<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
血まみれ
流し台で洗い物するときの楽しみとして、
携帯のワンセグでオリンピックの中継、およびニュースを観ることを覚えた。

スノーボードのハーフパイプという競技では、中学生と高校生がメダルを獲ったらしい。
さらにフィギュアスケートでは、羽入さんと言う選手がかなり活躍し、
昨日夜の時点では、史上最高得点を出してトップに立ち、
その夜遅くの結果いかんによっては金メダルなんじゃないかという状況だった。
羽生選手のパフォーマンスは、携帯電話の小さい画面からも伝わってくる、
何だろう、オーラと言うか、ビリビリした何かがあり、
かなりすごかった。
羽生選手も10代であり、10代とは思えない図太さ、
いや極端に若いからこそ持てるのだろうか?そういった自信を漲らせていて、ポエティックだった。

こういった状況を踏まえ、わしは夕飯の、奥さんが作ってくれた牛肉と小松菜と厚揚げを炒めたものを食べながら、しゃべっていた。
感じた何かを、口をパクパクさせて伝えようとしていた。

「10代って言えばさ、若者というより、ほとんど子どもだよね。
こういった子どもたちが活躍してるって言うのは、何だか良いと思うんだよね。
何だか痛快だったんだよね。
何でだろう?
何というかさ、若い世代って、何だかんだと大人にぐちぐち言われて、
今の子どもはあれがだめ、これがだめ、
学力がーとか、体力がーとか、コミュニケーションがーとか、
ゆとりがどうのとかさ。
ゆとり教育はもう終わってるのかもしれないけどさ。
昔はこんなに良かったとか、
そんなこと言われてばっかりじゃない。
子どもからはそういう風に発信する口がないからさ。
でも今回みたいに子どもたちが図太く活躍するのって、そういう大人たちを黙らせ、
どあー!!!

わしは突然叫び、イスごとそのまま後ろに50センチ下がった。
そして右を向き、口に手を当てて静止する。

奥さんが「どうしたの?」と聞く。

「くちびる噛んだ」

と答えてティッシュを当てる。ティッシュに血がにじむ、
いや、けっこう赤く染まった。
裏返して当てる、また赤く染まる。
唇を噛んでこんなに血が出たのは初めてだ。
だいたい、人がたまに、一年に4回くらいか?くちびるを噛んでしまうことが、解せない。納得できない。
普段普通に回っているタイヤが、ある日突然車体をこするようなものだ。
歯とくちびるの動きが、なぜその時だけうまくコンビネーションしないのか。
人体の神秘ってその程度か。
いつも突然襲い掛かる、原因が分からず防ぎようがない。
いや、今の事象に関しては、何となく原因が分かる気がする。
10代の選手の活躍について、感じたことを、
頭でまとめてから話すのではなく、話しながらまとめようとしていて、
さらに小松菜を噛み砕こうとしていたから、
わしの能力のキャパシティを超えたのだろう。

当てていたティッシュを再び離すと、今度はティッシュが傷口にへばりついてビリビリ剥がれた。
少なからずやけっぱちのわしは、ティッシュの切れ端をなめ取って飲み込む。
そして、さっきより小さい声で、しゃべることを再開する、

「…そしてさ、フィギュアスケートも、スノーボードも、」

奥さんが「だいじょぶなの」と聞く。

「ああうん。スノーボードも、基本的に個人競技でしょ。
みんなでわいわいやるものじゃないよね。
たぶん、こういう競技って、メダルを獲るレベルになるには、
すんごく孤独な戦いをすると思うんだよ。
同世代の友達と、だらだらしたりいちゃいちゃしたりとか、
そういうのに背を向けてさ。
なんか世の中って、みんなでわいわいやることが正しい、みたいな圧力があるじゃない。
一人でごはん食べるとさみしいとかさ、空き時間に友達といないとだめみたいなさ。
わしはさ、そういうわいわいしたことは苦手なわけで、
高校では一日一言も発しない日とかあった。
それにくらべれば多摩美の彫刻科は居心地良かったけど、
それでもわいわいしたものは馴染めなくて、
道具の使い方とか、FRPの型の取り方とか、先輩に聞きに行くの嫌で、
だから、一人で全て進められる新聞紙とガムテープの工作やってたところがある。
でもその、わいわいから離れて一人でモショモショやり続けていたことが、成果に出たようなところがあるわけで、
今回のスノーボードの選手や羽入さんの活躍を見ると、なんだか共感するんだよね。
みんな仲良く的なファシズムから離れたことによる成功みたいなさ。
まあわしは、今は血まみれだけどな」
[PR]
by syun__kan | 2014-02-15 16:41 | 日記 | Comments(0)
それる話
うちにはテレビがない。
一人暮らしの時から、かれこれ10年くらいテレビを観ない生活をしている。
ただ、子どもが生まれたので、今はないけど、
そのうちテレビを買おうかとも思っている。
そのことで奥さんと話す、

わし「今はテレビを観ない若者が増えてると言うし、
うちもテレビないし、
インターネットが発達して、テレビなんか古いみたいな風潮があるけど、
テレビをけなすことがスマートみたいな雰囲気あるけど、
でも、わしらも、テレビから学んだことってたくさんあると思うんだよ」

