<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三人

黒い画面の中で、骸骨が揺れている。
画面が切り替わると、今度は土色の不定形。
壁がうごめく茶色の洞窟のようだが、
その凹凸が突然顔のような形に浮かび上がる。
わしの子どもだ。19週だ。今日初めてリアルタイムに見た。
仮名は「ボリジロウ」。

はたから見れば、それはちょっと不気味なだけの、展開のない、つまらない映像であるが、
わしは大変感動している。
妊娠、出産、育児。
それは世の中で、主観と客観のギャップが、最も大きく広がる出来事なのだろう。

わしは、マイケル・ジャクソンのことを、素晴らしく歌がうまくて、革新的なダンスを踊る、と思って大絶賛している。
それは、世の中の人々も、そこまでスペシャルには意識しないにしても、だいたい同じ意見だと思う。
主観と客観がだいたい一致している。

しかし、わしがボリジロウのもぞもぞする姿に感動していても、
世の中の人が見たら、愛想で「かわいいね」と言ってくれるかもしれないが、
正直、どうでもいいだろう。

なにせ、わしもこれまで、携帯の待ち受けに誰かの赤ちゃんの写真を認めても、
正直、どうでもいいと思っていたから。

その待ち受けがペットであれば、あるいは永作博美さんとかの芸能人だったとすれば、
もう少し面白く見れたと思う。
しかし、だれかの赤ちゃんの写真は、本当に興味が湧かない。
想像の入る余地がないのだ。

犬の写真であれば、
「こんな犬を飼ったらどんな感じだろう」
とか想像できるし、
永作博美さんだとしたら、
「永作博美さんと付き合うのってどんな感じだろう」
などどファンタジーを膨らませられる。
しかしその赤ちゃんという存在は、絶対的にその親のものであって、
どう考えてもわしにはフィットしようがないのである。

そう考えると、そういえば、奥さんが妊娠するにあたって、若干、他のおうちの赤ちゃんにも、興味は出てきていた。
赤ちゃん本人や、本人と親との関係性をよく観察するようになった。
「赤ちゃんって、どんなだろう」
と、想像する必要性がわしの身の回りに満ちている。

そしてその、絶対的にわしのものである、わしと奥さんだけの完全に切っても切り離せない一心同体で一蓮托生である、ボリジロウが、いよいよ300グラムになっているのである。

ブラックホールのように、わしの「思い入れ」を吸い込んでいく、ボリジロウ。
周囲がどう思っているか、それは世の中にとってどうか、全然関係なしに。

そして今日は20代最後の日。
10代最後の日、すなわち19歳から20歳になるとき、わしは橋本の下宿で、完全ひとりぼっちで迎えた。
まえにブログにも書いたが、
http://sekiguti35.exblog.jp/16185426/
あのとき一人で夜通し歩いて何かに目覚めて、
アメリカまでマイケル・ジャクソンに会いに行ったときから、わしの20代は始まった。
本当にいろいろあって楽しかった。
途中で奥さん(今はベッドの上でおなかにジェルを塗られている)と合流し、「関口」にした。
関口軍団は三人に増殖しそうだ。
30代は三人で生き抜くことになる。

なんというか、幸せだ。
生まれてよかった。楽しいよ。
[PR]
by syun__kan | 2013-07-30 21:24 | 日記 | Comments(0)

押切もえさんからの関口

f0177496_18561110.jpg

こちら、池上彰さんが編者を務め、最近発売された岩波新書、「先生!」。
いろいろなジャンルで活躍なさる方々が、「先生!」という言葉から連想するそれぞれの「語り」を集めた本。

執筆者は、
しりあがり寿さん、天野 篤さん、 岡野雅行さん、稲泉 連さん、押切もえさん、関口光太郎、田中茂樹さん、増田ユリヤさん、山口 香さん、柳沢幸雄さん、鈴木邦男さん、パックンさん、安田菜津紀さん、市川 力さん、太田直子さん、李 相日さん、渡辺恵津子さん、武富健治さん、武田美穂さん、姉小路祐さん、石井志昂さん、鈴木 翔さん、乙武洋匡さん、寮 美千子さん、山口絵理子さん、平田オリザさん、太田 光さん。

何かおかしいね。
これは間違い探し。

何はともあれ、わしは読んでみたのだけど、
各界で第一線で活躍する面々の、それぞれの「先生語り」は、実に重みがあり、迫力があり、みなぎる何かがあり、
30年しか生きていない新聞ガムテ青年の、か細い語りなどは、吹き飛んでしまうほどズドンと来ます。

