<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
欝は治る
素晴らしいことに、奥さんは鬱から回復しつつある。
プランターの土から、丸い種の外壁を頭にかぶせた芽がうなだれながらも出てきて、
やがてきおつけし、種の外壁を脱ぎ落として双葉をつけるように。
支柱さえ立ててやれば、巻きついて自ら伸びる。
夕方になれば今日の午前中より伸びてる。
そんな5月のエダマメのように。
その前向きなエネルギーはわしを上回る。
3年位前から病院通いで、一日の四分の三は寝ていたのに、
最近は朝ちゃんと起きる。
節約レシピ冷凍テクみたいな本を図書館で借りてきて、読んで、
読むだけじゃなくて本当に実行している。
作るメニューは日に日にレパートリーが増え、
鶏の胸肉をヨーグルト味噌に漬けて柔らかくしたりとか、
複雑なことをやりだした。
なんだかぼけっと生きているだけじゃ考え付かない調理法を取り入れだした。
しかし実際に鶏胸肉は柔らかくなっているのである。
冷凍庫の中は、これまで存在を忘れ去られた冷凍餃子とこのまえの家飲みであまった氷しか入っていなかったのが、
最近はジップロックに入れられた下ごしらえされた食品が整然と並んでいる。
冷蔵庫の中は、練りショウガやおろしにんにくのチューブが、ばらばらと倒れているのではなく、
奥さんが100円ショップで買ってきた、そういったチューブを立たせるグッズによって、
やはり整然と、立っている。
そしてわしが朝、ぼけっと、ひげそりや電子レンジを使おうとすると、動かないのである。
奥さんが待機電力がどうのとか言って、使っていないコンセントを抜き出したからだ。
そして実際に、電気代の前年同月比は、30パーセント安くなっているのである。
奥さんは「しおひがりいきたい」と言い出し、
この間本当に行ってきた。
朝6時に起床するという必要性にちゃんと対応してくる。
今年の年始の高尾山登山の時は昼近くにならないと起きられなかったのに。
神奈川の海岸に着くと、夫婦でせっせとしおひがる。
家族連れに混じり、浅瀬の砂を掘り起こし、アサリを漁る。
二人で4キロのアサリを獲った。
砂抜きの方法も、奥さんはちゃんとネットで調べているのである。
大量のアサリを、洗ったり塩水に浸けたりして、就寝。
しかし翌朝、奥さんが呆然としているのである。
顔面蒼白で、おろおろし、「どうしよう…」と繰り返し、今にも泣き出しそうだ。
聞くと、二つの容器に分けて塩水に浸けておいたアサリのうち、一つは、アサリがたくさん殻を開け、にょろにょろと水を吹きまくっている。
しかしもう一つは、反応がなく、殻が閉じたまま、砂が出ていないというのである。
閉じたままの2キロのアサリを見て、「死んじゃったのかな」と、おろおろしているのである。
いやいや、どうせ生きていてもわしらが食べて殺してしまうのだし、4キロのアサリが2キロに減ったところで、二人暮しの我が家にそんなに影響ないのでは。
と思うが、奥さん的にはショックなのだろう。
とりあえず、無事に砂を吐いたアサリを塩水から出して冷凍し、
反応が無いアサリを、砂を吐いたアサリが入っていた水に移し変えて様子を見よう。
ということにして、焦燥しているままの奥さんを残し、わしは仕事に行った。
調子が良くなったとて、完治した証明があるわけではない。
人間の精神的コンディションなんて、移り変わる天気のように危ういものだ。
仕事から帰ってくると、反応が無かったアサリは、無事、皆殻を開け、にょろにょろと、にょろにょろしたもの(口?)を出し、ピュッピュと水を吐いていた。
この大量のアサリがいっせいににょろにょろしている光景は、こういっちゃ何だがけっこう気持ち悪い。
でも奥さんの顔は晴れやかに戻っているのである。
やあ、良かった。
その日から、我が家ではいろいろ調理法を変えながら、アサリ料理が並ぶ。
奥さんがクックパッドとかで、いかにいろいろな方法でアサリにアプローチするか、研究しているのである。
ボンゴレスパゲッティやアサリご飯はまだ作り方が想像できるが、
「アサリのしぐれ煮」なんて作り方が想像もできやしない。
冷凍庫には、ジップロックされた冷凍アサリが整然と並んでいる。
[PR]
by syun__kan | 2012-04-28 21:05 | 日記 | Comments(3)
豊潤な日
4月15日の日曜日、わしは4時45分に起きた。
5時20分くらいの電車に乗り、西武池袋線~埼京線~高崎線で、前橋に向かう。
リュックには、ガムテープ5巻とこの間作ったファスナーの形のオブジェ。
電車内で、眠らなくては。と思いつつも、寝られなかった。
