<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2006年のピンボール
f0177496_229686.jpg

写真は、2006年3月。多摩美術大学の卒業式で、
写っているのは彫刻学科諸材料専攻の卒業生。
あたりまえだが、左から3番目の白い人物がわし。

どうしてとつぜんこの写真を載せたかというと、先日、2006年3月卒業の彫刻学科生の同窓会があったからだ。
当時の彫刻学科には、諸材料の他に、木彫、石彫、塑造、金属の専攻があり、
卒業までこぎつけたのは全部で29人。
このうち、20人弱くらいかな?新宿のイタリア料理に集まっていた。

わしも終業後の金夜に参加し、しゃべって飲んだ。
とても楽しかった。はずだが、
抱いた感想は、
「やっぱりこの集団には馴染まないな!!」
というもの。

これで良いのだ。
みんなのことが嫌いなわけではない。
わしは学生当時から、はねっかえりだった。今になると、そう思う。
単に社交性が無かったというのもあるけども。

当時イケイケだった村上隆さんのフラットな作風に対して、めのかたきのようにしてはねっかえっていたし、
かといって、ドドドドド!!!ギュイイイン!!!という爆音を立てながら、
粉まみれになってひたむきに素材に向き合う、いかつい同級生たちの職人のような背中にも共感できなかった。
その結果、新聞紙をガムテープでモショモショ巻くことになる。
合同講評で教授陣の前で、幼虫から成虫に衣装を変えながらダンスしたこともある。
ピンボールのようなはねっかえり。

多摩美の良いところは、そういったはねっかえりに対し、「ダメ!」と押さえつけないこと。
「イイネ!」とも言わないけどね。
良いでもだめでもなく、ただ、やらせてくれる。
安心してはねっかえらせてくれる。
これが、実は多摩美の教育力なんじゃないだろうか。

多摩美の卒業生は一匹おおかみが多く、母校を顧みない傾向があると、校友会の人が言っていた。
ホームカミングデイ的なイベントにもあんまり来ないと。
そうかもしれない。はねっかえりだからみんな。
でももう少し、母校に感謝してもいいかもね。
不良でも歳を取ると親に感謝したりして、ガキの頃は迷惑かけた~みたいなラップを歌ったりする。

はねっかえった結果、わしは卒業式で、彫刻学科の卒業生を代表して(マイケル・ジャクソンの姿で)壇上で卒業証書を受け取った。
先生方は最後にイイネ!ボタンを押してくれたのだ。
これは何年経ってもわしの誇りであり自慢話である。
あの素晴らしい29人を代表できたというのは。
[PR]
by syun__kan | 2014-09-30 23:01 | 日記 | Comments(0)
実家の犬
「大味」というと良くないニュアンスが含まれ、
「ダイナミック」といえば、どちらかというと良いニュアンスを感じる。

では実家の犬をどう表現すればよいか。
砂ぼこりを巻き上げ飛びつく愛すべき鉄腕雑種、その名は「サリー」。

大味(おおあじ)は読み方を変えると「だいみ」と読める。
なんとなくダイナミックに響きが似ているから、
混ぜてしまおうか。
「大ナ味」と書いて「だいなみ」と読む。
悪くないね
ベストな案ではないけど、これでいいかな?
今日しか使わないしね。
じゃあ、可決ということで。
実家の犬は、大ナ味である。

どうしてそう思うかというと、ふだんアパートで飼っている犬の「ハル」は、
血統書付きの小型犬ミニチュアピンシャー。
しつかっている訳ではないけど、
暴れたとしても所詮4キログラム。
ちょこまかしている。
いきがっても、吠えて見せたりしても、
ミソッカス感が漂う。
そこが可愛い。
一緒に布団で寝たりなんかしてね。
人間が持てば浮き上がるし、クルッとすれば転がる。

しかしサリーは、そんなんじゃない。
もっと大ナ味に飼われている。
というか実家の周辺では、犬っていうのはもっと大ナ味に、適当に飼うものである。
中型犬で雑種で、
外の犬小屋で四季とともに過ごし、
だいたい朝の散歩と餌やりが人との関わり。
救急車に吠え、
朝はワオワオ言って散歩を催促し、終わったらジョッポジョッポ水を飲んで笑う。
久々に会うと、普段「ハル」と接しているためか、
やたらと大ナ味に感じる。
こないだ実家に行った時もそう、