しかしまあ、か細いながらも、わしなりに、人生を削って取り組んでいる仕事ではあるので、
アバラの浮き出た、胸を張りますよ。
語る資格がないとは、思いません。
[PR]
by syun__kan | 2013-07-22 19:16 | 日記 | Comments(0)

太郎さんからの日比野さんからの関口

f0177496_0195014.jpg

今日、7月19日は一学期の終わり、終業式だった。
みんな、みんな、お疲れ様でした!!
そんでもって退勤後、わしは川崎の岡本太郎美術館へ。

7月20日からスタートの、日比野克彦さんの企画展、「Hibino on side off side」に、関口は、
8月30日までの間、「サンダーストーム・チャイルド」「王様」「女王」「ヒーロー(ペットボトルの少年)」の4作品を出品する。
8月18日、20日にはワークショップも行う。

作品の搬入は先日の土日に概ね終わっていたのだが、
細かいパーツを群馬に置き忘れてきていたので、両親に郵送してもらい、
今日は最後の補修をしなければならなかったのだ。

美術館に着いたのは夕方6時、中に入ると、日比野さんが、今日にいたるまでの数日間に公開制作で描いていた絵に、さらに手を加えていた。
会場内は他に、業者さんによるライティングやキャプションの設置も進行中。

こういった、展示の裏側を見れるのは、出品者の特権。
というか、日比野克彦さんがオープン直前に仕上げをしているのを見れること自体、わしはとても嬉しい。

自分の作品はさておき、未完の展示を見てまわる。
日比野さんの、有名な、段ボールでできたグローブも展示されている!
他に、化粧道具箱や宝石箱など…。

「全ての物は、瞬間だけなら美しい」

これはわしが、大学の卒業制作の時にたどり着いた一つのアンサーで、
以来わしの造形活動ぜんぶに通じるコンセプトなのだが、このコンセプトに関しては、
残念ながらというべきか、日比野さんの作品の方が訴求力が高かった。

長持ちはしないと思われる、素材で切り取られた、我々の日常の、刹那の美しさよ!

そういう意味では、わしは二番、三番煎じなんだと思ったよ。

わしはようやく自作を補修しはじめる。
途中、日比野さんに話しかけていただいたりして、嬉しかった。
補修終了、時刻は19時45分。
会場の設置作業はまだまだ進行中、日比野さんもライティングもまだまだこれからという雰囲気。

わしは挨拶をして帰る。

(もし、今夜の展示作業が無事終われば)
明日から、岡本太郎美術館に入ると、赤い部屋を抜け、まずは岡本太郎作品の常設展を観ることになる。
その後、日比野克彦さんの企画展を観て、最後にちょこっと関口作品を観る。
太郎さん~日比野さん~関口という連携の中で、関口なんかはただのヘナチョコではあるが、
名前の大小はさておいて、客観的に見ても、面白そうなコンボだと思う。
これが、川崎に訪れた子どもたちの右脳を刺激することを、願ってやまない。

下記は、自分の展示、ワークショップのために、関口が寄せた文。

「画材屋さんに行かなくても、アートはできます。
まずは、太郎さんの「モーレツに素人たれ!」という言葉に、勇気をもらってください。
そして、周りを見渡し、紙があれば、ぐしゃっと丸めてください。
それをテープでぐるっと巻くだけで、平面だったはずの物が、二度と再現不可能な陰影を伴って立ち上がります。
世の中がどんな状況でも、何かを作り出す行為は楽しいし、
その楽しさが、新しい世の中を作る力になるといいなと思います」
[PR]
by syun__kan | 2013-07-20 01:01 | 日記 | Comments(2)

