<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

なかやまさん

なかやまさんは、大柄な女性である。
歳は50、プラスマイナス3というところではないか。
スーパーのレジにいる。

なかやまさんはプロ中のプロだ。
非常に素早く的確な、キレキレの仕事と、穏やかな物腰を両立している。
すごいなとは、前々から思っていた。
しかし、真剣に感銘を受けたのは、わしが仕事帰り、夜9時にフラフラの状態でお総菜を漁った日。
なかやまさんは、いつも夕方からレジに立っているから、けっこうな時間働き続けているだろうに、
夜9時でもキレキレのままだったのだ。

まさに地上の星。
わしはなかやまさんに、プロフェッショナルな仕事の流儀を学んだのである。
わしはレジに並ぶとき、なかやまさんの列だと、
「あ、今日なかやまさんだ」
と思うようになった。

ある日、奥さん、ボリさんとスーパーに行き、レジに並んだとき、
わしが「あ、今日なかやまさんだぜ」
と言うと、奥さんは
「何?」
となる。
わしは「なかやまさんはすごいんだぜ」と、
なかやまさんのすごさについて力説する。
大体において世の中を斜めに見る奥さんは、「ほんとー?」と、疑った穿った訝しんだ感じなまま、そして順番が来てなかやまさんの洗礼を受ける。

「いらっしゃいませー」と言いながらなかやまさんは、ヴァン・ヘイレンのような速さで商品をスキャンし、その内容を言葉にし、
その時ぐずっていたボリさんに対し、買った物の中のお菓子にシールを貼って手渡してボリさんを泣き止ませ、
わし、奥さん、ボリさんの3人とちゃんと目を合わせて「ありがとうございましたー」と挨拶して微笑んだ、
正確無比で細部まで行き届き、なおかつ心が通ってアドリブまで効いたその対応、それらはほんの一瞬のうちに済まされた。

この一回で、なかやまさんは奥さんを認めさせたのである。

思いが高じて、わしはスーパーの「お客様の声」の投書用紙に、
「なかやまさんのレジが素晴らしい」
と書こうか、どうしうようか、奥さんに相談した。
しかし、特別扱いされずに、普通に、素晴らしい良質なものに触れられるというのが、何か良いのではないかという話になり、
見送った。
投書が、レジ業務の方々の前でマネージャーみたいな人から発表され、
他のレジの方々からなかやまさんが妬まれたしちゃうんじゃないかというところまで想像した。
中邑真輔やプリンス・デヴィッドは、今はアメリカのWWEに行ってしまったが、
以前は新日本プロレスで、いつでも見ることができた。
あの頃は良かった。
それに近い状況が、このスーパーにおいては今であると。
なかやまさん=プリンス・デヴィッド説、
ということで、奥さんとはまとまった。

そののち奥さんは、スーパーに行った日、
レジがなかやまさんだと、帰ってから教えてくれるようになった。
「今日は午後の早い時間帯に行ったから、たぶん勤務入りたてだったのか、
キレキレの勢いがさらにすごかったよ」等。

3日ほど前、わしは夜10時過ぎに一人でスーパーに行く用事があった。
ついでに家にたまっている白トレイを、回収ボックスに出そうと思っていたのだが、
出かけるときにバタバタしていたらつい忘れてしまった。
着いて買い物したのだが、白トレイを出せなかった無念を抱え、
何か有益なことを一つできないかと考え、
そうだ、なかやまさんについて今日こそ投書しようと思った。

「レジのなかやまさんの対応がいつもてきぱきしていて感心します。素晴らしいです」

としたため、投書箱に入れ、満足して帰宅。

昨日、またスーパーに行った時、そういえばわしの投書に対し、店舗からの回答はあったかと気になり、
回答が掲示される掲示板へ行った。
しかしわしの投書への回答は、まだ早すぎたのか、無かった。

いったいわしは何をやっているのか。
[PR]
by syun__kan | 2016-04-29 16:25 | 日記 | Comments(0)

