<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ナイー部

来年30歳になる男性としては、わしはかなりナイーブなほうだが、それについて「よくないなあ」とは思わない。
少年はナイーブであることが許されるというか、似合うが、
大人はナイーブであることが許されないというか、恥ずかしい感じがする、でも、
これがないとアートができなくなってしまう。
大人になってもアートをやり続けるためには、少年ぽいナイーブさを残していかなくてはならない。
まあ、なくそうと思ってなくせるものではないが。

少年と大人は違う。
少年から大人になるためには、変化をしなくてはならない。
でも、アーティストたるためには、すべての面においておっとなーになってしまっては、おしまいだ。
ある部分を少年のままにして、ある部分は大人に変化させる、みたいなことが必要になる気がする。
残すところと変えるところを、うまく間違えなければアーティストになるけど、
残すべきところを変えちゃって、変えるべきところが少年のままになってしまうと、ただの変なおじさんになってしまう。
ここがけっこう難しい。
と感じる今日この頃。
美術大学を卒業して、7年になる。
30歳を控え、それでもアートをやり続ける仲間の一人、
わしには三宅感という友がいる。
とはいえ、三宅さんとは一年に一回くらいしか会わない。
三宅さんがどう思っているかは分からないけど、多分わしらはライバルであり、何だかんだで張り合っていて、
へたなところを見せたくないのだと思う。
予備校から一緒だった。
彼の木炭デッサンは美しかったなあ。
描く絵本も面白かった。
身近にいた人で、彼は最も芸術的な能力に長けていると感じた人物の一人だ。
わしなんかより遥かに上を行く。
これは身内をお世辞で褒めているのではない。
本気で世の中レベル、いや、その上を行く、戦慄するような才能を感じさせていた。
ただ、なっとくの行くものしか世に出したくないのか、大作志向なのか、わしのように貧乏性でないのか、作品をなかなか発表しないところがある印象なのだけど、
今日ネットで、彼の監督した映画を見つけた。
「メシアは生まれたか」という映像作品だった。
こんな作品を完成させていたなんて全然知らなかった。
このみずくささよ。
彼の世界のほんの一端という印象を受けたが、
金太郎飴のように、確かに三宅感の世界観だった。
感動してだいぶ元気付けられた。

今日は同じく大学の同級生のウッチーの展示にも行ってきた。
こちらもナイーブで、いとしい世界観だった。

アートは、作者の知らないところで、作者の意図を超えて、誰かを元気にしていたりする。
これが、アートが世の中に存在していい意義の一つだ。
わしが細々とした制作も、そうあってほしい。
そうすれば、苦しい思いをしてナイーブであり続けることも、何らかの意味を持つ。
ということで、同世代のアートのプレイヤーを、ナイー部という仲間として捉えることにする。
ほぼ全員幽霊部員だけどな!
アー!!元気出していこうか!!
[PR]
by syun__kan | 2012-09-30 00:26 | 日記 | Comments(0)

ネジ曲がったような真っ直ぐなような感性

昨日は電車に乗って、岡本太郎記念館に、展示に向けた何度目かの下見に行ってきた。

電車の中で、周りを見回したときに、
自分が一番安っぽい服を着ているのでは?と思うことがある。

履いているハーフパンツは数年前にユニクロで買い、その後履き倒して、
もともとの黒がすっかり灰色になって、
ヨレヨレで、ちょっと木工ボンドが付いている。
同じ車輌の他の乗客のズボンは、もう少ししっかりとした色がついている。
わしのズボンより、もう少し最近に買ったのではないか。

わしのTシャツは、ディズニーランドで買った、キャプテンEOの柄。
Tシャツの柄としては気に入っているが、職業柄としては、一年の半分をTシャツで過ごす仕事なもので、リピート率はかなり高く、
マイケル・ジャクソンの功績は色褪せないが、Tシャツとしては、やはりかなり色褪せている。
そして職業柄、ちょっと絵の具が付いている。

