<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
カレーの市民
カレールーの箱に、「いったん火を止め、ルーを割り入れて溶かし」って書いてあるよね。
何で火を止めるの?
それまでずっと煮込んでいて、ルーを溶かしたあとも再び弱火で10分くらい煮るのに、
何でルーを入れて溶かすときだけ火を止めなきゃいけないの?
わしはいつも、火をつけたまま入れちゃうんだけど。
それでも毎回問題なくカレーできあがるんだけど。
ちゃんとおいしいけど。
「地中海カレー」とか安くておいしいよ。

あの、「いったん火を止め」っていうのはさ、どうせさ、
カレールーの会社の昔の会長とかが、入れちゃった文面でさ、
会長の顔を立てるためにずっと残ってるんじゃないのかな。
どうせそういう理由だと思うんだ。

毎年会議で、「このいったん火を止めっていう文面をどうするか」っていう議題は出るんだけど、
「いや、それを消してしまうと、先代の会長の松沢さんに失礼になる」
「松沢さんの遺志をわが社から消すつもりか!」
「いったん火を止めても、松沢さんの火は消せない」
「いったん火を止めるのは、わが社の精神だ!」
とか、会長派の古い幹部からの意見が出て、ナシにされちゃうんだよ、きっと。
どこの会社でも、そういうのってあるんだろうね。

という話をしていたら、隣で同僚の若者が、長方形の角を取ったつるりとした形の携帯電話的なもので、情報が世界を駆け巡るようなサービスを利用し、ササッと調べていた。

「理由、わかりましたよ。
高温で煮えている鍋にルウを加えると、
ルウに含まれる小麦粉が膜を作って、溶けにくくなるんですって。
火を止めると鍋の中の温度はすぐに90℃くらいまで下がり、
ダマになりづらくなるそうです」

わしはあまりの出来事にあっけに取られた。そして、

「あ、ありがとう。
わしはいつか人生を終えるときまでに、世の中の仕組みを一つ多く理解することができたよ。
ただ、同時にわしの中のファンタジーが一つ死んだよ」

と答えた。
[PR]
by syun__kan | 2012-06-30 10:29 | 日記 | Comments(1)
テーマ曲について
奥さん「生まれ変わるなら、カタツムリとナメクジ、どっちがいい?」

わし「それは完全にカタツムリ」

奥さん「なんで?カタツムリは鳥に食べられるよ」

わし「それを言ったらナメクジは存在を消される可能性がある。塩で。

それより、カタツムリは、テーマ曲があるんだよ。
でーんでーんむーしむーしかーたつむりー
おーまえのめーだまはどーこにーあーるーって。
世の中において、テーマ曲があるってことは、それだけ愛されている、一流の証拠なんだ。

わしは子ども相手の仕事をしているわけだけど、
テーマ曲のある動物とない動物がいるってことに気づくんだ。
例えば、子どもがクマの柄のバッグを持っていたときに、
あるーひ、もりのーなーか、くまさーんに、であーったって、
歌ってあげると喜ぶわけさ。
ゾウも、ぞーうさんぞーうさんおーはながながいのねって、歌えるわけ。
馬も、おうまのおやこは…って歌える。
ネコも、「ネコふんじゃった」があるし、
犬も、子猫ちゃんとの共演ではあるけど「犬のおまわりさん」があるね。

しかし、キリンには歌がないのだよ!
キリンは、そこまでの存在なんだよ!
子どもがキリンのイラストのTシャツ着てても、歌ってあげられないのさ!

このテーマ曲問題は、あらゆる事象に通じていて、
例えば天候についてもそう。
風が吹いているときには、かーぜーよーふけふけー、かーぜーよーふけふけー、
ぼーくーもーはだしでー、とびだそーおーって歌ってあげられるし、
雨の時も、きのう みどりの かえるがね
おおきな はっぱの うしろでね
おてんきつづきで かなわんと そらにおいのり したんだよ
だから きょうは あめふり、だから きょうは あめふりって、歌えるわけだよ。

でも今日みたいな台風のときは、歌えないわけさ!
台風の歌ってないのですよ。
虹の歌もあるし、雪の歌もあるし、北風小僧の寒太郎もある。
でも台風の歌はない。竜巻もない。
それはどうしてかっていうと、しゃれにならないんだろうね」