プリンス氏

f0177496_22324664.jpg

www.pinterest.com

中高生期をぼんやり過ごしてしまったわしにとって、
青春時代とは、結局のところ、大学時代であった。
年号で言うと2002年から2006年だ。
すべてが極端で、個人的だった。

頭の中がゴム人形のように暴れまわり、
息を止めて暗い海の底にもぐってもがき、ほんの一瞬海面に顔を出して輝いた(これはイメージ)。

髪の毛が銀色になったり突然アメリカやインドに行ったり、
深夜の交差点でぐるぐる回ったり、
三日くらい平気で徹夜して絵本を描いたり、東京から群馬まで歩いたり(これは実際に)。

そんなわしに寄り添ってくれたのが、マイケル・ジャクソンであり、プリンスであった。
デヴィッド・ボウイのヒーローズであり、ジェームス・ブラウンだった。
そう、まさに寄り添ってくれたのである。
もんもんとして、現状を何とかしたくて、立て続けに変なことをするわしに対し、
ポータブルMDプレーヤという機械を通して、
「いいんだよ、そういうことして」
と、耳元でささやいてくれたのである。
「君の気持ち、わかるよ」
と。

特にプリンスは、
悩んでいる、弱っている、くすぶっている、そういう人間に対して優しかった。

ただの音といえば音。
しかし彼らは、様々な側面を持っていた。
ほぼ森羅万象を表すのではないかと思うほどに…
少なくともわしは、マイケルやプリンスを通して、宇宙を分析できた。
マイケルがこれこれこうしてるから、プリンスはこういう音を出したのだから、

「わしはこれからこうするべきである」

と思えたのである。

わしは若かった。
ハタチであるということは、マイケルやプリンスにも匹敵するくらい、輝かしいことである、
しかしわしは現在32歳になった。
あの頃のように、音楽から森羅万象を読み取れるだろうか?
わからない、でも、
あんなに、奇跡のように美しい人間には、なれないということぐらいはさすがにもうわかる。
(あれは、美しさの世界記録だ)
でもでも、マイケル・ジャクソン、デヴィッド・ボウイ、プリンス、
人間はあそこまで美しくなれるという事実は、
今後もわしを励ましてくれる気がする。

それにしても、彼らは、わしの青春時代にはみんな生きていた。
みんな亡くなってしまうなんて?!
歳を取るということは、こういうことなのだろうか??
ちょっとうまく整理できません。

プリンス…

一番好きなアルバムは1988年の「Lovesexy」でした。
アルバムの9曲が、全部つながっている
(1トラックになっていて、各曲の頭出しができない)
という、とんがった(困った)コンセプトは、凄みを感じさせます。
ひたすらポピュラリティを拡大しようとするマイケルに対し、プリンスはファンを突き放すような創作に向かいました。
アルバムジャケットには自分のヌードを載せ、あえて皆を引かせました。
でも、聴いてみると…本当に気持ち良いのです。
9曲つながっていても全く問題ない、何度でも通して聴きたくなる美しさ。
「When 2 R In Love」なんて、石鹸の泡のように繊細です。
そして皆が「きわどい」と言うジャケットさえ、
わしには美しく見えます。

ほんと、お世話になりました。

[PR]
by syun__kan | 2016-04-22 23:36 | 日記 | Comments(0)

出来事がありあまる

f0177496_22431453.jpg

開館前の国立新美術館に運び込まれた、わしの「靴」。
長さは110センチ。
そう、4月の17日には、新美術館でワークショップしてきた。
そのためのアイキャッチとして作ったもの。

ワークショップは、午前中は20名を定員にして事前募集したメンバーと造形的に遊び、
午後は通りすがりの方も受け入れて新聞&ガムテープ工作した。

午前中の定員数に対して数倍の応募があったので、午後の自由参加タイムはすごい大盛況になるかなと思ったけど、
外は暴風雨だったので、ほどよい来客数で、
無事、スムーズに行うことができた。
国立の立派な会場で、楽しくできて良かった。

