<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

良いズボン

制作が終わり、また些末なことを書き始める。

ここ数年、ズボンを買っていなかった。
最大の理由は、試着しなければならないことだ。

ズボンの試着は決定的に面倒である。
寒い時期は、上はいっぱい着こんでいるのに、下だけ、生足を出して、着替えねばならない。
それがすごく違和感あるんだ。
ましてや大都会の真ん中で。試着室の中とはいえ。
試着室の外から店員さんが「いかがですか」と聞いてきたときも、何と答えればよいか。
なんというか、ズボンを購入することは、
モショモショする感じがして、嫌いなのである。

しかし、人間である。
わしは。
ズボンを履かずには生きていけない。
最後のズボン購入から数年たち、歴戦のズボンたちはだいぶくたびれて来た。
穴が開き、捨てなければならないものも出て来た。
人はズボンを履かずに生きてはいけないのである。
穴が開き、捨てられるズボンを前にして、口をあけて風に吹かれたまま、というわけにはいかないのである。

なので最近、ユニクロなどに入って、良いズボンが無いか探したが、
そもそも「良いズボン」とはどんなズボンであるかが、もうわからなくなっていて、
挫折して出てきたりしていた。

…もう秋風が吹いているね。
ヒグラシが鳴いています。
乾燥した空気を吸い込むと、昔のことを思い出します。
ズボンはだいぶ減ったけれど、ぼくは生きています。

ポカーン…

は!!
このままではいけない。
あきらめるな。
もう試着なんかするな!
ウエストサイズだけ間違わなければいい!!

わしは一念発起して、再度池袋のユニクロに向かおうとして、
やっぱやめてとなりのg.u.という店にバーンと入り、
ウエストサイズだけ確認して、深緑の「スリムカーゴ」という商品名の、
中庸なズボンをガツンと購入した。

ここ数日、それを履いている。
新しいズボンは気持ちよい。
わしはまだ人間だ。
[PR]
by syun__kan | 2011-08-29 19:40 | 日記 | Comments(0)

できたよ♥

夏休みの工作が完成しました。
未発表作品じゃないと応募できない公募展に出すので、写真は載せれません。
書類選考通って、二次審査通って、晴れて会場で発表できたら、写真も載せれると思います。
端的に言ってしまえば、5メートルのネジです。

4年ぶりの、本格的な制作でした。
何とかできました。
荒波、いや反面居心地の良い小川でもある社会に、5年浸かって、28歳になったわしでも変なもの作れました。
感無量です。

公募展は、大賞は賞金200万です。
今回の制作は、多大な犠牲を払いました。
時間!体力!嫁の精神安定!
だからぜひ取ってこい200万。
200万取ったら、100万円分の森ガール服をワンダーロケットで嫁に買わせたい。

ただ今回の作品は、これまでの作品と比べてそれほど華はないので、
これで勝負できるか、やや不安でもあります。

賞取れなくても、会場で展示できたら、正直御の字だぜよ。

ああ、やりたいことやったので、全ての物欲が消滅しました。
2学期はつつましく生きます。

岡村靖幸の新しいアルバムだけ買わせてください。
[PR]
by syun__kan | 2011-08-23 23:59 | 日記 | Comments(0)

書けない

7月終わりから、断続的に立体作品の制作をしていた。
今週は久々に職場に出勤、ここ三日は合宿の引率をしていた。

家に帰ってきて、ふと、この日記に意識を向けるが、うーん、何も書けない。
思えばこの3年間以上、毎週のように何か記事を書いていたのだが…。
今週は、書けない。というか書く気が起きない。自分の中に何もない。

では、何故書けないのかを分析することにした。
ずいぶんしみったれた内容で申し訳ない。

ということで、まず思い当たるのが、自分がブログを始めたとき。
3年ちょっと前になるか。
あのときは、六本木で7メートルの作品を展示中だった。
展示中のテンションの中、ブログを始めたのだった。

それから3年間、わしは、特に何も立体作品を制作してなかったんだな。
いや、曙橋での展示やハート展なんかはあったけども、
魂を注ぎ込むような集中力での制作というのはなかった。

