<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
松山所感
f0177496_2372557.jpg

f0177496_2373861.jpg
f0177496_23811.jpg

帰ってきてからも息つく間もなく忙しかったので、松山に行ったのも一週間前になってしまった。
錠剤が水に溶けるようにいろいろな細かい記憶は消えてしまったが、
しかし色水が広がるように印象として残っている。

たったの一泊二日であったが、非常にめまぐるしく、いろいろなものが目の前に提示された。
一時間に一つは変なもの、興味深いものが現れる感じ。
そこに共通項として浮かび上がるのは郷土愛だったか。

坂の上の雲ミュージアムにいた、秋山好古のコスプレをしたボランティアのおじさん、
三角形の安藤忠雄建築は昨年訪れた秋田県立美術館と正直いっしょ、
今治タオルなど愛媛の特産工芸品を集めた非常にオシャレなお土産屋、
バリィさん、
みきゃん、
砂絵のアーティストさん、
理系女子、
コンテンポラリーダンスをやっている人、
仕掛け時計、
道後温泉、
道後温泉脇から突如噴出する霧のアート、
自然派のとろろごはん弁当、
芋煮、
じゃこ天、
小さな貝、
ガリガリ君サワー、
長なすの話、
ポンジュース、
ポンジュースをお母さんが作っていたという人、
ポンジュースのTシャツ、
坊ちゃん、
マドンナ、
母の友人だという人、
その友人の美術研究所をやっているという人、
粘土で小さなうさぎを作っているという人、
よさこいを踊る人、
ハリケーンポテト、
ずんだもち、
ホテルの社長さん、
愛媛新聞社の方、
朝食バイキングにお好み焼き、
愛媛大学のキャラ、
みかんパンとみかんごはんの話、
話し合うサークル、
農業機械の会社に就職して一年目という人…

それらに目を回しながらも何とか終えたワークショップ、
フラフラになりながらお茶を飲んで休憩、
そこに学生さんが持ってきてくれたまんじゅうに何か顔がプリントしてある。
「ほらこれ、ユダマンですよ」
f0177496_239212.png

ああ、またなんか来た!
バリィさんもみきゃんも愛媛大学のキャラもいるのにまだ何かいるのか!
キャラ多いな!愛媛!

それらはやはり、郷土愛の発露なのだろう。
人文や薬学などいろいろ勉強した末に、外国人観光客に松山を紹介するため、英語を勉強しているという同世代の青年にも会った。
すごいなあ、そこまで郷土に想いがあるというのも。
確かに、松山はすごく良いところだった。
道後温泉は、わしが今までに訪れた日本の観光名所の中でトップクラスの、
素晴らしくわし好みのプレイスだった。し、
気候は温暖、坂の上の雲の冒頭に描かれるとおり優美な松山城、
果物がたくさん実り、海産物にも恵まれ、
人は穏やか。
愛される理由は、よく分かった。

わしも故郷グンマを愛してはいるが、
結局のところ全てにおける発信地である東京に自分を提出し、
どこまでやれるか実験しているわけだ。
もちろんわしはこれで良い。
と思いながら、帰ってきて、みじんも穏やかでない品川駅のごちゃごちゃに入っていく。
郷土のために働こうとも、自分をどこまで広げられるか試そうとも、
それぞれに燃焼すればよい。
世の中の中心であるべきは、ロマンスグレーではなく、わしらであるべきなのだから。
f0177496_23134993.jpg

さーて来週は、北海道に行かねばならぬ。
そのために作った150センチのぶんちゃん。
[PR]
by syun__kan | 2014-11-30 23:14 | 日記 | Comments(0)
『一遍10メートル伝』
愛媛大学と松山大学の連携事業、SENSEさんという団体からのお招きで行ったワークショップで、
学生さんや近隣の方々と制作。
f0177496_948365.jpg

f0177496_9484567.jpg
f0177496_949496.jpg
f0177496_949241.jpg

一遍上人が道後温泉に浸かる様子を表現。
どちらも松山のシンボル。
取り急ぎ、写真まで。
旅行記的なものも近々書きたい。
[PR]
by syun__kan | 2014-11-25 09:52 | 作品写真 | Comments(0)
恐怖
だいたいにおいて、ワークショップというのは恐怖だ。