ちなみにその一週前の日曜、10日には、わしはハーフマラソンを走った。
パラカップという、川崎の河原で行われるランの大会で、昨年は10キロを54分で走ったのだが、
今年は、ハーフマラソンを自分は走り切ることができるのか、ということが知りたくて、出てみた。

結果的に、わしは2時間4分でハーフマラソンを走り切れた。
(途中トイレに寄らなければ、あと数分縮められたと思うのだが)
最後スパートかけたので脚が疲れたけど、
ゆっくりと、4時間半くらいかけていいなら、たぶんフルマラソンも走れるだろう。
(次はフルを走ってみようか。しかし何のために?)

ちなみにその大会で、奥さんとボリさん(2歳4か月)は、親子で400メートル走る「親子ラン」に出場し、バナナをもらった。
わしが走っている間は、ひたすら待っていてくれた。
わしが走り終わって、皆で帰ったのだが、
途中でわしだけはぐれて向ケ丘遊園に向かった。
三宅感君の、岡本太郎賞展の搬出を手伝いに行くのだ。

彼の人生を賭けた展示の最後に、立ち合いたかったのである。
大賞受賞という夢のような展示が、終わってしまうということが寂しいか聞いてみたら、
三宅感君は、「ほっとした。早く終わってほしかった」と言っていた。
その気持ちはわかる。
作品を展示するというのは、自分の内臓を風雨に晒すようなものだ。
まして、目立つ場所や、目立つ立場で展示した場合、
良いことばかり言われるわけじゃない。
嫌なことを言われた場合など、言われた方は2・3日引きずるものだ。
その辺のストレスとどう向き合うかというのも、表現者の一つの課題だろう。
三宅一生展に出しているわしの造形物だって、持たれる感想はまちまちだ。

搬出でわしは、美大生なら誰でも知ってるインパクトという工具で、100本くらいビスを抜きまくった。
ここでわしの腕は、完膚なきまでに疲労した。

帰り道、自宅の最寄り駅に着いたのは夜10時半、
わしはお使いの米を買って、ぶら下げて20分の道のりを歩いて家に向かった。
脚も腕も打ち抜かれたように疲弊し、しかし頭だけはたくさんの刺激でリフレッシュしていた。

新年度の学校の仕事でバタバタしている頭に投げ込まれる、
展示やワークショップやマラソンや家庭における父としての役割や三宅感君や三宅一生さんなどの様々な要素、
それらは相互に、消耗させたり増幅させたりリフレッシュさせたりしているが、
年度が終わるころには全部混ざり合って、おいしいドレッシングとなって完成し、
頭からとろーりと流れ出すと良いな。

みたいな、そんなことをイメージしつつ過ごす。
[PR]
by syun__kan | 2016-04-19 23:28 | 日記 | Comments(0)

NHKワールドにちょっとだけ

世界中で放送・配信されている「NHKワールド」の番組内で、
三宅一生展のことが紹介されています。
その中の、3分2秒あたりからの30秒くらい、
わしの作品設置の様子が紹介されています。

こちらのアドレスからどうぞ。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/videos/20160404113035196/
今後一か月くらい、視聴できるそうです。

ちなみにキャスターの方が、取材の際も応対してくださいましたが、
話し方が超プロでびびりました。
スマイル、リアクションの取り方、何を取っても完ぺき。
そして放送を拝見したら、こんなに英語バリバリでした。
アート活動をしていると様々なプロの仕事に触れられるので、ほんと勉強になるっす。
[PR]
by syun__kan | 2016-04-04 23:41 | 日記 | Comments(0)

「冒険」「動物マスク」

f0177496_23271566.jpg

国立新美術館「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」展示風景 撮影:吉村昌也

こちらが、関口光太郎が参加した展示物であります。
イッセイミヤケのA-POCというプロダクトとコラボした作品です。

5メートルの箱の上の、「珍しい鳥」を、
冒険者が双眼鏡を持って探しに行く様子です。
いくつになっても新しいことを探しに行く、三宅一生さんの冒険心に敬意を表しました。

