<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

だいたいわかった、ということについて

特別支援教育の情報誌から、図工・美術について、原稿依頼があった。
わしが職場の旭出学園ホームページで毎日更新している、
図工・美術作品紹介のブログを見てくださったとのこと。

たった1ページ分の原稿ではあるが、光栄な話だ。

以前、「特別支援教育研究 No.651」(2011年11月1日)にも実践研究を載せていただいたが、
こちらから投稿したものであり、
今回のように先方から声をかけていただくのは、さらに嬉しい。

というか、この展開を待っていた。
作品紹介ブログは、生徒のモチベーションアップ、保護者や社会への啓蒙、自校の宣伝、そのあたりを目的として実施している。
しかし、それで終わりではなく、
さらに、その先のサムシング(例えば今回の依頼のような)を期待した上での取り組みである。
それはもちろんである。

ちなみに作品紹介ブログを始めたのは今年の1月、
こういうのやりたいなと思ったのは昨年。
そう、こんな風に、なにかもっとこう、自分の仕事を面白くしたいなと、能動的に考えられるようになったのが、就職8年目だった昨年くらいからだ。

これと似たような感覚は、大学2年が終わり、3年になるときに感じた。
多摩美の最初の2年、わしは何も成果を上げられず、満足できず、
くすぶりにくすぶりまくって燻製となっていたが、
しかしながら、その2年で、このアート業界が、
こんな人たちが、こんなこと考えて運営しており、
現在こんな状況である。
ということが、

「だいたいわかった」

のである。
ちょっと偉そうな言い方をさせてもらえば、

「見切った」

のだと思う。
そうなってくると、
じゃあわしは、こうすればよいということが、おのずと見えてきて、
その見えたことを、後の2年はやりまくった。
新聞紙とガムテープを自分の武器としたのも、その流れの中だった。
うまく歯車がかみ合い、回り出し、
その勢いのまま、現在のような状況になっている。

「だいたいわかった」のなら、「こうすればよいということが、見えてくる」。
それができれば、人生は見違えるように面白くなる。
わしの特別支援教育美術担当教員という人生は、こうすればもっと面白くなるということは、
昨年くらいから見えてきたのである。

しかしながら、特別支援教育について、「だいたいわかった」などというのは、おこがましい。
非常におこがましいです。
しかし、仮にでも、ある程度見切らないと、自発性というのは何もスタートしない。
ひとつ、特別支援教育の奥深さに配慮するコメントをさせていただくとしたら、

アートは2年で「だいたいわかった」と感じれたけど、
特別支援教育は8年半かかったよ。

ちなみに、作品紹介ブログは、情報誌原稿依頼へとつながったけど、
もちろんまだ、ここで終わりではいやだ。
もっと何か展開が欲しい。
具体的にはまだわからないけど…
何しろ、特別支援教育のアートは、特別支援教育界に収まるものではない。
その魅力は、完全に世の中に飛び出していける面白さを秘めているからだ。
わしも、美術教育について、世の中に向けて言いたいことはいっぱいある。
まあ、いろんな思いを込め、可能性を期待して、コツコツ更新し続けよう。

全ての物事は、単一の要因ではないのである。
[PR]
by syun__kan | 2015-06-22 23:31 | 日記 | Comments(0)

工作本第2弾、発売!!

f0177496_22522037.jpg

「親子で自由工作 新聞紙とガムテープでつくって遊ぼう! 」
単行本(ソフトカバー): 96ページ
出版社: 講談社
発売日: 2015/6/19
¥ 1,512 (税込)

関口光太郎が著者を務めた工作本、第二弾がついに登場です。
前回は、作って飾る作品中心でしたが、
今回は作ったもので遊べる!作品を考案し、多数収録!
岡本太郎賞受賞者が本気で考えた、工作遊びのアイデアの宝庫となっております!

夏休みの宿題にぜひどうぞ!
大人の方は、小さなお子様に作ってあげると絶対喜びます!

そして…
f0177496_2325912.jpg

「新聞紙とガムテープでこんなのつくれた! 親子で自由研究」
単行本(ソフトカバー): 96ページ
出版社: 講談社 (2014/7/4)
¥ 1,512 (税込)

昨年出版したこの、第一弾本も…約一年かけ…
重版決定しました!!

嬉しい!

これからも、関口は、
雨にも風にも負けず、
新聞に、ガムテープを巻き続けます!
変な天命!
[PR]
by syun__kan | 2015-06-19 23:09 | 日記 | Comments(2)

俺がやらなきゃ

わし「俺がやらなきゃ誰がやる!
月曜日からがんばればれ!
今日も元気に!
みんな笑顔で!
日本全国頑張ろう!

というCMが流れてるのよ。
AKB48の、缶コーヒーのCM。
朝、ワンセグでめざましテレビ見てると。

これってさ」

奥さん「あー」

わし「けっこう複雑な気持ちになるよね」

奥さん「けっこう人を苦しめる歌だね。
仕事で鬱になる人の治療の第一歩は、
俺がやらなきゃ誰がやる、俺しかいないという思い込みを解くところから始まるからね」

ナレーション:説明しよう。
奥さんは2年半くらい鬱で動けない時期があったので、
その方面には一家言持っているのだ!