普段の授業であれば、ある程度、いろいろなことに対して予測がつく。
参加者の顔もわかるし、こう投げかければこう返って来るということも予想がつく。
活動場所の状況、どこに何があるか、
スタッフさんのレベルも。

しかしだ。年に何度か依頼を受ける、各地でのワークショップというのは、
一回限りの一発勝負。
場合によっては、初めて行く場所で、
初めて顔をあわせる参加者、初めて接するスタッフさんとの活動となる。
果たして計画がうまく転がるかどうか・・・

昨日11月23日と今日24日は、なんと愛媛県松山市、松山大学において、
主に学生さんを対象としたワークショップにお招きいただいた。

22日、わしは職場の学校行事で疲れきり、23日は4時半に起床して電車、飛行機を乗りつぎ、
初めての四国、初めての愛媛に単身降り立つ。

坂の上の雲ミュージアムを見学した後、徒歩で会場となる松山大学に向かう・・・
以前は奥さんが補助として同行してくれたものだが、
現在は子育て中なので、わし一人。
松山大学さんは芸術系ではまったく無い。
わしにとっては未知のフィールド。
アート界の住人であるわしにとっては、いわば完全アウェイ。
「ブルータス」といえば石膏像ではなく、ファッション雑誌のことであるとおそらく想起するであろう人たちと、果たして話が出来るのだろうか?!
果たして「芸術系でない大学生」というのはどんなものなのか?
つのる不安!
恐怖!

その時浮かんだのは、なぜか三宅感君の顔。
高崎の美術予備校時代からの親友だが、
おそらくライバルであるからか?普段はほとんど連絡を取らない。
しかし、彼に触れれば、わしはいつでも、

「やらねば!」

と覚悟が決まる、
わしにとっては興奮剤のような存在である。
学園祭が行なわれている松山大学のキャンパス内で、思い立って、突如彼に電話した。

「もしもし」

「あ、もしもし、関口です。三宅さんですか?」

「ああ、久しぶり」

「(かくかくしかじかで)、今ものすごく不安なんだけど、励ましてくれないだろうか」

「え?」

「がんばれ!とか」

「じゃあ・・・がんばれ」

「お前ならできる!とか」

「お前ならできる」

「なんか声が弱くないか?」

「いや、昨日まで風邪引いちゃってさ」

「そうだったの?大丈夫?がんばってよ!」

「やあ、でもまあ、ほんとがんばってよ!」

「わかった、ありがとう。がんばるよ。じゃあ、そうゆうことで、以上でした。
じゃあどうも、はい、またー。失礼しますー」

ということで、三宅君から元気のようなもの。
元気のようなサムシングをもらったわしは、「一遍10メートル伝」というタイトルのワークショップで、
道後温泉に浸かる一遍上人をみんなと作った。
f0177496_849364.jpg

今日、仕上げます。
がんばるぞ!!!
[PR]
by syun__kan | 2014-11-24 08:49 | 日記 | Comments(0)
短編集・台所
『ピーラー』

ピーラーが好きだ。
包丁より簡単に皮を剥ける。
にんじん、ジャガイモはもちろん、
りんごや梨までも、わしはピーラーで剥く。
無理して包丁の技術を上げようなんて思わない。
ピーラーでいい。
ピーラーは包丁の技術不足を補うものだなんて、わしは思わない。
ピーラー、わしはピーラーが、
ピーラー君が好きなんだ。
包丁で剥くのは大根だけだ。

だがしかし、ピーラーはよく無くなる。
洗って、水切りかごに入れて、
その後収納する場所がいつもまちまちなためかもしれない。
使おう、と思ったときに無い場合が多い。
そんな時、わしはマイケル・ジャクソンのスリラーのメロディーで、

「ピーラー。ピーラー無ーい」

と歌う。








『アサリ』

今日はアサリを塩抜きしようとして、
ボウルに塩をドスッと入れて水を入れて、かき回した。
どのくらいの濃さになったかな?と思ってちょっとすくってなめてみたら、
甘い。
砂糖を入れたらしい。
危なかった…
味見してよかった。
もしアサリを入れてたら、