奥さん「話それたね」
[PR]
by syun__kan | 2012-06-20 22:49 | 日記 | Comments(2)
つん愛死
5月はじめに体調を崩した我が家のハリネズミ、「つん」は、
駒込の動物病院で「これはまずいですね…」という診断ですぐに入院となり、
9万円弱の費用をかけた5日間の入院を経て、一命を取り留めて回復し、退院し、
しばらく我が家で過ごした後、再度体調を崩して入院し、
今度は9万円強の費用をかけて病院で過ごした後、再び我が家に戻った。

2度目の退院は、回復したわけではない。
病院ではずっと酸素室で過ごしていたが、病状は平行線で、
えさをそれほど積極的に与えられていなかったのか、体重が減り続けているのが問題で、
奥さんは「病院はぬるい!うちが本物の介護を見せてやる!」と病院を見限って自分で面倒を見ることにしたのである。

奥さんは鶏肉を茹でてすり鉢ですり潰し、
茹で汁と、ダックスープというペット用の栄養価の高いスープをブレンドしたスペシャルえさを作り、
冷凍庫に保管し、
自分で食事のできないつんさんのため、2時間おきに注射器で給餌した。
血糖値の低下を心配し、蜂蜜を一滴混ぜた水を与えた。
加えて週に5千円分の服薬。
わしも仕事疲れでダウンダウンの時を除き、なるべく手伝って注射器を持った。
病院で減る一方であった体重は、これで下げ止まったのである。

さらに酸素室をレンタルしている会社を見つけて電話し、2万8千円の初期費用と、一日千円の使用料をかけ、
我が家に酸素室を導入した。
酸素室がレンタルできるとはな!
玄関で未知の箱が「デューーーン」と音を立て、
そこから出ているチューブから、酸素が送り出され、
専用のプラスチックケースに酸素が送り込まれる。
ケースの中は酸素濃度が高く、肺を患っているつんさんも、顔色が悪くならないのである。

奥さんの畳み掛けるような介護は、振り切った迫力があり、美しかった。
奥さんはこれまで何匹かの小動物を看取っている。
技術的な経験値も、心情的な経験値もある。
でもやはり辛いものは辛かったろう、と思うが、
400グラムの体に際限なく注ぎ込まれる愛は美しく、芸術の域に達していた。
素晴らしかったよ、つんさん、奥さん。
何かの勲章でも贈りたいくらいだ。

体重は下げ止まり、数日前は自力で水を飲んだりした。
でも体はがたがたとがたが来て、色々なところが弱り、
おととい息を引き取った。

今日は高尾のペット葬祭場で8千4百円で火葬し、骨壷を受け取ってきた。
もうかけるお金は無いのである。
さよならつん。
[PR]
by syun__kan | 2012-06-16 21:56 | 日記 | Comments(0)
スッキリ解消!腰痛のつらい悩みに
28歳 教員/現代芸術家

私はこの一年近く、慢性的な腰痛に悩まされてきました。
職業柄、体育座りをするのですが、そのたびに
「でゅあーし!ったたたた!あーつつつ」
と悲鳴をあげなければなりません。
特に辛いのが、靴下を履くとき。
「あしゃしゃしゃしゃ!」
と、悲鳴をあげていました。
キャリアの後半を腰痛で悩まされたプロレスラー、藤波辰己の気持ちが良く分かりました。
藤波さんは、試合中たまに
「あしゃしゃしゃしゃ!」
と言っていました。
人は腰が痛いと、
「あしゃしゃしゃしゃ!」
と言ってしまうものなのです。

医者にも一回行きました。
お医者さん?整体師さん?は、私の体の硬さにびっくりしていました。
そして、ストレッチを進められました。
そう、私は体がものすごく硬いのです。
脚は90度までしか開かず、きをつけして体を前に曲げても指先は地面まで30センチ届きません。
でも私は、ストレッチをさぼりました。
なぜなら、達成感が無いからです。
妻はストレッチを日常的にしているし、体が柔らかい。
私がストレッチしようとすると、妻も横でやり始めます。
妻と比較して、私は大して曲がっていないので、客観的には私はストレッチしているように見えません。
事情を知らない宇宙人からは、
「彼は大して曲がっていないのになぜ辛そうな表情なんだ?」
と思われるでしょう。
なので私は、
「もういい。つかれてるし」
となります。