それなりに大掛かりですが、この作品、
一切反響がありません。
良いとも悪いとも、誰にも言われません。
いや、「MIYAKE ISSEY展」自体は、大変な反響を呼んでいるそうで、
来場多数、わしもネットを観ましたが、多くの方が「三宅一生さんは凄い」と絶賛しています。
ほら言ったでしょ!この展示はものすごく面白いって。
そう、観に来た人は、三宅一生さんの凄さに目を奪われ、
新聞紙とガムテープでできたこのサムシングが、誰の何であるか、
そんなことは気にならないようです。

足を引っ張らなかっただけで満足です。
[PR]
by syun__kan | 2016-04-02 23:59 | 作品写真 | Comments(0)

春季合宿

急きょ前橋の実家へ帰った。
制作のためだ。
この春休みに、2、3日はやらなきゃな、と思っていたのだが、奥さんやボリさんとの予定もあり、
日程を決めかねていたが、前日になって
「明日から2泊3日で行ってきていいよ」ということになり、
3月30日。
朝5時に起きて、洗い物等を済ませ、
ナイフ、ランプ、カバンに詰め込んで、というのは嘘で、
リュックにパソコンと下着だけをつめて、
起きるか起きないかといった時分のボリさんに手を振って。

夏に行う、広島市現代美術館での展示・WSのための制作。
東京埼玉の県境の住処から、前橋までは3時間。
両毛線、妙にあか抜けた女の子のグループ、
電車ドアの手動開閉ボタンに驚いてはしゃいでいる、群馬の人ではない。

到着した前橋、お正月以来。
いつもは実家の人に迎えに来ていただくのだが、レンタルサイクルが新しくできているらしいということで、
北口出て西へ向かうとガード下、確かにあった。
1日200円。
2泊3日なので600円前払いして借りる。
この取り組みは素晴らしい。というかまさに我が意を得たりのシステムだ。
広い道を走って実家まで15分。

父は仕事、母はわしと入れ替わりに用事で東京へ出ており、わしは実家に一人。
荷物を置いて、自転車で勇んで、北関東が誇る天下のホームセンター、カインズホームへ。
まだ11時。わしだけの掛け値なしのブランニューデイ、ワクワクする。

芯材となる角材を買う。
杉と松とホワイトウッドの性質の違いと尋ねると、おじさんが特盛ありったけの説明を返してくれる。
4本の束を10束買う。
自転車で実家へは運べない、
貸トラックを借りる。
掛け値なしのペーパードライバーのわしはたぶん10年ぶりくらいの運転、
アクセルとブレーキどっちが右だったっけとそればっかり考えながら乗車、
シートベルトを締めて、傍らのエンジンブレーキとかレバーを目にして「何だっけこれ」となる。

しかしながらカインズホームから実家へは教習所よりも簡単なコース、
無事角材を届け、カインズホームの駐車場に戻ってくるわし、
問題は駐車だが、
今までで一番うまく停めることができて満足、
停まっている様子を写メする。

靴下と針金も買って自転車で実家へ、
頭を制作に切り替えるために、黙りこくったり、チョコを食べまくったり、叫んだり、歌ったりする。

博物館には遠い昔の物か、遠い場所の物が置いてある。
美術館に展示するものも、日常から遠いものでないといけない。
しかしわしは遠い昔に行けるマシンを持っていないし、遠い場所に行く余裕もないので、
せめて、精神的に遠い所に行かなくてはならないのだ。
だからそれにはしばらくかかる。

角材を切りまくり、ビスで留めまくって王子様の頭の芯材を作る、
そう、夏の広島では、すでにあるわしの作品「大人魚姫」と対になる、
大きな王子様を、来場者と共に作るのだ。

芯が完成し、新聞紙をガムテープで巻き付けて肉付けを始める。
どんな顔にしようか決めていなかったが、黒人の王子様も面白いかなと思い、
ティーンの頃のマイケルの写真をプリントアウトして参考にしながら作る。
しかし自分に似てきてしまう。
自分に似てしまうというのは、造形活動ではよくあることだ。
夕方に母が戻ってきて、夜に父も仕事から帰ってくる。