「…は?」

と思われながら、死なれるところだった。
[PR]
by syun__kan | 2014-11-18 22:02 | 日記 | Comments(0)
オン・ザ・フロア
迫り来るボリさん。
わしのメガネが狙われている。
床に寝転がっているわしのメガネが狙われている。
赤ちゃんはどうしてこう、メガネが好きなのか。
しかしわしも対応する。
顔めがけて伸びてきたよだれに濡れた手を、かわして、
「んー」
の声と共にくちびるで甘噛みする。
そして
「んまっ!」
の声と共に離す。
「むきゃー」
と笑うボリさん。
再び伸びてきた手もまたかわし、「んーーーまっ!」とその手を甘噛みして離す。
笑うボリさん。
この「噛んで離すムーブ」は、先週開発した。
航空祭でレジャーシートに座っているとき、開発した。
ボリさんが持ってかじっていたペットボトルを、わしが口で甘噛みしてひっぱり、
「んまっ!」
と離すと、ボリさんが大ウケ。
「まさか大人が、わたしの持っているものを噛んで引っ張るとは!大人がそんなことするとは!」
という感じ。
ウケたので、繰り返す。
「んーーーーーーっまっ!」
爆笑するボリさん、その様子を奥さんがスマホで動画に撮った。
しかしわしはその映像を見てがっかりする。
目を見開き、ペットボトルめがけて口を開いて、パクッと噛もうとするわしの横顔が、
想像していたよりずっと気持ち悪かったからだ。
コイのようだった。
でも気にしてはいられない。
ボリさんと遊ぶときは、ボリさんが楽しいことが最優先事項だ。
気持ち悪くてかまわない。
そういう所信で、今もメガネを掴もうとするボリさんの手を甘噛む。
するとボリさんは、指を曲げ、
多忙さによってできたわしの下くちびるの口内炎を的確にガリッとする。
「ギャイン」
と言ってのけぞるわし。
ふいに視界が黒くなる。
ミニチュアピンシャーのハルちゃんが、嫉妬心からわしとボリさんの間に割って入ったのだ。
わしの口をブシュブシュと舐める。
もうすぐ生後11ヶ月のボリさんと、犬のハルちゃんは、とても良い友達関係を築きつつある。
ボリさんはメガネからも甘噛みからも気が逸れ、ハルちゃんの背中をベシベシと叩く。
そのまま立つ。
つたい歩きは2ヶ月前からバリバリにやりまくっていたが、
最近は掴まらずにすくっと立つようになってきた。
それにしても、赤ちゃんのこの、とにかく何かをやろう、
やりたい見たい、できるようになりたいという、
前進性は、感動する。
ドゥーサムシング!!
疲れてなるべく動きたくありませんといった体のわしから見ると、その前進性だけでも充分に感動に値する。
そういえば昨日はついに、一歩あるいたのだ。
何も掴まらずに立ち、そのまま一歩。
ついに一歩を踏み出したよ。何も教えてないのに…。
すごいなあまったく。
今も、すくっと立ったボリさんを見て、
わしは反射的に秒数を数えている。
今までわしが見た中で、掴まらずに立った最長記録は19秒である。
それを超えるか…
しかし足元をハルちゃんが横切ったことでボリさんは3秒でペタンと座る。
ハルちゃんがうなぎのおもちゃを噛む、ボリさんはそれを見る、
二人はうなぎのおもちゃを取り合う。
しかしそれほど身が入らないボリさんはすぐハルちゃんにうなぎを受け渡してしまう。
「もっとがんばりなよ。こうだよ」
と言って、わしは這ってハルちゃんの噛んでいるうなぎのはしっこを噛む。
ハルちゃんは、
「まさか人間がこんなことするとは!大の大人が!」
という感じで驚き、パニックになっている。
「ウウウウ」
と、うなってみせるわし。
その間にボリさんはつたい歩きしてゴミ箱を倒しにいく。
このように綿々と遊びのようなサムシングは続く。
[PR]
by syun__kan | 2014-11-09 22:14 | 日記 | Comments(0)
こまごました制作物
f0177496_21233267.jpg

