<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
今年印象に残った作品5点。2014
毎年恒例、
になりつつある、その年に鑑賞した作品を5点挙げて振り返る日記。

「未知との遭遇」/スティーブン・スピルバーグ監督
f0177496_2242041.jpg

お父さんの暴走を描く映画。
車に乗っていて、光に包まれ、車ごと捉えられ、ぐらぐら揺らされたりした体験以降、
未確認飛行物体に異常に執着し、
夕飯のマッシュポテトで変な山を作ったり、
家の中に土を持ち込んで変な山を作ったりし、
家族に「もう相手してられないわ!」出ていかれるお父さんをつぶさに描く。

そうこうしているうちにお父さんは未確認飛行物体がやってくる場所のヒントを掴み、
近づいて行って、
異星人と一緒にUFOに乗ってどこかへ行ってしまう。

こんなパパ大暴走映画を見ながら、今年は始まった。
生後すぐのボリさんを寝かしつけつつ。

「仕事も家庭もすべてかなぐり捨てて追い求めたいものってあるよね。
でももう、さすがにそっち側にはいかれへんわ」

と思った。
前なら、これ見たら少しフワッとなってたかもしれない。



「グッドラックららばい」/平安寿子
f0177496_2285344.jpg

こちらはお母さんが暴走。
信金に勤める過度に倹約家の夫と、娘二人を残し、
家出し、20年帰って来ず。
そのことによる一家の苦難を描く…のではなく、
意外と平気に、勝手に生きていくそれぞれの、見事な自由、というか勝手っぷり、
そしてなお家族が崩壊しない様子を描く。

この物語の感想をネットで見ると、見事に二手に分かれていた。

「痛快!」というものと、
「勝手すぎてイラッとした」というもの。

その差は、人それぞれの家族観によるのだろう。
わしはと言えば…非常に楽しめた。
というか、今年最大のヒットだ!ものすごくおもしろいよ!!
人は人。
自分はあいつのものではないし、あいつは自分のものではない。
この原則は非常に重要だが家族内においては軽んじられることが多い。



「どきどきフェノメノン」/森博嗣
f0177496_2211133.jpg

理系の作家として、スカイクロラ等のクールな小説や、
高度なミステリ小説で有名な森氏が、
理系の女子大生を主人公に据え、
その脳内をふんだんに、とことん、ブログのごとく暴走させて描写した作品。

関口はアート系であり、理系とはある意味真逆ではあるが、
マイノリティーの脳内構造を持つ者としては共通している。
だからそういう意味では、非常に共感した。

主人公も、わしも、物事の捉え方がいちいち、一般と違うのである。
それはときどき困ったことにはなるが、ある部分では非常に豊潤なことなのだ。
自閉症の人が自分の物事の捉え方を記した本も面白いが、
それに共通する面白さがあった。



「LOVE POWER PEACE(邦題:ライブ・イン・パリ’71)」/ジェームス・ブラウン
f0177496_2212959.jpg

ずいぶん前のことのような気がするが、今年の上半期にはかなり落ち込んでいた時期があった。
何とかして自分を発奮させようと、躍起になり、いろんなことをしたが、
音楽という部分ではこれをよく聞いていた。

ジェームス・ブラウンをまったく知らない方に、この方の特性をかいつまんで説明を試みると…

要するにこの方は、周囲のテンションを上げるとかではなく、
この方自身が、テンションの化身なのである。
テンションそのものであり、音楽そのものである、という印象を受ける。
曲の間のおしゃべりでさえ、口から発せられただけで何だか音楽になって行くのだ。

これによってのみ、落ち込みが改善したわけではないが、
JBの暴走するエネルギーは確実に自転車を漕いで通勤する関口に伝わった。



「もけら もけら」/山下洋輔・文 元永定正・絵
f0177496_22163419.jpg

ボリさんを遊ばせる児童館にて、
本棚に置かれたボッロボロになった本書を見つけた。
抽象形態の絵とともに、「もけら もけら」というような、
擬音語?擬態語?オノマトペ?のような言葉が連ねられている。
だけ。

ところがそれを、絵とともに読んでいくだけで、
あたかも音楽が刻まれていくような!面白さが現出するのだ!
これはさながら、ジェームス・ブラウン製造機。

強烈に惹きつけられたわしは、次回から児童館に行くたびにその本を探す。
しかし、もう見つからず!
コンディションの悪さから引退してしまったのか?もけらもけら!

図書館で探すが、置いてある館は意外と少ない。
ほっしいなあー!と思いつつも、例によって貧乏性で、購入はしない。
しかし奥さんが茶碗を割った機会に、amazonで買うということなので、
思い切ってついでに買ってもらう。
わーいわーい!