蝶野さん

f0177496_22595879.jpg

土日は、美術関係の所業をしているか、デザインチャイルド誕生に向けた家具等の準備をしている。
平日は、前日に入浴できた場合は6時半に起きる。
前日にくたびれて風呂に入れなかった場合は6時に起きて入浴する。
それから前日夜の分の洗い物をする。
7時過ぎに家を出て職場に着くのは8時前か。
そこからはノンストップ、とりあえず16時前、生徒を下校させるまで駆けずり回る。
途中に、非常に激しい鬼ごっこ等が挿入される。
生徒が帰って大人だけになった後は、準備、記録、会議等々の仕事にあたる。
あまりに消耗している日は、音楽室の隅で15分くらい、内緒で仮眠をとる。
仕事がすべて終わるのは、日によってまちまちだが、平均すると20時くらいか。
家に着くと21時くらい。
奥さんも働いているので、一緒にちょっと準備して、21時半頃夕食。
そのまま22時半くらいまで、二人でしゃべる。
パソコンで、美術関係のメールのやりとりをする。
それから一念発起して、犬の散歩へ行く。
23時過ぎ、余力があれば風呂に入る。
24時、犬と猫のトイレを片付けて、餌をあげて、就寝する。
ああ、今日もブログを書けなかった、という思いが頭をかすめたりする。
しかし先日、仕事を6時半に終わりにできた。
わしの頭に、「家に帰ってブログを書く」と、
「本日発売の新日本プロレスDVDマガジンの最新号(蝶野正洋特集)を買いに行く」の二択が浮かぶ。
体力的には限界が近い。家に帰って体を休めることが内外からの求めである。
しかし案の定、足を延ばして、帰り道、DVDマガジンを入荷していることが予測される本屋に行く。

蝶野正洋はわしのアイドルである。
その蝶野さんが、まさしく絶頂期だった、1997年~98年の試合を盛りだくさん収録している。
これは素晴らしい商品だ!!
1680円。

ここでわしは躊躇する。逡巡する。
もうすぐわしはパパである。
いやある意味ですでにパパである。
その意識は、確実に経済感覚に働きかけてくる。
1680円。
1680円あれば、もう一枚まともなジャージなり、靴なりを買った方がいいんじゃないか?
と、わしは自分のその時の格好を客観視して思う。

そして、DVDを買ったところで、観る時間はあるのかと。
二週間ほど前、ツタヤで映画を借りて観たが、それは実に半年ぶりの映画鑑賞だった。
今、情報のインプットにあてられる時間は、そんなものだ。
買ったってどうせ見れない。

わしはいったん店を出て、店先に立ち、道行く人々を眺めながら考える。

しかし関口よ、蝶野さんを裏切っていいのかと。
もちろん、このDVDマガジンを買ったからって、蝶野さんにロイヤリティーが入るとは限らない、
そんな小さなことではなく、
蝶野さんがプロレス界において残した功績は、同世代の武藤や橋本に比べ、過小評価される傾向があるんじゃないかと。
このDVDマガジンのシリーズの、過去のラインナップを見たって、武藤選手や橋本選手の試合の方が、より頻繁に取り上げられている。
わしがこの商品を購入することで、蝶野さんの功績に、一票投じる、意思表示になるんじゃないか?

などと考えながら、わしはもう家に向かって自転車を走らせている。
わしはもうパパである。

その夜、奥さんと犬の散歩をしながら、蝶野正洋のDVDマガジンを、買わなかった話をする。
そして、蝶野さんがどうして面白いかを、「語ってもいい?」と聞く。
奥さんは、100メートルほど先の、小学校の前を過ぎるまでの間なら、語ってもいいと、条件付きの許可を出す。
わしは語る、

「同期の武藤も橋本も、柔道の猛者だったし、センスも良かった。
でも蝶野さんは、格闘技経験がなくて、ただの元暴走族だった。
要するに、プロレスをするにあたって、それほど秀でたものを持っていなかったんだ。
でも、97年に、プロレス界のMVPを獲った。
その年の蝶野さんは、ほかの誰よりも、輝いていたわけです。
つまり、
凡人が天才を超えるためには、どうすればいいかっていうエッセンスが、97年の蝶野さんには、詰まってるわけよ!
天才がMVPを獲るのは当たり前じゃない?
それは観ていて、気持ちいいかもしれないけど、参考にはならない。
わしは凡人で、低賃金だけど、だからこそ、蝶野さんの97年に、勇気をもらうんだよ!!」

そこで小学校に着いてタイムアップしてしまったのだが、奥さんは、「買いなよ」と言ってくれた。
わしはただ単に、背中を押されたかったのかもしれない。
甘ったれである。まだまだパパの器ではない。

何はともあれ、翌日も仕事を6時半に終わることができた。
わしは本屋に足を向けた。
二度足を向けて、買わずに帰ることは、さすがに大人だから、ない。
足を向けた以上、買うのである。
買うのか!やった!

本屋に着いたら、売り切れていた。
残念だったがちょっと嬉しかった。
[PR]
by syun__kan | 2013-07-05 23:47 | 日記 | Comments(0)