奥さん「そうね」

わし「例えば『フルハウス』からは、欧米の文化を学んだでしょ?」

奥さん「私はどちらかと言うと『アルフ』を観てたけど」

わし「『いきもの地球紀行』からは、自然の大切さを学んだでしょ?
柳生博さんが、『イヌワシが翼を広げて大空を舞います』とかナレーションして、
最後に森が伐採されている現状をチラッと映して、
『時のなーがれー、いつーでもー』ってエンディン曲が流れると、
身につまされる思いがしたでしょ?
すごい情操教育だと思うのよ」

奥さん「まあね」

わし「ヌーの大群がさ、川を渡りました。
さあ、このあと。
わかるでしょ?
ねえ。
はい、このあとどうなりますか?」

奥さん「ワニに食べられるね」

わし「そうよ!
絶対ワニが来るのよ。
小さい子どものヌーとかが、足をガッといかれて、食べられるのよ。
必ずそう。
そんな時でも、ヌーは、『ヌー』としか鳴かないのよ。
『ヌー、ヌー』って。
あの人たちは、いつも『ヌー』よ。
干ばつでのどが渇いても『ヌー』。
草を食べて『ヌー』。
ワニに食われても『ヌー』。
『ヌー、ヌー、ヌー』。
それで良いのか!お前たちは!
だいたい鳴き声が『ヌー』だから名前もヌーって、どうなのよ!
何とか言いなさいよ!」

奥さん「話それたね」
[PR]
by syun__kan | 2014-02-11 22:39 | 日記 | Comments(0)
ジーザス・クライスト・スーパー布テープ
神様は万物を作られた。
新聞紙に巻きついて作られた。
ガムテープ。
いや、そんな呼び方は失礼だ。
ガムテープとは、特定の商品名である。
正しくは布粘着テープ。
わしにとっての神様だ。
これがなくちゃ、何にもできやしない。

わしは小学校3年生のとき、夏休みの宿題の工作で何作ろうか迷っているとき、
両親から、「新聞紙を丸めて布粘着テープを巻き、立体を形作る」手法を教えられた。
それでわしは、ステゴサウルスを作ったのである。
以来、たまに新聞&ガムテープ工作を作っていたけど、そんなに熱中していたわけではなく、
しかし多摩美の彫刻科で、その手法に無限の可能性を感じ、
自分の必殺技として認識したわしは、
新聞に布粘着テープを巻いてる・ジャクソンに変身する。

とにかく素早く、どこまでも大きく、やりこめばどこまでも細かく、
そしてリーズナブルに立体を作り出せるその手法は、
まさにわしが抱いていた瞬発的、拡大的な妄想を現実化するのにうってつけだった。

様々な布粘着テープを使った。
ホームセンターに売っている148円5個セットや、百均のものまで。
その中で、品質の違いに気づく。
どのテープでも立体を形作ることはできたが、
たいがいのテープは、一週間経つと、
ぺら…ぺら…
と、剥がれてきてしまう。

しかし、そんな中、ほとんど剥がれず、元の形を保持し続けるテープの存在に気づいたのである!

先ほど、布粘着テープはわしにとっての神様と言ったが、
厳密に言うと、全ての粘着テープが神様なのではなく、
一週間形を保持し続けた、このテープこそが、本物である!!!
日東電工 包装用布テープ No.757スーパー!!
f0177496_18584626.jpg

ひかえおろう!
頭が高い!
(わしにとって)

パッケージに「スーパー布テープ」とあるので、スーパー布テープと普段からお呼びしているが、
このテープは実際、スーパーである。

保持力だけでない。
滑らかな手触り、そして繊維がきめ細かく、手切れが良い。
他のテープは、切るとギザギザになったり、繊維が飛び出てしまったりすることが多いが、
スーパー布テープさんはそういったことがほとんどない。
厚さも、薄すぎず、厚すぎず、ちょうど良い。
そしてその色。
黄土色過ぎず、赤過ぎず、
ちょうどわしら黄色人種の肌のようで、ぬめっとしてセクシーである。

巡り会えたのは、たまたま多摩美の画材屋「びけん」に売っていたからだ。
以来、「びけん」で何度も30個入りの箱を注文した。
何しろ、わしの作品は、5メートル級の大型の物の場合は、布粘着テープは数百個必要になる。
大学卒業後は、インターネットで箱買いし、
家には常に切らさないようにしていた。
実家にも常備してある。
たぶんこれまで、数千個購入しているはずだ。

ということを人に言うと、
「日東電工にスポンサーになってもらいなよ!プレゼンに行きなよ!」
と必ず言われる。

時間がないこともあったが、わしには何となく気が進まなかった。
わしにとって日東電工スーパー布テープは神様だったからだ。
近寄りがたい、神聖な存在。
お布施します。
ちゃんと買わないとだめだよ。
アイドルは神聖であり、親衛隊は抜け駆け禁止。その心理に似ている。

しかし今回、きっかけがあり、
わしはついに日東電工さんの社員さんとお会いした。
神々しい「Nitto」の文字のあるお名刺をいただいた。
主はきませり。
[PR]
by syun__kan | 2014-02-02 18:59 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