躍動する筋肉、
鎖の音がジャラジャラジャラン!
犬小屋から這い出して突進、
舌ダランダラン!!
乾いた砂によって立ち上る煙幕、
「ひー!!」と前足を上げ、わしに足型のスタンプを押す、
「さーしー!!」おなかの毛が薄い部分に乳首が見える、
わしは「はいはいはいはい!」と言って首をわしわしわしわしと掻き回す、すると
ズドーン!と倒れて「ぶーりー!!」と腹を見せる、
そのまま「はいはいはいはい」と首を掻き回すわし、
サリーは「へっへっへっへ!」と言って尻尾をぐるんぐるんぐるんぐるん、
その手を放す、その瞬間ぐるっと起き上がってまたドーン!と飛びつく、
立ち上る煙幕、わしは「あいしゃいしゃいしゃ!」とサリーの頭と肩を掻き回す、
股でサリーの上半身を挟んで「さりさりさりさり!」と言いながら背中を撫でる、
頃合いを見計らってサリーの鎖の届かない範囲に飛び退く、
再びのドーンは鎖によって阻まれる、
わしは「じゃね!!おしまい!!」と言ってズボンのほこりと大量に付いた犬の抜け毛をはたく、
家に上がってキレイキレイで手を洗う。

こんな感じ。かわいいよね。
[PR]
by syun__kan | 2014-09-22 19:32 | 日記 | Comments(0)
戸坂明日香氏、ラジオ出演
http://www.tbsradio.jp/yumeyume/2014/08/post-176.html
f0177496_225388.png

わしの終生のライバル、
戸坂明日香氏
が、活躍中の復顔師としてラジオ出演なされた。

…くやしい。
これから彼女はもっとブレイクするのだろうか。
復顔…なんてニッチなツボだろう。
絶妙に、興味深く、前例が無いジャンルだ。
世の中的に、とても悪くないと思う。
やりやがったな…
未知の領域を探求する美人女性復顔師というわけか。
そう、彼女のパーソナリティは、当然だが、ラジオでは伝わりきらない。
わしが言うのも失礼だが、戸坂氏はビジュアルも良い。
映像媒体でもっと紹介されて良い。
紹介されるべきだ。
そういうのを彼女が望んでいるかはわからないが…
彼女の人間性は本格派である。
うわついたところが全く無く、
誤魔化さず、ハッタリもない。
(わしの作品なんて、ある意味、ハッタリを山のように積み上げたようなものだ)
わしと比較して、遥かに肝が据わっている。

良い刺激をありがとう。
そして、こんにゃろめ。
[PR]
by syun__kan | 2014-09-18 22:00 | 日記 | Comments(0)
リカーちゃん
「無いなら無いで何とか成る」というのは、
人生の一つの側面といえる。
頭文字を取って略して4N。
最近の4Nはそう、もちろん、お酒。

妊娠中から禁酒している奥さん。
もう一年半になるか。
わしは原則的には飲んでよい訳だけど、
家で、禁酒している奥さんの前でビールをプシュッと開けるなんて…そんな危険なこと…できない…。
よって家では飲まない。

職場の飲み会では、さすがに飲む。
でもそれも年に何回か。
家に帰ってべろべろな姿を見せるわけには行かないので、セーブする。
「このあとなんにもなし!どうにでもなれ!」
と思えないお酒は美味しさが半減する。

加えて…これはあまり好ましいとはいえないかもしれないが、
わしは友達づきあいがあまりなく、友人と飲みに行くとかの機会は、まずない。

まあ、もともとわしはお酒は、あまり強くない。
缶ビール2本もいただけばそれでフラフラ。
それに、「しらふで酔えてこそアーティスト」という意識もある。
だから、無いなら無いでそれでよい。
以前は週に二缶くらいビール飲んでた気がするけど、この一年半は4N。

奥さんも基本的には4N。
「飲みたい」などとは口にしない。
ただ、時々、押さえつけているものの重さを感じる。
花見の時期に、ふと

「…来年はビール祭りだな…」

とつぶやいたりする。
あわわわわ。
わしは、一年後くらいに、ボリさんが卒乳し、
わしらがお酒を解禁するところを妄想する。

サカガミに行こう。
サカガミは、近所にある、西友よりもワンランク上のスーパー。
そこのいろんなあるビールを全種類買おう。
なんちゃら高原ビールとか、
ロベスピエールとかヒューガルデンとか。
奥さんは日本酒を買えばいい。
いつもつぶやいてたやつ…わしはよく知らないけど、はっかいさんとか?だっさいとか?
全種類買えばいいよ。
ウコンの力も必要だ。
わしはこれさえあれば、二缶でフラフラなんてことにはならない。
奥さんにも飲ませよう。
ブランクは心配だ。
つまみは…これは西友でいい。
西友の100グラム147円のステーキ肉を買おう。
それで、しょう油酒みりんでステーキ丼を作ってあげよう。
食べながら飲もう。
食べ終わったら…
オイルサーディンだな。
しょう油を垂らして火にかけたやつを食べよう。
他はピスタチオかな。
あとは何がいい?