腰痛も長らく患っていると、慣れが生じます。
学生時代、豆腐屋のバイトを始めて一日目、あまりの重労働に面食らっていると、バイト先の先輩に、
「まあ、何事も慣れだから」
と言われました。
それと一緒です。
人生は腰が痛いものだと思えてきます。

しかし、そんな私に転機が訪れました。
それは、仕事が立て込み、疲れが溜まり、逆に深く眠れないような週の、ある夜でした。
明け方近く、浅い夢を見ていると、

ドーーン!!!

来た!と悟りました。
そう、こむら返りです。
左のふくらはぎがつったのです。
漢字で書くと、「攣った」のです。
この「攣」という漢字、いかにもつった感じが出てますね。
複雑すぎて書けない、どうしようにも覚えられない手に負えない感が、つったっぽいです。
私は、
「でゅあーー!!!攣った!!!・・・でゅううぉーーああーー!!!」
と苦しみました。

そしたら次の瞬間、

ドーーン!!!

恐怖です。戦慄です。
右のすねまで、漢字で書くと「脛」まで、攣ったのです。
私は、
「どわーー!!!脛攣った脛攣った脛攣ったっすーーね攣脛攣脛攣脛!!!ひーひー」
と錯乱しました。
半分眠り、半分覚醒した意識の中で、お産の痛みはこれと比較してどうなんだろと思ったりしました。

私は懲りたのです。
非常に痛かったのです。
翌日、こむら返りの予防法を調べました。
そしたら「ストレッチ」と書いてあったのです。
私は素直に毎日ストレッチしました。
そしたら腰痛も治りました。
[PR]
by syun__kan | 2012-06-11 21:34 | 日記 | Comments(0)
「パラダイスドラゴン」
f0177496_2126286.jpg
f0177496_21272026.jpg
f0177496_21275444.jpg

これは純粋なわしの作品ではない。
わしが講師の一人を務めた、ワークショップでの共同制作である。

2007年3月のことじゃった。
わしの友人の戸坂明日香氏の芸大での彫塑のモデルさんのだんなさんが、千葉県流山市生涯学習センターの副館長さんで、
その縁で、戸坂氏と共同でワークショップを行った。
といってもわしは教員になる直前、大学を卒業後、教職の科目履修生をしていた頃であり、社会経験なし。
ワークショップの経験もなし。
美術家としても、21_21デザインサイトで展示させてもらう以前であり、胎児同然。
というか人間として経験不足だった。

今でこそ、年に数回ワークショップをさせてもらい、それなりに運転の仕方が分かってきたが、
当時は恐るべき丸裸であった。

企画名を、「謎の巨大生物を作ろう」と、なんとかひねり出す。
参加者に巨大生物のデザインをしてもらい、運営者がそれぞれのデザインのいいところを合体させて一匹の生物にし、子どもと中心とする参加者と共に3日間かけて制作し、
最後の一日で、壊して撤収するというもの。

材料の買出しに行くも、どのくらいの分量が必要になるか見当を付けられないから一回で買い切らず、期間中5回くらいホームセンターに車を出してもらった気がする。
室内でラッカースプレーを使わせ、施設内に強烈なシンナー臭を充満させたりもした。
予算もだいぶオーバーした。
副館長も少し自腹を切ったようである。
なんかとんでもない人選ミスをしてしまったと後悔させたかもしれない。

それでも、参加してくれた近隣の中学校の美術部の生徒さんたちや、子どもたちは、この無軌道な数日間を楽しんでくれた気がする。
そして肝心の作品は、やれやれ、体長15メートルの超大作になったとさ。
平面ならまだしも、立体で15メートルはかなり尋常ではない。

要するに、何が言いたいかというと、初めてのことっていうのは、
自分の頭の中で「このくらいやっとけば大丈夫」みたいな計算ができないから、
計算外の結果が出て、
ことにアートに関しては、その計算外さが、良かったりするのである。
[PR]
by syun__kan | 2012-06-04 21:54 | 作品写真 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