前日に図書館で借りた恩田陸の「ドミノ」を読んでいた。
伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」とよく似た感じだった。
なぜ似ているのだろう?
おそらく元ネタになってる古典の小説だの映画だのが被っているのだろう。
8時過ぎに前橋に着き、父に車で迎えに来てもらい実家へ。
朝食は電車内で食べていたが、母に勧められてパンを食べる。
さらにそこから母方の祖母宅へ。
祖母らに勧められて煎餅を食べる。
倉庫に仕舞ってあった、感性ネジのパーツを引っ張り出す。
ついでに学生時代の作品「動物」も。
両親が合流し、祖母宅の庭で作品を修理したりしていると、通りすがりのおじさんおばさん方が「何だあれ全然意味が分からない」という顔で見て行く。
というか立ち止まってたくさん話しかけてきてくれる。
急遽ミドリのガムテープや様々な色に染まった和紙が必要になり、
母に買いに行ってもらう。
昼食にカレーとホタテの味噌汁と里芋の煮っ転がしとキュウリの浅漬けとイチゴをご馳走になる。
腹出る。
その後ラストスパートで作品の修正をする。
2時に運送屋さんが2トンロングのエルフで来る。
作品をやおら積み込む。
運送屋さん出発。
わしは実家に戻り、ヨーグルトアイスを食べる。
すぐ前橋駅に向かい、電車に乗る。
眠らなくては、と思ったが寝れず、恩田陸の「ドミノ」を読む。
十把一絡げに言えば、局地的なストーリーが同時進行し、たびたび絡み合い、結末に向かって収束する話だ。
「ドミノ」も「ラッシュライフ」も。
そういう話では、登場人物たちは本当に休みなくよく動く。
2時間ほど電車に揺られ、池袋に着く。
明日からの週に職場で使う商品を買うため、行ったり来たりする。
リブロで漢字検定の問題集を買い、パディントン原画展の招待券をなぜかもらい、
世界堂でカラーシールを買ったらメンバーズカードの有効期限が切れてて更新する。
奥さんと西武池袋線の改札で待ち合わせする。
これからのことに向け、カレーパンと缶コーヒー・エメラルドマウンテンをキヨスクで買い、食べる。
丸の内線で銀座へ。
ELTTOB TEP ISSEY MIYAKEに行くと、運送屋さんはもう着いてる。
時刻は19時45分。
店内には、明和電機さんのインスタレーションが燦然と飾られている。
20時ジャスト、明和電機さんのスタッフが到着し、搬出を始める。
土佐信道さんもいる!
土佐さんは、水色の作業服を着ていなかった。なんて、口が裂けても書けない。
わしも高校生の頃、魚コードのストラップを買って嬉々として付けていたものだ。
「魚機図鑑」も熟読した。
まさにアイドルである。
名刺をお渡しした。
明和電機さんのインスタレーションの搬出と同時に、わしの作品を搬入するなんて。
ひとえに感慨無量である。
に、浸っている場合ではない。
搬入は戦いだ!
ありゃ?
わしはリュックを開けたが、ガムテープが1巻しかなかった。
群馬で4巻を使い果たした模様。気づいてなかった…
仮に5巻使い果たしていたとしたら、わしの搬入は一巻の終わりだった。
危ない橋だ。
ところでわしはいつも空間にけんかを売って空間を攻撃するつもりで作品を作っているので、
ELTTOB TEP ISSEY MIYAKEという何も恨みもない空間に自分の作品を置くのは、
それなりに勇気が要った。
店内各地にも、わしの「動物」を配置する。
こんなゴミすれすれの物体がこんなスタイリッシュ空間にあっていいのか?と自問するが、
わしにはこれしかできない。
あれこれあれこれ微調整を経て、22時20分、搬入を終えた。
帰りがけ、担当の方が、三宅一生さんから預けられたお土産をくれた。
三宅一生×アーヴィング・ペンの豪華な写真集と、なぜか明和電機さんの製品「オタマトーン」色違いで三個。
嬉しい。
オタマトーンは一つ学校に持っていって生徒に遊んでもらうことにする。
丸の内線、西武池袋線を乗り継ぎ、自宅最寄り駅に23時15分着。
マクドナルドでビッグマックとコンビニでビールを買い、家に帰って夕食。
明日は6時に起きて仕事だ…気合を入れて真摯に眠らなくては。
と思いながら、0時15分に就寝。
わしの脳はようやくスイッチが切れてくれた。
何か豊潤な日だった。
http://www.isseymiyake.co.jp/ELTTOB_TEP/jp/ginza/
[PR]
by syun__kan | 2012-04-16 21:42 | 日記 | Comments(0)
最近いろいろなことがある
強風が吹いたり桜がボッて咲いたりバッて散ったり汗ばんだりめまぐるしい。
わし自身も最近いろいろなことがある。