頭の中では、ずっと「自分は人生において、また魂を注ぎ込む制作をしなければならない」と思い続けてたのだけど、
環境がクルクル変わったり仕事が忙しかったりで、ずっとできずにいた。

しかし、幼稚園の連絡帳に、「光太郎君はわざと転んでむりやりみんなを笑わせようとしているところがちょっと気になりますが、良い子です」的なことが書かれていたほど、根っからの表現好きであったわしにとっては、仕事するだけで制作しないのは我慢できなかったんだな。
だから日記にヒキコモゴモを書いて少し発散していたのかもしれない。

ところが、この夏は久々に、魂を込められたかはまだ完成してないので分からないけど、
ある程度集中力、体力を注ぎ込み、時間をかけ、ちゃんと周りに迷惑をかけた制作ができたのだろう。
そしたら、文章にして言うべきことがなくなってしまった。

作品は今実家にある。8割方できている。
4つのパーツに分かれていて、積み上げると4~5メートルになる。
ただし、積み上げられるかどうかが、まだやってみてないのでわかんない。
というか、どうすれば積み上げられるか、思案中である。

これまで制作過程を写真で撮って載せて来たけど、
この作品を応募するコンクールは未発表作品でないといけないので、
そろそろ完成が近付いてきたから、もう写真を載せられない。
その部分も申し訳ない。
でもわしは、ものを作ることの楽しさと儚さを、ネジの形状を借りて表現しようとしている。
[PR]
by syun__kan | 2011-08-19 22:32 | 日記 | Comments(0)

再び前橋へ

昨日、東京を発ち、今日から前橋の実家で再び制作する。
写真をブログにアップするための機械を置いてきてしまったので、
しばらく制作日記はお休みします。

文字による日記を書こうとしたが、
父上が扇風機に「あ〜〜」と言ったり、
母上は猫と会話しているので、
わしは「孤独は純度の高い自分」に全然なれず、
文字による日記も断念します。
[PR]
by syun__kan | 2011-08-10 08:34 | 日記 | Comments(0)

楽しく制作

f0177496_2332199.jpg

ドライヤーで髪を乾かす。
[PR]
by syun__kan | 2011-08-08 23:34 | 日記 | Comments(0)

プチ制作

f0177496_0165541.jpg

ロマンチック&ノスタルジックアイテム・複葉機
[PR]
by syun__kan | 2011-08-08 00:22 | 日記 | Comments(0)

ちょっと制作

f0177496_027811.jpg

階段とネコ
[PR]
by syun__kan | 2011-08-07 00:28 | 日記 | Comments(0)

制作せず

f0177496_22552533.jpg
出勤だったので制作をお休みした。

これは前橋で作ったモンロー。
[PR]
by syun__kan | 2011-08-05 22:47 | 日記 | Comments(0)

前橋から戻る

f0177496_22171141.jpg

昨日、おとといのワークショップの様子。

f0177496_22161571.jpg

今日は、ワークショップで作った作品を、来年度美術館ができる予定地に搬入・飾り付けした。
わしの大学3年の時の作品「動物」と一緒に、密集させる。

そして9日間にわたる前橋への滞在から、住処のある東京埼玉の県境に帰って来た。
再会した犬が喜んで失禁していた。
[PR]
by syun__kan | 2011-08-04 22:26 | 日記 | Comments(0)

前橋でワークショップ2days

f0177496_20471652.jpg

くつ

昨日今日は、前橋の公共施設で二日間に渡ってワークショップだった。
「彫刻1000体ツクルンジャー」という企画。
小学生を中心に、2日間で合計して160人くらいの参加者と、
新聞紙とガムテープを使って立体作品作る。
そして1000体を目指すというもの。

結局300体程しかできなかったが、それでも会場は、カラーガムテープで巻かれたカラフルな作品であふれ、わりと壮観。
(写真は手元にない。ごめんね、そのうちに)

その模様は群馬ローカルの「上毛新聞」に載り、
群馬ローカルの「群馬テレビ」の取材を受け、
メディアを席巻(地元限定)!!

お疲れ皆様、アンドミー。
[PR]
by syun__kan | 2011-08-03 20:58 | 日記 | Comments(0)