<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ジャケット
午前中にニトリからコタツが届いた。
前代のコタツは犬がかじってボロボロになったので捨てたのだ。
梱包を解いて、コタツ敷き布団を敷いてコタツの枠組みを載せてコタツ掛け布団を掛けてコタツの上の板を載せるとコタツらしくなる。
奥さんと新品のコタツに入ってみると部屋の雰囲気はそれらしくなる。
生活っぽい。
こうして、えっちらおっちら、世の中を模倣してよくまあ、生活を作り上げてきたものだ。
外は秋晴れ。
ほほえましすぎる。
自分のことながら、あまりにもほほえましく、笑ってしまった。

こんなにストイックに過ごした一年は、高校受験前の一年か、大学受験前の一年か、今年くらいだろう。
受験戦争と言われるが、確かにそんな感じだった。
今年はアーティストとしてと、教員としてと、ちょっとプレ父としてを全てこなそうとして戦争状態になった。
今日は非常に久々の休日で、久々に体力に余裕のある状態で、奥さんを見つめた。
奥さんの顔だって、今年は新幹線から見える景色のようだった。
久々に定点観測で記録した。

記録はできたけど、用事がないわけではない。
午後はイケアにたんすを買いに行く。
奥さんはもうあまり動けないので、わしひとりのおつかいである。
ついでに自分の服も、ついに買うことにした。
バスに乗って新座駅へ、武蔵野線で新三郷へ。
イケアでたんす二つと、キツネとハリネズミのぬいぐるみとクッキーの型を買い、たんす二つを配送にまわす。
駅周辺に戻り、ららぽーとという集合商業施設で自分の服を買おうとする。
わしはもうギブアップ寸前だ。
人ごみがあまり得意でない。
というか人ごみが得意な人っているのかしら?
視界に飛び込んでは去る、様々な人生、生活、それぞれが抱える事情、年齢段階、エネルギー、
飛び込めない…
そこに飛び込んで、サイズと値段をみて、試着するなんて。
そして興味が湧かない、服に…。
値段の高低に関わらず、それがとびきりにスペシャルなものだらば、話は別だ。
もしくは自分で作れるだらば。
制作を長く続けたことで、「欲しいものは自分で作るものこそ欲しいものである自分」みたいな思考になっている。
しかし着々とわしの残りHP(ヒットポイント)は減っている。
このまま手ぶらで帰ると奥さんにまた怒られる。
わしは意を決してザラというお店に入る。
ジャケットを買おうとする。
サイズ表がSMLではない。48とか50の数字だ。
わしには意味が分からない。
何着か試着してみた。
すると店員さんが来てくれてサイズのことやザラのシルエットは細いことなどを教えてくれた。
色や素材はいろいろある。
さらに何着か試着していると、別の店員さんも話しかけてくれた。
「まだ迷っています」と答えると、「ごゆっくり」と言ってくれた。
そのままわしは40分くらい迷い続けた。
店内にはわしにとっては大きいと感じられる音量でトランスミュージックが流れている。
わしは素直にトランスされてしまって、着々とHPを奪われる。
わからない、ワインレッドと灰色はどっちがいいのか。
デニムっぽい素材とベルベットっぽい生地はどちらがいいのか。
もう店員さんは話しかけてこない。
わしはすべてのジャケットを二回ずつぐらい脱いだり着たり。
もうだめだ、わからない。
もう帰れないんだ、今日は。
ららぽーとの落武者になるんだ、僕は。
そこで電話が鳴った。奥さんからだ。