わしは深夜まで制作を続ける、風呂も入らない。歯も磨かない。
2時間集中し、15分ほど倒れて休憩、その後1時間半ほど集中し、15分ほど倒れ休憩、その後また集中して制作し、持続が1時間くらいになったら限界で、2時間ほど仮眠、すると少し元気が戻って2時間集中できる、そんな感じの繰り返しだ、制作は。そして朝が来た、母が連載テレビ小説「あさがきた」を観ている。
3月31日になった。
いったん入浴する。

わしの作っている王子様の頭部は、だんだんマイケルに近づき、良くなってきているものの、
顔の大きさが150センチくらいになってしまっている。
「大人魚姫」は全長630センチくらいなので、王子もそのくらいの身長になってほしいのだが、
王子が7頭身だとしたら頭が150センチだと身長10メートルを超えてしまう。
これはいかん。

どうしようか、考えに考え、
結局わしは、頭の内側の芯材をのこぎりで切って縦横に短縮した。
肉付けをかなり進めた段階で骨組みを大改造する彫刻家はわしくらいだろう。
何たる行き当たりばったり。
芯を作る時点で、どのくらいの顔の大きさになるかくらい、計算できそうなものだが。
やはり大型作品を作るが久々だから、ブランクが響いているのか。
いや、何となく、あえて適当に進めている気もする。
適当に進めることで、このような軽い感じのトラブルが続発し、
それを無理やりにでも何とかしようとすることで、思いもよらない形ができるのだ。
わしは天才ではないので、いくらじっと考えてもみんなの想像を超える発想は出てこない。
偶然性や閃きに頼るしかないのだ。
だから敢えて、あまり計算せずにどんどん始めて行ってしまうのかもしれない…
自分でもよくわからない。

顔は、とりあえず横幅を60センチくらいにしようということで、左右から押しつぶすことにした。
さっきまで丁寧に接していた顔を、横倒しにして踏んづけ、芯を組み直す。
その結果、王子の顔は面長になり、ライオネル・リッチーのようになった。
鼻を整形してイケメン化すると、パープルレインのプリンスのようになった。
そんなこんなで、31日は大体終わる。

いや、終わらない。サイズの件で回り道をした。
寝ずに、頭部を作り続ける。
4月1日になり、「あさがきた」の主人公の旦那さんが主人公の腕に抱かれて亡くなる。
めざましテレビの加藤アナも卒業で、マスカラの溶け出した黒い涙を流す。
わしは母と並んで納豆を食べながらぼんやりする、
いや、意外とぼんやりしていない、
二晩まともな睡眠をとっていないが、頭はしゃっきりしていて、
体も休息を求めていない。
2日かけて、ようやくモードに入ったということか。

作品を作り込む、徐々にいい顔になってきた。
18時には電車に乗って、東京埼玉の自宅に戻らなければならない。
それまであと○時間…

最後あと40分というところで、やっぱ面長は子どもっぽくないから止めようと思い、
顔の下半分を引っぺがして中の芯を再度短縮し、
縦方向に顔を縮める大手術を行う。
これで顔の大きさは、100センチほどになった。
7頭身としても、身長700センチに収まる。
大人魚姫とも釣り合うのではないか。
表情もなかなか美少年風になってきた。
わしの顔だったのがティーンのマイケルになり、ライオネル・リッチーになり、プリンスになり、美少年になったのだ。遠くまで来たものだ。

片付けもそこそこに、レンタルサイクルで全力疾走し、18時15分の電車に間に合った。
3日間あったはずだが、入浴は一度しかしていないし、歯もろくに磨いていない。
教員としてはめちゃくちゃな赤点だ。
春休みだから許してほしい。
公務員的な価値観とロック的な価値観を行ったり来たりするのが、美術担当だったりする。
[PR]
by syun__kan | 2016-04-02 00:11 | 日記 | Comments(0)