<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
宵越しのシールは持たない
わしが小さいころ、
たぶん5歳かそこらだったんじゃないかな?
仕事から帰ってきた父が、出し抜けに、車のおもちゃをくれたことがあった。
その時の印象を覚えている…
サプライズというかセレンディピティというか、
車のおもちゃ自体が嬉しかったというより、
全く期待していなかったのに良いことが起きたというささやかなインパクトが、
唯一無二だったのだ。

それ以来、しばらくの間、父が帰ってくるたび、
わしはささやかな期待感を抱いた。

しかし、(記憶が正しければ、)そんなことは二度と起こらなかったのである。

だからしばらくののち、わしの期待感は形を変え、
父が帰るたびに、

「ああ、あの時は嬉しかったなというかびっくりしたな…」

と思うようになった。
まあ、基本的に父のことは好きだったので、おもちゃなどなくても帰ってくるのは嬉しかったが。

ところで年度末の今日、
わしは職場の自分の机を片付けていて、
ふと、何年か前に動物好きの生徒のために買って、使わずに残っていた、
動物シールシートを見つけ、
持って帰った。

家に着くと夕食時のボリさん(2歳3か月)が、
台所から
「ちゃばちょば」
等、わけのわからないことを話しながら出て来て、
段差でバランスを崩してごろんと転んだ。

わしは持っていた、動物シールシートを差し出した。

ボリさんの、最近得意のヤンキー顔をでしかめていた表情が、ぱっと和らぐ。

その時、わしの頭を、父が車のおもちゃを買ってきた一連の記憶がかすめた。
ボリさん、これは今日だけだ。
わしは明日もシールシートやそれに類するファンシーグッズを持って来るわけではない。
それでも、君は気落ちせず、生きて行けるのか。
わしを温かく迎えてくれるのか。

ボリさんは手に取った動物シールシートの包装ビニールを剥がし、
さっそくメモ帳に貼り始めた。
まずはチーター、次はゾウの親子…
どんどん貼る。

そんな、一気に貼っていいのか。
毎日少しずつ貼るという考え方もあるぞ。
明日は無いんだぞ、お土産は。

しかしボリさんは、「草」「岩」を残し、動物をすべて貼ってしまった。

ボリさんの住所は埼玉だが、県境のため、生まれた病院は東京なので、
出身地は東京である。
江戸っ子は宵越しのシールは持たないのかもしれない。
[PR]
by syun__kan | 2016-03-25 23:49 | 日記 | Comments(0)
洗濯物
僕もネットに入れてください、
私もネットに入れてくださいって、
そんなね、みんながみんなネットに入れるわけないでしょう!
そんなにネットないわよ。
洗濯機の中、全部ネットになるじゃない!

私は陰干ししてください、
じゃ僕も陰干ししてくださいって、
そんなね、みんながみんな陰干しできるわけないでしょう!
そんなに陰ないわよ!

あなたたちね、洗濯物の端くれなら、
日の光にさらされなさい!!
全員、太陽の光と熱で、カラカラに乾燥しなさい!!

マリリンモンローの言葉の通り、
全てのルールに従っていたら、私はどこへも行けやしないわ。

だいたいね、ガムテープは梱包するものなの。
新聞は、読むものだわ。

物は正しい使い方で使いましょう、っていうあのルール、
私は嫌いよ。

基本はもちろん大事よ。
でもそれは小さいうちに押さえたら、
あとは応用に次ぐ、応用よ、人生は!
アドリブ、アドリブ、帳尻合わせ、ひらめき、アドリブ、
行き当たった所でバッタリするのよ!!

マリリンモンローの言葉の通り、
全てのルールに従っていたら、私はどこへも行けやしないわ。
[PR]
by syun__kan | 2016-03-22 07:10 | 日記 | Comments(0)
レセプション
全然モテない地味な女子が、新しく入った学校で、
何故かすごいイケメン二人に気に入られ、迫られて、どうしよう!