こちらはぶんちゃん。
北海道新聞のキャラクター。

どうしてまたこれを作ったかというと、12月に北海道で北海道新聞社様主催のワークショップをするから。
その準備物として依頼されたので制作。

f0177496_212658.jpg

こちらは「サンズ・アライブ」で作った、水浴びするサイ。
「サンズ・アライブ」とは、タカラトミーから新発売のおもちゃ。
触るとふわふわで、すごく気持ちよい、砂浜の砂を細かい粒子にしたような…
新しい感覚の素材だった。

これをケーブルテレビで紹介するため、
アーティストがこれで何か作っているところを映像に撮りたいとの依頼を受け制作。



どうよこれ。
今年はこのような、いろいろな依頼を受けての小規模な制作が多い。
アーティストとして、どうなんだ?
本当に自分の作りたいものを作っているのか、関口は?

とも思ったりもしたけど、こうした諸々の機会にたくさんの職種の方々に出会い、
仕事ぶりに触れ、
お話を聞けるのは、やはりありがたい。
自分の幅を狭めたくないので、時間と体力のゆるす限り、
あと奥さんのゆるす限り、何でも作ろう。
作るぞ。
と思い直した昨今。
[PR]
by syun__kan | 2014-11-09 21:41 | 日記 | Comments(0)
スワリの森(作者光臨)
f0177496_2154514.jpg

親サイ。



f0177496_2281027.jpg

子サイに座るボリさん。
子サイは、耳が片方取れていた。
新聞紙とガムテープを持っていれば直せたのだが。



f0177496_2293883.jpg

切り株イス。



f0177496_22124879.jpg

巻いた新聞の渦巻きで年輪を表現しているよ!
人間が木を切ってパルプにして漉いてせっかく作った紙を、再び木にしてやったのさ!



貧乏暇無しで、ひょっとして期間中一回も行けないかも知れないと危惧していた、
東京ミッドタウンにおける「スワリの森」に、
何とか今日行くことができた。

奥さん、ボリさんと共に、入場1時間待ちのティム・バートン展を観た後、ASクラシックダイナーのハンバーガーをテイクアウトして会場に向かった。

ウッドデッキで食べる最中、スワリの森の会場が遠くに見える…
わしの作ったサイが見える…
子どもたちが次々に飛び乗っている。
わしが練馬区の秘密基地でちまちまちまちま作っていた工作物が…
構造から何から、全部一人で考えてこさえた物が。
天下のミッドタウンにおいて、ちゃんと出し物になってる…
人々を楽しませている。

感動だ。
いや、毎回、どこかに出品して作品が人目に触れるのを見るのは感動するけど、
今回ほど、人(特に子どもたち)が、ダイレクトに楽しんでくれているのを目にすることは今まで無かった。

アメリカントラディショナルのイメージを美しく立体的に忠実に具現化したベーコンチーズハンバーガーをストマックという名の地獄の沼に叩き落してから、いよいよ会場の芝生広場に入る。
近づくと…関口作品、だいぶ痛んでいる!!
ぼろぼろだ!
雨天時や夜間はカバーがかけられているが、何しろ3週間、屋外にさらされていた。
そして今も、ひっきりなしに人が座っていく。
今までに何人の人を乗せたのだろうか?
それでも意地でも倒れないとばかり立つ新聞紙とガムテープのサイ…

これは親バカである。ことは承知で、美しかった。
ケースに入れられて大人にうんちくの肴として眺められるより、子どもに飛び乗られてぼろぼろになる方がわしは好きだ。

完成したときは、不安だったのである。
強度には自信があったが、作品の魅力として。
鈴木康広さんはじめ、一流のクリエイターのワークスに混じってこのサイが、果たしてミッドタウンで通用するか。
人を喜ばせられるのか。
もう少し数をたくさん作ろうと思ったが、内部構造が時間かかってサイ二匹と切り株一つしか作れなかったし…

でも大丈夫だった。
何とか合格点は出していた。
「わしが作った!」と大声を出したいのを押さえて、他のお客様方と同じように、自分のイスや他のイスに座る。
ボリさんもサイに座るとペチペチ叩いて喜んでいた。

明日一日で、展示は終了。
お疲れ様でした。
[PR]
by syun__kan | 2014-11-02 22:26 | 作品写真 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