ついに「もけら もけら」を手にしたわしは、口でドラム音を刻みつつ、朗読して一人で盛り上がる。
た、楽しい…

学校に持って行って、機会を見つけて生徒の前で読み聞かせる。
楽しい。
自分が一番楽しい。
ひとしきり、自分で盛り上がった後、生徒の反応に目を向けると、

「確かに少し楽しい気がしたけど、今のは何だったのだろうか」

という表情だった。
暴走しない程度に、来年も楽しもう、関口。
UFOに乗らない程度に。
[PR]
by syun__kan | 2014-12-25 22:21 | 日記 | Comments(0)
ボリさん1歳
ボリさんは先日、概ね無事に1歳を迎えた。
奥さんが自主制作してプレゼントしたリュックに一升餅を入れて背負ったが、
特に泣かずに立ち上がった。
最近は、指差しできるようになってきて、
今日は奥さんに抱かれて散歩中、
上空の飛行機を指差し、「わーわー」言ってたのこと。
そして伸ばした手をにぎにぎしていたとのこと。
飛行機が掴めると思ったのだろう。

それを聞いて、わしは自分も似たようなことをしたことがあると思った。
今のボリさんより大きい、3歳前後のときだと思うが、
実家の前の道で、西の空に沈む夕日を見て、

「見えてるってことはそこにあるんだから、歩いていけば着くだろう」

と思い、夕日に向かって歩き出したのだ。
これは後で親に聞かされたから知ってるとか、そういうことではなく、自分の記憶として残っている。
「またまた光太郎は、何やってるんだか!」みたいな大人の反応に対し、

「なぜ止める?見えてるんだからいつか着くだろうが!
そんなことも分からんのか?逆に何言ってるんだ、大人たちは?」

という感情を抱いた、鮮明な記憶がある(もちろん今でもその思いは変わらない)。

ボリさんを見ていると、本当に素晴らしいなと感じる。
しかし何がそんなに素晴らしいのか?
それはやはり、未来がたんまりとあるからだろう。
来賓の市長代理のおじさんが、前途洋洋とか、無限大とか表現するような、未来。

今は2、3歩しか歩けないが、
そのうちボリさんはスタスタ歩けるようになるだろう。
その後反抗期があって、いろんなことに「イヤ」とか言うだろう。
そして保育園または幼稚園に入る。
小学校に上がって、分数とかやるだろう。
平行四辺形の面積とかを求めるだろう。
中学に入って、
思春期には「は?てゆかおやじまじうざいんだけど」とか言うだろう。
義務教育はそこで終わるから、その後の進学は分からないが、
まあまあ高校、大学?行くのかな。
私立きついな。
ちょいちょい恋愛をしたりしようとしたり甘酸っぱくなったりして、
ゼクシィを買ったり買わなかったりで、
そのうち所帯やつれして白髪が出たりするかもしれない。

普通だね。
それってこういっちゃ何だが普通だね。
何がそんなに素晴らしいのか?

でも、それってやっぱり素晴らしいと思う。
ボリさんはやっぱり、素晴らしい。

だから、そんな未来を生きている、わしだって素晴らしいんだ。
と思ったよ。
[PR]
by syun__kan | 2014-12-18 22:55 | 日記 | Comments(0)
2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて
前述の通り、文化庁にて、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて文化面をいかに盛り上げるかという会議に出席した。

ついに中央官庁にまで到達してしまったのか、新聞紙とガムテープは。
あるいはただの運命の気まぐれなのか。

しかしこの話をいただいて、わしにしかできないことがあるという使命感を抱いたのも事実。

大学出たばかりの、アートしか頭に無いでくのぼうが、
こうして曲がりなりにも社会人として育つことができたのは、
間違いなく特別支援教育のおかげ。
特別支援教育界がわしを受け入れてくれたおかげ。
勤めた旭出学園特別支援学校で出会った(現在も日々出会っている)、生徒たちのおかげである。

わがままにも、同時進行でアートをやらせてもらっている身として、
彼らに、特別支援教育界に、何か恩を返したい。
常々そう思っていた。

ラッキーにもオリンピック・パラリンピックに向けた文化政策に関われるかもしれないポジションに来られた今、閃いたのは…

彼らをはじめとする、日本中の子どもたちに、「自分はオリンピックに出た!」と思える体験をさせること。
傍観者ではなく、当事者になってもらう。
もちろん競技では出られない。
しかしオリンピックは文化・芸術の祭典でもある。
アートでなら、彼らに「自分はオリンピックに出た!」という気持ちを与えられるのではないか。