その上に、つやつやした薄いジャケットを着ている。
これはそれなりに高かった。
同僚の結婚式でマイケルジャクソンのコスプレをしてダンスした際、衣装の下地にするために買ったので、多少奮発したのだ。
式の後、いろいろくっつけたキラキラしたマイケル的な装飾物をすべて取り除き、
今こうして普段着にしているのだ。
ただし、ハーフパンツに対するコーディネートとしては、全然不正解だと思う。
自分でも分かっている。
マイケルも怒っている。なんだそれはと。

靴は、真っ赤なハイカットのコンバース。
しかしこれが、小さい。
都会の靴屋は、混んでいて、うるさくて、店員さんも殺気立っているので、
わしはとてもじゃないけど、落ち着いてフィッティングなんてできない。
なので、「これでいいですっ」ってさっさと買ってしまったら、案の定、小さかった。
でももったいないので、履いている。
これしかない。お出かけ用の靴は。
纏足の中国少女に思いを馳せる。
同じ車輌の乗客は、わしより高価かどうかは知らないけど、
とりあえずサイズの合った靴を履いているように見受けられる。
わしは29歳にもなってまともに靴も買えやしない。

あとメガネ。クーレンズで買った五千円くらいのもので、つるの先は犬に噛まれた痕がある。

わしが身に付けているのは、それだけ。
帽子も時計もアクセサリーもない。
髪の毛だって何にも付いていない。ジャストドライヘアー。

周りを見渡すと、みんなもっとおしゃれだ。
靴下だって新しそうだ。
やはりわしが一番安っぽいものを着ているように見受けられる。

でもいいのだ。
服は一番安っぽくても、一番文化的に先鋭な感性を持っているのは、わしである。
そう思うことにしている。

おごりかな?暗いかな?ドストエフスキーっぽい匂いがする?
でも、このくらいのことは思っていていい。
だって、一つの車輌の中で、感性で一番をとれないくらいの人物の展示なんて、誰も観たくないじゃないか?
[PR]
by syun__kan | 2012-09-17 19:19 | 日記 | Comments(0)

疲れと忙しさと幸せ

なんだか最近、全然日記を書いていないなあ。
ということは、忙しいのかもしれない。
時間もないし、書くことも浮かばない。
職場の仕事もやることが今は特に多い感じだし、展示に向けての準備もある。

5月くらいに、40本くらいを6000円くらいで購入したプロレスの古いVHSも、今のところ4本くらいしか見ていないくらいに忙しいくらい。

昨日は、職場の修学旅行の下見のために、箱根に行ってきた。
5時起きで、7時の電車に乗り、電車や登山バスや海賊船やロープウェイやケーブルカーを乗り継いで、石畳や大涌谷や彫刻の森美術館を駆け足で見て周り、電車で家路に着き、リュックを抱いて仮眠し、21時に帰宅した。
菓子パン3個と烏龍茶とポカリスエットしか食べなかった。

5時の始発で3時間かけて群馬に行き、作品を微調整し、3時間かけて戻ってきて0時に帰宅したのは先週末だった気がする。

もともとテレビを見ない生活だけど、最近はネットのニュースさえ読まない。
今日は3連休の2日目、奥さんより早く起きたのでパソコンを開いている。
美術関係のメールをしてから、久々に日記を書こうとするが、
今、奥さんから「背中押して」の声がかかった。
なので、背中を押しにいく。
家にいるときは常にふらふらなので、まともに奥さんとコミュニケーションとれていないのも事実なのだ。
ここをおろそかにすると後で大変なことになる。
わしは頭を上げていられず、奥さんの横に頭をつきながら、親指で、うつ伏せになった奥さんの背中を押す。
頭を上げておくのは結構大変なことなのである。
今日明日で、奥さんと映画も観に行き、職場の書類を3つ書き、展示の案内状を書き、制作を進めて作品「王様」をできれば完成させたいと思っている。
なんだかそれは無理なことに思える。
しかしそれは、なんとも幸せなことでもある。
[PR]
by syun__kan | 2012-09-16 09:40 | 日記 | Comments(1)