「まだ帰らないの?」
「た、助けてくれ。ワインレッドと黒と亀みたいなふかみどりとだっさい茶色とあおみどりはどれがいいんだ」

奥さんはネットでザラで現在売っているジャケットを調べてくれ、アドバイスをくれた。
結局わしはあおみどりのジャケットを買った。

帰り道、餃子の材料を買って、家でひき肉を餃子の皮のジャケットで包んだ。
[PR]
by syun__kan | 2013-10-27 23:51 | 日記 | Comments(2)
遠方より昔の友来たる、新品の人間と共に
この間の日曜日、三宅感夫妻が、生後5か月のわと君を連れてうちに来てくれた。
迎える関口家は、奥さんが妊娠8か月なわけで。
4人に見えてよく見ると6人なんだ。

三宅氏とこういう形で会うとは、予備校時代、大学時代には、夢にも思わなかったな。
あの頃は、いろいろめちゃくちゃだった。
よくいる大学生大学生した大学生とはちがう。
お互い、真剣に生きることの命題に向き合って燃焼した結果、
わしは深夜の交差点でくるくる回っていたし、三宅氏は自宅から必需品以外の一切の物をなくそうとしたりした。
お金の節約のためにわしが三宅氏の髪を切ったら、ぞりあがってしまったこともあったあし、
わしが金色で三宅氏はオレンジの髪の毛だったこともある。
夜中に三宅氏から
「今、金縛りにあって、ドアからだれか入ってきて、耳の中に注射されたんだけど!
恐怖におののいてたら、『大丈夫、僕お坊さんだよ』って言われたんだけど!」
という電話がかかってきたりした。

そういう記憶もよぎるが、目の前の三宅君は、わと君をとても上手にあやしていて、
完全にパパの態である。
奥様のことも気遣うハズバンドだったりもする。
もうお坊さんは家に入って来ないのかもしれない。
彼らの周囲の空間は愛で満たされていた。
うちと同じで、経済的に余裕があるわけではないと思うが、そこには愛がある。
そう、思い返せば、昔から彼は、パンキッシュではあったが、同時にジェントルだった。
女性やお年寄りに対して。
赤ちゃんは専門外だったのかもしれないが、今はレパートリーに加わったのだろう。

わと君はイケメンである。
色白でつるつるでよく笑う。
ああ、確かに天使のようだった。
頭の形は、ぞりあげてしまった時に触れた、三宅氏の頭にそっくりだった。

わしももうすぐわが子を抱く。
よい父とはどんな存在か考える。
いろいろ矛盾もある、親子という関係は。
思いがどっちに転ぶかわからないし、状況を子どもがどう昇華するかもわからない。
でも愛を送ることだけはできるかな。
他に何ができるわけではない、なら、それをしよう。
わしは相変わらず、ナイーブで、
何が来ても大丈夫!という人間ではない。
全て父ちゃんに任せとけ!とは、なかなか言えない。
完全体でも何でもないんだ。
せめてかけれる言葉があるとすれば、
一緒にがんばろうということだな。
おい、ボリジロウ(仮名)!
わしはポンコツだが、本物の愛ならあげられる。
だから、わしもがんばるから、一緒にがんばって生き抜こうな。
[PR]
by syun__kan | 2013-10-24 01:46 | 日記 | Comments(0)
日本のデザインミュージアム実現にむけて展にむけて
f0177496_2353413.jpg

でたらめなことを考え、やってみせ、責任を負うこと。
これがアーティストの仕事な気がする。

でたらめなことを考えるだけなら、誰でもできる。
やってみせ、責任を負うことが伴わなければ意味がない。
それは全然違う。
雲泥の差どころではなく、もう、差があるとかじゃなく、うーん、何と例えればよいか…。
ティッシュとガンダムぐらい違う。
やってみせて、責任を負うこと、この大変さ。
世の中は、だいたいこれでできている。
ちなみにでたらめなことを考えるのは頭、やってみせるのは手、責任を負うのは胃の粘膜である。

9月の、アンデルセン公園子ども美術館でのワークショップが終わり、やっと一息、
今年一年続いたアート活動怒涛のラッシュも、ようやく一段落着いたかな、
妊婦の妻を手伝わせてばかりで、ほんとに悪かったな、
これでイケアにたんす買いに行けるな、と思っていたら、
急遽依頼が入った、21_21 DESIGN SIGHTの、10月25日より始まる「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」のための制作物。
依頼日から搬入まではだいたい一か月。
本業の仕事は通常営業しているから、土日を充ててやるしかない。
とはいえ巨大作品の依頼ではなく、小規模なものなので、
必要な作業日数は、そうだな、五日間くらいか?
搬入まで、休日は、何日ある?