例えば、日本全国でワークショップを開催し、彼らの創作物を、
わしが一つの巨大なオブジェに集約させる。
それがもし、オリンピック・パラリンピックのシンボルとして大きく取り上げられたなら、
彼らは「自分は出た!」と思えるのではないか。
岡本太郎の「太陽の塔」を越える造形物を、みんなの手で…。

わしはこれ、本気で実現させたい。
久々に戦慄している。
まだ全然、具体的なところまで行ってないけどね。
[PR]
by syun__kan | 2014-12-17 22:22 | 日記 | Comments(0)
年末の風景
f0177496_21354777.jpg

12月12日、みちのくプロレス後楽園ホール大会。
リングに持ち込まれたイルカのオブジェ。

f0177496_2137092.jpg

奥さん、ボリさんと児童館に犬の散歩に。
丘に登る奥さん、犬は長いリードでフェードアウト。

f0177496_21382988.jpg

文化庁にて、オリンピック・パラリンピックに向けて文化面を盛り上げる会議に出席。
久々にインスピレーションが燃え上がる。
これについてはまた後ほど書こう。
[PR]
by syun__kan | 2014-12-17 21:40 | 日記 | Comments(0)
北海道の動画

[PR]
by syun__kan | 2014-12-10 22:23 | 日記 | Comments(0)
北海道にお礼を
わしは基本的に新聞を揉んでるだけなのだけど、
そのことが予想外に、様々なバリエーションのエピソードを生んでいく。
その様子や振れ幅を観察するのが、いつの間にか人生の楽しみの一つになっている。

この間の松山ツアーが、何が起こるかわからないマジカルミステリーツアーだったとすれば、
今回の北海道は寸分の狂いも無い豪華パッケージツアー。

北海道で圧倒的シェアを誇る北海道新聞社様の主催で、
司るのは天下の大手有名代理店(多摩美の卒業生からすれば、憧れの花形就職先)。
手配された飛行機はよくわからないけどエコノミーよりちょっと上、
ホテルのロビーにはシャンデリア、バスルームにはテレビが。

おかしいぞ…というか、笑える。
わしはあくまで、新聞を揉んでいるだけの男。どうしてこうなった?

一夜明けてのクリスマスオーナメントを作る工作教室は、イベント会社のスタッフさんがスムースに設営、
大型ショッピングモールの広場、きらびやかなツリーがそびえるふもとで
わしの作った150センチぶんちゃん等が飾られた舞台がスタンバイ。
音響さんがビートルズをサンプリングしたオシャレなクリスマスソングを流し、
司会のお姉さんが完全プロの台詞回し、
ぶんちゃんの着ぐるみもどこからともなく現れ、
照明に照らされたわしはインカムを付けて作り方の説明。
一時間強の教室を三回転させ、のべ200人以上の参加者様に体験していただく。
地元新聞社や地元テレビ局の取材、
各回終了後わしは、舞台上で本の販売&サイン会。

こんなに完璧にお膳立てされたイベントは初めてだ。
新聞を丸めてガムテープを貼っているだけなのに、雰囲気が華やいでいた。
おもしろいなあ…

いかなるシチュエーションでも、大人の事情がどう違おうとも、
子どもの自由な造形活動は普遍的な魅力を放つ。
f0177496_21471474.jpg

スタッフさんがラインストーンシール的なものを用意してくれていたので、
熱心に貼る子が多数。
それにより、不思議な魅力の作品が生まれる。
ドラえもん型雪だるまも、なんとなく異国情緒が漂う。
まあそれ以前に、ドラえもん型雪だるまという発想が素晴らしいけど。

f0177496_21512628.jpg

小さな男の子が作ったキカイダーは、
ケーブルテレビ等の発達で、世代間で鑑賞するキャラクターのギャップがなくなるケースがあること、
そして本物の芸術は年月が経っても人の心を掴めることを表している。
それにしても…
ざっくりしつつもすぐにキカイダーと分かる、
何ともモダンでハイセンスなデザイン。

f0177496_21561474.jpg

世の中の定型に捉われず、好きな色を選択し、ラインストーンシールを貼ることで、
サンタもだいぶイスタンブールな印象に。

札幌の皆様、素晴らしい創作、素晴らしい一泊ワークショップ旅を、どうもありがとうございました。
新聞を揉んでいるだけなのに、有名人気取りでサインなどした手前、
それに恥じないよう、今後とも頑張ります。

一世紀後も大芸術家として名を残したいとは言わないけど、
あの人は、アーティストだったけども世の中を嫌わず、世の中に対して誠実であったよね、
みたいなことは言われたいと思う。
[PR]
by syun__kan | 2014-12-08 22:09 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