「オリーブとチーズの味噌漬け」

とのことでした。
[PR]
by syun__kan | 2014-09-16 22:39 | 日記 | Comments(0)
アーツ前橋「プレイヤーズ」展
アーツより写真をいただきました。
撮影/木暮伸也
f0177496_21454452.jpg

f0177496_21372799.jpg

f0177496_21401124.jpg
f0177496_21413267.jpg

アーツ前橋にて開催されていた「プレーヤーズ」展が本日終了しました。
「大人魚姫」にプラスし、後ろの壁にはワークショップ「彫刻1000体ツクルンジャー」で参加者様が作った作品写真、
さらに関口が小学3年生の夏休みに初めて作った新聞紙ガムテープ工作である「ステゴザウルス」も展示されていました。

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by syun__kan | 2014-09-15 21:51 | 作品写真 | Comments(0)
短編『概念としての髪型』『メガネ』
『概念としての髪型』

31年生きたが、自分に合った髪型というのは、いまだにわからないものだ。
学生時代は、脱色したりパーマ当てたり、いろいろやってみたものだが…
これだ!という髪型には、なかなかたどり着かなかった気がする。
今では、髪型そのものに、もう興味なんて無くなってしまった。

これはもう、合う髪形が見つからないというより、
「髪型」という概念そのものが、わしに合わないのだろう。

しかしながら…

興味無いのに、何らかの具体的な髪型を、頭に乗せておかなければならないのが、髪型というものの不条理な点である。

例えば、煙草に興味が無いなら、ライターを所持する必要はないし、
アクセサリーに興味が無いなら、ピアスなんてする必要は無い。
でも、髪型については、例え興味が無くても、「いらん!」という訳にはいかないのだ。
何らかの髪型を打ち出さなくてはならない。

サム・フランシスが「具象を描け!」と命じられているようなものだ。
f0177496_21522831.jpg


いっそのこと、わしの髪型は「無」にしたい。
「無」とは、スキンヘッドではない。
スキンヘッドも一つの髪型である。
そうでなくて、ここで言う「無」は、ビッグバン以前の「無」…
そこには空間も、時間も無い。
そういう状態を、頭に乗せて歩くことはできないだろうか。
それが無理でも、せめて抽象にしたい。
抽象的な状態を髪型にしたい。




『メガネ』

わしの安物のメガネは、いつの間にか細かい傷だらけになってしまった。
何だかもう、常にくもって見える。
奥さんから、

「レンズがプラスチックのメガネは、拭くと傷がつくから、洗ったほうがいいらしいよ」

というアドバイス。
はあ、そうだったのか。
全然知らなかったなあ。今まで何度も拭いてきてしまった。

そう思って、わしは水道にメガネを持っていって、
レンズを水で洗って、
濡れたので、
拭いた。

あれ?
[PR]
by syun__kan | 2014-09-08 21:59 | 日記 | Comments(0)
記事掲載のお知らせ
f0177496_14451137.jpg

f0177496_14454357.jpg

優れた図工・美術の教科書を出版する、日本文教出版社より、
全国の小・中学校の図工・美術の先生方を対象に、
無料で配布されているという図工・美術の情報誌「形 forme」9月号に、
4ページにわたり関口の記事が掲載されました。

7月のアーツ前橋での搬入の際に、確か3時間近くインタビューを受け、
こんなにみっちりしたインタビューは初めてだ!と思いつつも、
そこは一応アーティストですから。自分語りはもっとも好きなことですので。
とりとめないながらも幸せに語らせていただいた。
こんなにとりとめのない話をどうするんだろう?と思いもしたが、
そこは、図工・美術教科書で最大シェアを誇る日本文教出版社様。
非常に質の高い記事・誌面に仕上げてくださった。
写真もカッコイイ。