みたいな展開のマンガとかドラマとかあるけど、
そういう気持ちになる。
三宅一生さん関係のレセプションに行くと。

いや、別にわしが人気者なわけではないが…
三宅一生さんや安藤忠雄さんや佐藤卓さんや深澤直人さんや皆川明さんがその辺を歩いていて、
その人たちが、ともするとわしのことを知っていたりするという状況は、慣れない。
地味系女子の心情に近いものがある。
閉店間際の半額のお総菜売り場から、いきなり天上界に引き上げられるような。

今回の国立新美術館での「三宅一生展」のレセプションは、輪をかけて、
大規模で、大盛況だった。
中田英寿さんや小泉進次郎さんもいたりして、華やかだった。

三宅一生さんと挨拶させていただき、わしは自分の作った造形物への自信は無いままだが、
とりあえず、「ああ、済んだんだ」と思うことができた。

帰り際、展示の準備で関係各位の連絡調整に当たっていた三宅一生事務所の女性とご挨拶した。
品格ある国立の美術館で様々な組織が関わり、新しいことも盛りだくさんなこの展示、
一番大変だったのは、この「連絡調整」だったのでは?
ゆっくり休まれていただきたい。

ところで帰り道、わしは手持ちの現金が無いことに気付いた。
先日のホワイトデーで、ずっと怠っていた妻へのサービスをしたために、
もうお金がないのだ。

そう、今回の造形物やら、ワークショップやら、
わしが時間的にも体力的にも気持ち的にもいっぱいいっぱいになると、割を食うのは家族である。
だいぶ長らく、そんな状況であった。
三宅一生展への制作が一段落付き、久々に奥さんのためのハリネズミケーキを買ったのであった。
ホワイトデーは、なぜ給料日の直前に設定されているのか?

銀行のカードはいつも奥さんが持っている。
昔使っていたゆうちょカードはあったが、残高が千円にも満たないため、コンビニで引き出すこともできなかった。

財布にあった140円を、パスモにチャージして、何とか乗換駅まで来ることができた。
西武池袋線に乗り換えるわけだが、もう本当に無一文に近い状況、
一番安い切符も買えない。
窓口で問い合わせたが、クレジットカードでは切符は買えないとのこと。
どうする?

結局わしは、パスモを返却し、カード代の500円を返してもらって、切符を買って帰った。
西友で明日の朝のパンと、オムツを、クレジットカードで買った。

いかなるアートもファンタジーも、現実的な闘いから生まれるのである。
[PR]
by syun__kan | 2016-03-15 23:20 | 日記 | Comments(0)
三宅一生展
f0177496_2384329.jpg

http://www.2121designsight.jp/documents/2015/09/designExhibits-201509-miyakeissey.html

国立新美術館における「三宅一生展」が、もうすぐ始まります。
(三宅一生さんは、わしをクリエイティブの世界にデビューさせてくれた恩人です)

この展示は、ものすごく面白いです。
展示の準備段階を、たまにのぞいてきたわしが、保証します。

この展示に、関口は微力ながら、造形物を出品しています。
わしの作ったオブジェは、今日、設営を終えました。
この形にたどり着くまで、いろいろ紆余曲折ありました。
日の目を見ない試作もたくさんしたよ。
でも、大規模プロジェクトが生き物のように形を変えていく舞台裏を、垣間見るのは、
本当に楽しかった!
勉強になりました。

三宅一生さんからの仕事はいつも、損なことは何一つないです。得るものしかないです。
[PR]
by syun__kan | 2016-03-09 23:38 | 日記 | Comments(0)
忙しさ
忙しかった。

と、言っても何も伝わらないだろう。
忙しい人なんて、たくさんいる。
というか、世の中の人の半分くらいは「忙しいか忙しくないか」で言ったら、
「忙しい」のではないか。
そんな普通のことを書いても、しょうがないのである。

日記を書くのが2週間ぶりとなった。
これは、30分かそこらの時間、ゆっくりパソコンに向かうのが2週間ぶりであることを意味する。

と、少し具体的に書いても、この忙しさは表現できないであろう。

結局のところ、何がどう忙しかったか、
何を何時間で何回こなしたとか、
順序立ててつぶさに書いていくことが、
この忙しさを表現するに最も確実な方法なのではないか。

しかしだ、前にも思ったが、本当に忙しかった場合、
そんなまどろっこしいことを書く気力体力は残らないのである。

そうこうしているうちに、次の忙しさは始まり、
前回の忙しさは、形を残さずに風化していく。

考えてみれば当たり前のことだ。
「忙しさ」というのは、形に残すような価値のあるものではないのだ。
価値もないのに表出したくなってしまう…それはつまり愚痴とか不平のたぐいということだ。

でもちょっと違うんだ…
それだけではないんだ。
忙しさとは、わしにとって充実感なのだ。
生きている実感なのだ。
忙しくないと、生きていることを実感できないのだ。
この忙しさは、わしが2016年の最初の方で、精一杯関口光太郎として生きた証であり、
だからちょっと、書いて残そうとしているのかもしれない。

でもまあ、前述のとおり、記述方式では表現できない。
文というより、音の方が向いているかもしれない、この忙しさを表すには。

ゴゴゴオオ―――・・・
[PR]
by syun__kan | 2016-03-01 23:26 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