まず挙げるなら、いくつかの紙媒体への記事掲載。
ビッグイシューという雑誌をご存知だろうか。
都会の駅で、ホームレスの方が手売りしているあれだ。
その4月1日発売号に、わしの記事が載っている。
http://www.bigissue.jp/latest/index.html
ビッグイシューは本社は大阪にあるらしく、
ライターさんはわざわざ東京神奈川まで出てきてくれて、
川崎の岡本太郎美術館で太郎賞展を観たり、わしの最寄り駅の喫茶店にインタビューしに来てくれたりした。
同年齢の女性で、非常に真摯な方で、真摯に話を聞いてくださり真摯に記事を書いてくださった。
真摯とはなんと良い言葉だろう。勉強させていただいた。

もう一つ雑誌、公募ガイド5月号。
「賞と顔」という、何かの公募で賞をとった人を紹介するコーナーに、わしの記事が載っている。
http://www.koubo.co.jp/award.html#sk3
こちらは自分で800字の原稿を書いた。
取り柄のない面白みのない文章だが、わしは文章ファイターではないので、
小説の受賞者みたいな素晴らしい文を書けなくたっていいんだい。

さらにもう一つ、4月2日の日経新聞夕刊。
最終面、裏表紙にあたるところに、カラーでわしの顔と作品の写真つきで記事が載っている。
編集者の方がインタビューして文を作ってくれた。
知性的なおじさまで、わしのことを面白がって話を聞いてくれた。
面白がってくれたら、これほど気持ちよくありがたいことはないので、しゃあしゃあとしゃべってしまったが、
それを許してくださり、小気味良い記事にしてくださった。

ところが日経、あとで調べたら夕刊は161万部発行されているとのことで、
161万というのはようするに日本人の70人に一人は読んでるという計算。
その大衆性たるや凄まじく、
わしの職場の人にその記事を目撃されてしまう。

わしはアート活動については、基本的に職場には秘密にしている。
同僚の方々は、関口は美術が趣味であることはうすうす知っているだろうが、
見上げる大きさの作品を新聞紙とガムテープで作ったり、三宅一生さんに会いに行ったり、太郎賞とったりしたことなんて、全然知らない。
もちろんこの日記の存在だって。
やばい、まずい。
作品はまだ良いとして、この日記の存在はバレるのはまずい。
仕事関係の人に見られることを想定して書いていない。
わしの仕事は、わし自身の人間的信頼に基づくデリケートなものだ。
テクスチャー太郎とか書いてる場合ではない。

昔からわしは有名になりたいという願望を持ってやってきた。
より多くの人に、わしの記憶を残したいと。
アート以外の、普段のわしの堅気の仕事も、言うなれば「なるべく多くの人に関わり、良い影響を与えて生きたい」という思いから選んだものだった。
アート活動と、動機は被っているのである。
ところが、アート方面で念願少しずつ叶って、名前と顔が多くの人に触れるようになってきたら、
こういう両立の難しさが生じるとは。

さあどうしたことか。
わからないまま、日々は続く。
この間、太郎賞展の搬出は友人たちのありがたいサポートを得て、センチメンタルに終えた。
次は、4月16日から5月9日、銀座『ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE』にて、過去作品を引っ張り出してショーウィンドウの展示を行う。
職場も、新年度で大忙しである。
二重生活が一体化する日が来ちゃうのだろうか。
[PR]
by syun__kan | 2012-04-12 20:10 | 日記 | Comments(4)
テクスチャー太郎
奥さんが、目を輝かせて、わしを見つめている。
でも恋をしているのではない。
わしの本質を愛しているのではない。
わしのテクスチャー、表面処理を愛しているのである。
具体的には、吹き出物、肌荒れ、無駄毛など。
そういうものに、非常に興味をそそられるらしい。
ほんの少しでも、例えば吹き出物があれば、
そいつができたばかりだろうと壮年期だろうと、
ひっかこうとする。
毛穴から、産毛が、出てこれなくて、
皮膚の下で縮こまってる場合は、
かならずひっかいて、毛に日の目を見せてあげる。
やはり、えんもたけなわになった吹き出物は、さらに強烈な潰したい願望があらわれるようだ。
わしはそれを必死に拒む。
肌荒れは不快なものであるからして、その存在を強烈に意識させられるのは、屈辱的だからだ。
それでも奥さんが、潰そうとわしの顔面に伸ばす手を止めようとしないと、
わしは怒って、タイガーマスクのテーマ曲「お前はトラになれ!」の替え歌を歌う。