わし「わしも、自分の仕事に対して、前は俺がやらなきゃ誰がやるって思ってる節があったけど、
最近あんまり思わなくなったな。
わしの方法は確かにわしにしかできないけど、
他の誰かなら、他の方法で達成してくれるんじゃないかって思うようになった。

でもまあ、俺がやらなきゃ誰がやるって思わないと達成できない仕事もあるよね。
新日本プロレスの棚橋だって、俺がやらなきゃ誰がやるって思って、新日本をここまで盛り返させたんだろうから」

奥さん「そりゃ、棚橋の役割は特殊だから棚橋にしかできないけど、
ふつうの世の中の仕事は、たいてい代替の効くものだよ」

ナレーション:ここで二人は就寝した。
翌日、奥さんは友達と遊びに出掛けた。
ボリさん(一歳半)と離れて過ごすのは、実に久しぶりのことだった。
関口とボリさんは公園へ出かけた。
これは、関口光太郎が平日は仕事、土日はアート関係というように、しばらくずっと忙しく、家庭を顧みず、
最近調布の搬入が終わって一息ついたため、ようやく実現したのだった!
その夜!

わし「ボリさんは公園で階段を上ったり下りたりして過ごしたよ。
昼ごはんも夕飯もよく食べた。
余裕だったよ。
全然預かれるね。
授乳させる必要もないし。
最近はわしでも寝かしつけられるし」

ナレーション:説明しよう。
ボリさんは最近卒乳し、授乳の必要がなくなった。
それに伴い、食べ物を食べることに意欲が出て、ご飯を与えやすくなり、
ついでに寝つきが良くなり、
夜起きる回数も減ったのである!

奥さん「ボリ!
ボリはもうお母さんじゃなくてもいいの!?
前はあたしがそばにいないと寝なかったのに!!
もう誰でもいいの!?」

わし「俺がやらなきゃ誰がやるって思うのは良くないって言ってたやん」

奥さん「そうだけども!」

ナレーション:元気じゃなくても、笑顔じゃなくても、日本全国じゃなくても、
頑張らなくてもいいから、のらりくらりでもいいから、生き延びようというのが、
この家の方針のようだ!


[PR]
by syun__kan | 2015-06-14 23:21 | 日記 | Comments(0)

調布での個展、開幕!

f0177496_2143842.jpg

群馬、新座、練馬、調布を行ったり来たり。
何日間かの、掛け値なしのスーパーハードスケジュールを経て、
調布での個展の搬入を終えました。

どんなにスーパーハードだったかを、つぶさに書けば、
けっこうおもしろい日記になるはずですが、
本当にスーパーハードだった場合、
それを書く余力は残らないのであーる。
と思いました。

写真は設置中の会場で遊ぶボリさんです。


関口光太郎展-新聞紙とガムテープで彫刻つくった!-


会期   2015年6月8日(月)~7月26日(日)
休館日  6月22日(月)・23日(火)
時間   10:00~18:00
会場   文化会館たづくり1階 展示室
入場料  無料

新作はほぼ無しですが、保管してあったものは大体出しています。
また、関口が働いている旭出学園の生徒の傑作も、何点か出品してます。

お近くの方はぜひ。
[PR]
by syun__kan | 2015-06-07 21:58 | 日記 | Comments(2)

些細な七歳

この些細なブログは、2008年の5月末に始めた。
よって、最近めでたく、7周年を迎えたのである。
8年目に突入ということになる。

始めた頃は、21_21デザインサイトでの「21世紀人展」の最中で、
つまり作家としてデビューしたての24歳。
自分が今後、どのような形で生きていくのか定かではなく(まあ今もそれほど定かではないが)、
よってこのブログも、どんな肩書きの人間による何についてのブログになってゆくのかわからず、
でもとりあえず、わしは自分の手で何かしらをやり続けるんだろうなと思ったから、
「わしの手によるサムシング」というタイトルにした。

まあ、些細なことだ。

そして7年目を迎えた今のわしは、
何やら忙しくて、いや取り立てて忙しいわけでもないのかもしれない?
とりあえず頭の中をまとめられないため、
書くことが思いつかない。

学生のころは100パーセント、アートについて考えていたし、それが生活の全てだった。
しかし大学3年で付き合いだした奥さんが、
「週に一日は私と遊べ!」
と言って、円グラフを無理やりこじ開け、
わしは90パーセントアート、10パーセント奥さんについて考え、生きるようになった。
ブログを始めた頃は就職していて、
わしの円グラフの三分の一はアート、三分の一は奥さん、三分の一は仕事。
そう、「アート」「奥さん(家庭)」「仕事」は人生の3本柱であり、
それをいかにやりくりするかが、命題だった。
それさえ、ギリギリのバランスだったのだ。
要領の悪いわしにとっては。
それが…
ボリさんが生まれたとなっては!
そんなことをしては、100パーセントを超えてしまう!
「家庭」のパーセンテージが倍増して、わしのキャパシティがパンクしてしまう!

…とかなんとか言いながら、ところがどっこい生きている…
そういう昨今…
何とか…
大丈夫か?
何とかやってるけど、どこかに不具合出てないか?
まあ…大丈夫そうだ。
何だか、頭の中をまとめられなくなっている気はするが…。

ああ、そうそう、6月8日より7月26日まで、調布の公共施設で展示をします。


「新聞紙とガムテープで彫刻つくった!」


お近くの方はぜひ。
新作は全くなくて申し訳ないのだけど…


工作本第2弾も、もうすぐ発売だ!

「親子で自由工作 新聞紙とガムテープでつくって遊ぼう」


職場の旭出学園では、学園のゆるキャラをつくるプロジェクトを進め中!

「旭出学園(特別支援学校) 図工美術作品紹介ブログ」

まあ、なんだかんだで、今のわしもサムシングを作り続けてはいるよ。
[PR]
by syun__kan | 2015-06-01 22:43 | 日記 | Comments(0)