<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

国語と算数

21日、雪の仙台で「国立デザイン美術館をつくる会 第2回シンポジウム」に行ってきた。

何度も言っている通り、わしはデザインについては素人である。
博物館学的なことについても。

しかし、三宅一生さんは、おそらく「若い者に有意義な経験を」との思いから、
わしをシンポジウムに誘い入れてくれる。
次世代のクリエイターの育成を本当によく考えてくださっている方なのだと感じる。

今回も非常に勉強になり、そして実りが多かった。
素晴らしい経験であった。
三宅一生さんをはじめ、こんな心許ないわしを温かく受け入れてくださった、名だたるクリエイターの方々には、感謝が絶えない。

第1回、2回とも、デザインの素人なりの視点を生かして登壇できればと思っていたが、
今回のシンポジウムからは一般の方々の意見も取り込まれるようになって来ていて、
一般人代表としてのわしの役割はそろそろ終わった気もする。
今後は一般の方の意見をしっかりした知識で受け止め、返球できる方の登壇が必要になるだろう。

わしは文系なので、算数が苦手で国語が得意だった。
デザイン美術館のシンポジウムに参加するのは、算数のテストで必死に勉強してせめて75点を取りに食らいつく感覚に近い。

ようするに、本当に勉強になるのだ。
汗水垂らして「がんばっている」のだ。
こいう努力は、将来絶対実を結ぶ。
生きていることを実感する。

ところで、仙台で汗水を垂らしている間に、岡本太郎美術館からワークショップおよび作品貸し出しの依頼のメールが届いていた。

太郎さん!

太郎さんのフィールドでまた何かできるかもと知った瞬間、
バケツに入っていたムツゴロウが、バケツが倒れて温かい泥に戻り、泥にまみれて戻っていく感覚が駆け巡った。

なんという温かい、縄文の泥。たっぷりした絵の具とマッシブな曲線。太陽。
わしの住んでいる世界はここなのだろう。
赤く温かい泥。
計算上ではなく、本物の偶然性。不協和音。
「猛烈に素人たれ」。
彼の言葉は全然厳しくなかった。
久々に帰ってきて、それを感じた。
温かく、ひたすら「包容」の言葉なんだ。
わしにとってはあまりにもたやすく文章読解できる。
いつも間にか、こんなに親しみを感じていたとは。わしの母国語。

現国ばっかりやっているだけじゃだめ。算数もしなきゃ。
牛肉ばっかりじゃなくて、春菊も食べなきゃ。
ピーマン、人参、ナッツ、食べなくちゃ。

全部ひっくるめて、人生学校というやつ。
講師に三宅一生さん、岡本太郎さんなんて、豪華すぎるだろう!
[PR]
by syun__kan | 2013-04-23 21:45 | 日記 | Comments(2)

すべりこみ告知

明日仙台に行きます。
一晩泊まって、あさって21日に、
第2回パブリック・シンポジウム「こんなデザイン美術館をつくりたい!」に出席します。

その様子はUstream中継されるそうです。

http://www.ustream.tv/channel/designmuseum

2013年4月21日(日)
SESSION 1 10:30~12:00
SESSION 2 13:00~14:30
SESSION 3 15:30~17:30

ちなみにわしはSESSION 1に出ます。

ついでに、去年の11月にあった第1回シンポジウムの様子が、
4月20日(土)14時-15時 NHK Eテレで放送されるようです。

第1回の時は、最新のパソコンの中に紛れた泥付きニンジンのごとく、
おら東京さ行くだ!
はあ、テレビもねえ!ラジオもねえ!レーザーデスクはなぬもんだ!
という感じで、いかにもおのぼりさんのごとくキョロキョロ、オドオドしていたが、
せっかく第2回に参加する機会を得たのだから、
なにかこう、なんというか、こう、
バシッと、
ガッと、
やりたいものですね。
べこ飼いたいものですね。
[PR]
by syun__kan | 2013-04-19 23:32 | 日記 | Comments(0)

遅刻の告知

f0177496_21513083.jpg

http://book.mycom.co.jp/wd/2013/03.html
プロとしてやっていく気があるならもっとまじめに自己プロデュースすべきだ。
と思うけど、どうしても後手後手になってしまいます。
「ウェブ・デザイニング 3月号」の「ツクルヒト」というコーナーで、6ページにわたり、
関口の記事が掲載されました。

ただし、もう4月号がとっくに出ちゃっていますから、書店では買えません。

告知、遅いよ!!

すみません、計画性がないのです。
左脳は、平日の仕事で使い果たしてしまうようです。

東京ミッドタウンに展示している「デザインあ展特別オブジェ 関口光太郎:あ」は、
4月14日までの展示です。
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/feature2013/blossom/design_a.html
あと一週間。
今夜の荒天を乗り切ってくれると良いのですが。

本日は、多摩美術大学で、新入生向けのOB、OGのトークセッション?に参加してきました。
900人くらいの新入生さんたち、荒天の中、ありがとうございました。

少しはこれからのことを話しましょう。
遅刻でない告知を。

4月21日、仙台で「国立デザイン美術館をつくる会 第2回シンポジウム」があり、
デザインに素人の関口ですが、僭越ながら参加させていただきます。
http://designmuseum.jp/symposium/

5月27日から6月15日には、母校多摩美術大学彫刻棟ギャラリーにて、展示させていただく予定です。
わりと急に決まったので、新作は出せませんが・・・。

6月1日には、横浜美術大学で講師をする予定です。

8月1日には、秋田新県立美術館でワークショップをする予定です。

あと、岩波書店さんから出される教育系の本に、少しですが関口の原稿を載せていただけるようです。
書名などは、追ってお知らせします。

はあ、本当にこんなスケジュール、こなせるのだろうか。
不安である。
実現するまで、いつも自信がないから、告知が基本「終わってから」になるのだろう。

がんばります!やります!
[PR]
by syun__kan | 2013-04-06 22:15 | 日記 | Comments(4)

雨上がりの夜空の「あ」

数日前に見に行ったときはこのように元気だったのだが。
f0177496_19502666.jpg

4月2日から3日まで2日間に渡って、東京地方に、延々と、容赦なく降り続いた、

この雨にやられて
ガムテープいかれちまった
俺らのポンコツ
とうとうはがれちまった
どうしたんだ へへいべいべ
新聞紙はビショビショだぜ
いつものようにきめて ぶっとばそうぜ

思えば屋外に置くこと自体、無理があった
だけど設置してから2週間 おまえはシッカリ
どうしたんだ へへいべいべ
機嫌直してくれよ
いつものようにきめて ぶっとばそうぜ

おー 雨上がりの夜空に修復の打ち合わせ
うー 行ってくれたのはバイト帰りの奥さん、わしは職場が遠いのでお留守番

こんな夜に お前が飛べないなんて
こんな夜に 直しに行けないなんて

足と腹部が、崩れてきて、こんな展示いつまでも長くは続かない
しかし4月14日の会期終了まであと11日、それまで撤去は、考えたくない
どうしたんだ へへいべいべ
ガムテープがビロビロだぜ
いつものようにきめて ぶっとばそうぜ

おー 明日には、直しに行くからな
うー それまで、ややかっこ悪い姿だけど、待ってておくれ

こんな夜に お前が飛べないなんて
こんな夜に 犬の散歩して悶々とするしかないなんて
[PR]
by syun__kan | 2013-04-03 20:00 | 日記 | Comments(2)