「闘いの時だ~。ガオー!ガオー!
お前は~~皮膚科になれ~~!」

だが時として、そんな困ったこだわりも、プラスの方向に利用できることがある。
奥さんは鬱なので、時々どうしようもなく落ち込んでいる。
この間も思考の負のスパイラルが止まらなくなっていた。
わしはどうしたものかを考え、とっさに
「わしのすね毛を剃れ!そうすれば気が晴れる!」
と、T字剃刀を提示した。
奥さんは
「なにそれ…」
とあきれたものの、
しっかりとわしのすね毛に、乱暴な、すべすべのハイウェイを刻みつけた。
すべすべの自分のすねを見たのは、12歳の頃以来か…
何だか感慨深かった。

しばらくやって、奥さんは、
「なんだか少し気が晴れた」
と言って止めた。

人生こんなもんである。
[PR]
by syun__kan | 2012-04-04 22:41 | 日記 | Comments(0)
「闘う人物」
f0177496_0474817.jpg

「闘う人物」 関口光太郎/2003年

この間、2012年3月25日に、トークショーに参加してきた。
「岡本太郎の意思を引き継ぐのは誰か」という、
のっぴきならないタイトルもついている。

初めて通信簿を書いたときは、
このわしが、通信簿を書くとはな!!!
という、複葉機で半回転して見る景色のような驚きがあったが、
今回もそれと同じだ。

このわしが、トークショーをするとはな!!!

リアルに、わしは1年前の年度の変わり目に、
「一言変えるだけで!もっと人に好かれる話し方」
という本を買った。
帯には、
「話し方で人生が変わると本当に思いますか?なぜ相手に理解してもらえないのか、受け入れてもらえないのか、人間関係がうまくいかないのか・・・自信を持って人とつきあえる幸せのパスワードがこの本に詰まっています!」
と書いてある。
年度が変って新しい人間関係が始まることを見据え、コミュニケーション能力不足を自覚し、
本屋に話し方系の本を探しに行って、それしか置いてなかった本だ。
読んだら、若干スピリチュアルだった。
もちろん、読んだからと言って劇的にわしは変化していない。
ずっと生きてきて、その本を読んで、その後もだいたいそのままである。
過去、現在、未来。わしは口下手である。そして永遠に。
未来に向かって口下手である。
そんな人物が、トークして、しかもそれをショーとする。
あははと言わざるを得ない。

しかしわしは、真剣な話なら、わりとできたりする。
こんなわしにも何人かは友人がいて、好きな理由はそれぞれだけど、
三宅感氏や戸坂明日香氏を好きな理由は、いつも真剣に、真剣な内容を話してくれるからだ。
トークショーも、ブラリとしたものではなく、真剣なものだろうと予測した。
なので、できるかも知れない。

わしは岡本太郎の本を買って、付け焼刃ではあるが予習した。
太郎賞の搬入を終えて以来、インプットもアウトプットも枯れ果てて何も本を読んでいなかったのだけど、
久々の読書となった。
その中で、岡本太郎の作品と、わしの作品に、いくつかの共通点を発見した。

上記の作品は、わしが大学2年のとき、大学内のギャラリーに展示したものだ。
武藤敬司と蝶野正洋が、足四の字固めで絡み合っている。
いろいろな素材を使った…新聞紙、ガムテープ、しゅろ縄、ピンポンだま、哺乳瓶の乳首…
アカデミックな素材に対する最初の挑戦だった。
後ろの同級生の作品に対しての場違い感を感じて欲しい。
蝶野正洋のおなかには、長ネギも付いている。
いろいろ使うなら、徹底的にやらなきゃだめで、じゃあネギも付けなきゃだめなんだあああ!
と青年19歳はどうやら思っていた。
ちなみに展示を終えたらネギは5センチ伸びていた。
f0177496_1253184.jpg

この作品は、岡本太郎の「重工業」。
戦後、日本の美術界というか日本に戦いを挑んだ太郎さん。
資本主義工業機械的なんちゃらへのアンチテーゼと、短絡的に解釈されそうな絵なのだけど、
長ネギを描き込むことでそれを無意味化している。

何かを無意味化する、何かに挑戦するときのチョイスが、わしも太郎さんも、長ネギだったのである。
[PR]
by syun__kan | 2012-04-01 01:34 | 作品写真 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