他の記事も、素晴らしく示唆に富んでいて、これが無料!?という感じ。
ちなみにわしの職場の特別支援学校は、いわゆる検定教科書を使用していないため、
この機関誌は配布されてこないのが残念だ。


f0177496_1514451.jpg

もう一点は、講談社より出版されている「たのしい幼稚園」10月号。
この中の、保護者向けの冊子と思われる「にこにこパーク」内の絵本紹介のページに、
小さくわしが登場し、
子どもの頃の読んでいた絵本の紹介や、自分の工作本の紹介をしたりしている。
完成誌を一部いただいたが、
プリキュア、仮面ライダードライブ、チャギントン、だめさぼ~んのサボさん等が溢れかえる内容に、
懐かしさを感じつつ、
我が家ももうすぐこの中に突入するのか…と、ボリさん(0歳9ヶ月)を横目に思った。
ボリさんは「ふろく」のドーナツ型のケースを噛んでいる。
[PR]
by syun__kan | 2014-09-07 15:20 | 日記 | Comments(0)
天馬
f0177496_21271667.jpg

神商品「スーパー布テープ」の生みの親、
日東電工様より、光栄極まりない制作依頼。
愛知県豊橋市の日東電工様の事業所に展示していただけるとのことで、
今年(2014年)の8月初めに制作した。
日東電工様の今年のスローガンである「翔ける年」を表す、「天馬」。
高さは160センチほど。
1週間くらいかけて、狭い自宅で作った。

「4日くらいでできるでしょ」
と思い、始めたが、甘かった。
赤ちゃんのいる自宅では、奥さんもいるとはいえ、何度も仕事を中断される。
そもそも、わしの言う「4日」とは、朝から晩まで、12時間ぶっつづけで制作した学生時代の勘定方式。
そんなことはもうできないのね、と実感した夏休みでもあった。

f0177496_22335483.jpg

先方に提出したスケッチ段階の天馬。


f0177496_21285759.jpg

部屋から運び出される天馬。


f0177496_21393720.jpg

運送屋さんに運ばれる天馬。


f0177496_21461188.jpg

トラックに積まれる天馬。
さようなら。
[PR]
by syun__kan | 2014-09-02 21:49 | 作品写真 | Comments(0)
復習問題
「けんかはやめなさい」
「仲良くしなさい」
「相手の気持ちを考えなさい」
「順番を守りなさい」
「うそをついたらだめよ」

等々・・・

小さい頃はよく言われたものだ。
周りの大人に。

大人になってみて、びっくりしたのは、
大人が、ぜんっぜん!それらのルールを守らないこと!
笑っちゃうくらいに!
あーっはっはっはっは!!

上手になっただけである。
子どもが、だばだばとけんか等の状況を周囲に撒き散らしてしまうのに対し、
大人は上手にけんかし、うそをつき、順番を守らなかったことは上手にごまかす。
変わったのは、そういうことだけ。

はい、そこで復習です。
上記のような文章があったとします。

その後にどう続けますか?

「ああ、人間はなんて愚かで救いようがなくどうしようもないのだろう」

と続けることもできる。
しかしわしは、そうやって簡単に終わらせたくない。
美空ひばりのように、「人は可愛い、可愛いものですね」と歌えるようになりたい。

この間、生後8ヶ月のボリさんを、バーベキューに連れて行った。
奥さんの友人の旦那さんらが主催で、
その友人や子どもが40人ほど集まっていた。
一人で新聞にガムテープを巻くことをレジャーとしてきたわしにとっては、
CMやミュージックビデオの中の休日の過ごし方のように感じて、クラクラするほどに異文化交流だった。

ブルーシート上で、ボリさんは、生後10ヶ月のNちゃんに近づき、
Nちゃんが持っている車のおもちゃに手を伸ばした。
おもちゃを互いに握り、引っ張り合う二人。
そしてボリさんが打ち勝ち、おもちゃを奪った!
泣き出すNちゃん!
それに驚いて(自分が奪ったのに)泣き出すボリさん!

わしはこれだ!と思って感動した。
これが社会、対人関係の原点だ。

家でボリさんは(Nちゃんも)親に基本的に世話され、自分の希望がだいたい通る。
しかし世の中は!競争なのだ。一つのおもちゃを奪い合うのだ・・・
自分と相手の利益がぶつかありあったりするのだ。
それでも折り合いをつけ、仲良くやっていくのだ。
その矛盾が、深みになるのだ。
逆に面白いのだ。
アートにもなるのだ。
そういうことを、わしはボリさんに伝えていかなくてはならない。

なので、さっきの文に続ける言葉は・・・

「でも、すべては愛で包み込める」

と、解答欄に、わしは記入しておくよ、とりあえずな。
[PR]
by syun__kan | 2014-09-01 22:16 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