ということで、またしてもイケアにたんすを買いに行くのは先延ばしされた。

土日は来る日も来る日も新聞を揉んでガムテープを巻く。
思えばこの一年。
揉み続けた。巻き続けた。
揉み巻いた。
幸せをかみしめて疲労した。

10月12日からの3連休は、ターナーを観に行ったり、パパママ教室に行ったりしたが、
夜は制作。
今回はカラーガムテープで色も付けたが、
やはり奥さんの手を大幅に借りている。
日曜から月曜にかけては、わしは夜を徹した。
仕上げるのである。
期日までに何とかして、意地でも、岩にかじりついてでも、ゲレンデを溶かしてでも、終わらせる。
これが大事だ。「やってみせ」の部分だ。

徹夜をしたが、月曜から火曜にかけては6時間半睡眠をとり、
翌日の本業の仕事には、ちゃんと元気に出勤する。してみせる。
これも大事だ。プロなんだから!

明日の夜設置作業。
わしの制作物は、現場にちゃんとマッチするか。フィットするか。
まだわからない。
胃の粘膜が、責任を負う。

何はともあれ、今度こそこれで、アートは一段落だろう。
大変長らくお待たせいたしました、奥さん。

そしたら11月のワークショップの依頼が来た。
[PR]
by syun__kan | 2013-10-16 00:18 | 日記 | Comments(5)
赤ちゃんに話しかける
8か月の奥さんのおなかは顕著に大きくなり、
中のボリジロウ(仮名)はよく動いている。
たまに奥さんの肋骨を執拗に触っているそう。

もう外界の音が聞こえるということで、
「話しかけなよ」と奥さんに促される。
しかしわしは、まだボリジロウと思い出を共有したこともなく、
ある意味初対面以前なので、あまり話すこともない。

「こんばんはー、お父さんだよー。早く出ておいでー。いや、あまり早く出てもらっても困る」

などと、内容のない声掛けになりがちだった。
何を話すべきか。昨日はもう少しよく考え、やはりもっと情感を込めて、世の中の素晴らしさを伝えようと思った。
なので、奥さんのおなかに口を近づけ、話し始める。

「空は、青い!
木々は、萌え!
川は、せせらぎ!
小鳥は、歌う!
風が、花々を揺らし!
蝶が、舞う!
野原に、うさぎが駆け回り!
いや、このあたりにはうさぎはいないけども。
春は、桜が咲き乱れ!
夏は、セミが鳴き乱れ!
秋は、落ち葉が散り乱れ!
冬は、サンタが殺到し!
君には、素敵な家族!
ハルちゃんは、元気が取り柄の黒い犬!
コマちゃんは、シャイな猫!
お母さんは、美人!
お父さんも、美人!
美人ではないな。
美人というより、変人?
お父さんは、変人なのか?!
先生だけど、しょっちゅう踊ってる!
たまに新聞紙とガムテープで、変なもの作ってる!
お父さんは、客観的に、どうなんだろうか!
何と言えばいいんだろうか!
自分にはわからない!
周囲から見て、お父さんはどんな存在だろうか!
やっぱり変人だろうか!
変なおじさんだろうか!
信頼に値する人物だろうか!
でも、めざましテレビに出てた!
岡本太郎賞も獲った!
ただの変人ではない!
実力派変人!
そう、お父さんは実力派変人!」

そこまで言って、奥さんに「やめろう!」と押し戻された。
[PR]
by syun__kan | 2013-10-05 12:35 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