後は、去年わしが結婚式をした時に友人の三宅感氏が贈ってくれた、素晴らしいアロエの絵。
[PR]
by syun__kan | 2011-05-14 22:20 | 日記 | Comments(3)

棚から鼻

知人の結婚式にもうすぐ出席するのだが、
マイケルダンスの余興を頼まれている。

そう、前後するが、わしはマイケル・ジャクソンのファンなので、
日常においても頻繁にマイケルダンスをする。
大学時代は、文化祭や卒業式でコスプレもしていた。

そんな性質を買われてか、関口ならこれくらいは軽くやるだろう的な感じで、
マイケルダンスを頼まれたわけだ。

「ちゃちゃっと、いつものセッキーの感じでいいから」と。

しかしわしは、実は誰かの結婚式に出席するのは初めてなのだ。
しかも知人が式を挙げる会場は、わしが結婚式したところより、遥かに広く、人数も相当多そう。
なのでわしは、当日のイメージを持てない。
よって、人知れずプレッシャーを感じている。

しかも、自前のマイケルコスプレセット(サングラス、化粧品類、カツラ等)は、
この前の引っ越しの際に捨ててしまったのだ。
「もうアラサ―だし、マイケルコスをすることは、もはやあるまい!」
との判断で。

甘かった。
まさか求められてマイケルを出す機会があろうとは。

なので、イチから、マイケルコスグッズを揃えている今現在の状況でもある。
衣装に使う小物はオカダヤで、サングラスは原宿で、化粧品はダイソーで、カツラは通販で…。

寝室の棚をあさったら、かろうじて、「鼻」は出てきた。
やはり自分で紙粘土等を駆使し、作った付け鼻なので、思い入れがあったのだろう。
コスプレグッズは処分しつつも、鼻だけは保管していたようだ。
装着すると、大学時代の匂いがする。

棚に鼻が入っていたのである。
[PR]
by syun__kan | 2011-05-01 22:26 | 日記 | Comments(2)