<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

広島滞在制作・3日目・ファブリーズ

実はうまく寝られなかった。
線路が近く、電車の音がうるさいからか、
それともカーテンを隔てた隣人のいびきが気になるのか。
ハナホステル1泊目という新しい環境に若干緊張していたのか?
0時半、仕方なくわしは、iPodのイヤホンを耳に入れた。

聴くアルバムはもちろん、YMOの「テクノドン」。
中高生の時、わしはYMOの大ファンだったのだが、
このアルバムだけは、何度聴いても、途中で寝た。
ファンだから、これじゃいけない気がして、
何度もチャレンジし、何度も撃沈した。
そのうちに、このアルバムは、
寝つきが悪い時に聴くという、大切な役割を担うようになった。

細野さんのぼそぼそした歌声と、
ポワポワした音のおかげで、それなりにうつらうつらできた。

朝7時には出発しようと思って、6時15分に起き、
屋上に干してある洗濯物を取り込みに行ったら、
ドアの張り紙に8時にならないと鍵が開かないと。

手元に今日着る分の服はあるが、
靴下だけがない。
干してある。

①7時に出発してコンビニで靴下を買う。
②8時まで待つ。

という選択肢が浮かぶが、
この際、1階のキッチンを使ってみようということで、
コンビニまで歩いて行って、食パン、卵、カット野菜、マヨネーズ、ファブリーズを買った。
どうしてファブリーズが必要かって?
アーティストがあんまり夢を壊したくないが、
ガムテープの服は洗濯できないのさ。

キッチンでは、何やら大勢の外国人が、やおらカップ麺を食べたりコーヒーを飲んだりしていたが、
わしも張り紙で注意事項や物の場所を確認しながら、
卵3つ分のスクランブルエッグのサンドイッチとマヨネーズをかけたサラダを作った、
というか盛った。
しかしながら、やはり自炊した物はうまい。

無事8時となり、靴下をゲットしたわしは、
昨日学芸員さんにカードをもらい、教えてもらった、
電気自転車のレンタサイクルポートに行く。
若干迷いながらポートにたどり着き、若干迷いながら美術館まで着いた。
美術館に向かう坂道を間違え、途中階段があったときは困ったが、
重たい電動自転車を気合いで持ち上げた。
何だか朝からリズムが悪いが、このくらいは笑顔で乗り切らなきゃならん。
「台風クラブ」という映画のラストに近いシーンで、
工藤夕貴の演じる中学生が、
何だかものすごい深い水たまりに、笑顔で踏み込み、渡り、
気にせず歩いて行ってしまうシーンがある。
あれは良いシーンだ。

滞在制作には今日も、たくさんの方がお見えになり、
千葉でホットペッパーを見て気になり、観に来てくれた方、
兵庫から来てくれた方、
広島で開催されている高校総合文化祭関係の先生方、生徒さんたちなど、
魅力的なお客さんをお迎えした。

ご高齢で、車いすで来られた方が、
わしの大人魚姫を見て、

「わー、こんなの初めてだ」

とおっしゃり、

「良い記念になる」

と言って、観光名所の様に、一緒に記念写真を撮られていた。
わしの何倍も長く生きているであろう方にとっても、
わしの作品が「初めて」のことであり、「記念」になるということが、
わしにとって非常に嬉しかった。

17時の閉館の頃になると、疲れを感じた。
制作中に疲れを感じるのは、3日目にして初めてのことだった。

カメラでブログ用に撮影するのを忘れた。申し訳ありません。

事務所に上がると、職員さんたちがケーキで、
わしの誕生日をお祝いしてくださった。
そう、わしは今日33歳になったのである。
特殊な状況で迎えた日ではあるが、生まれて良かった。
生きていることを実感することをしながら迎えられた。

19時過ぎに制作をやめ、
学芸員さんと食事に行った。
炭火焼の居酒屋さん。
テレビでは、広島カープが逆転勝ちした。
現在、ダントツの首位らしい。
最近のカープ人気、そして優勝が視野に入る状況のせいで、スタジアムの座席はずっと完売状態らしく、
滞在制作中に一度は試合を見に行きたいと思っていたが、どうやらそれはかなわない。
でも、全然良いです。
カープが勝てば、広島の方々の機嫌も良くなる。

明日は閉館日。
広島市街を観光します。
[PR]
by syun__kan | 2016-07-31 23:59 | 日記 | Comments(0)

広島滞在制作・2日目・空腹と孤独

無事目覚めた、カプセルの中。
わしの故郷の前橋は、養蚕が盛んだったが、
蚕もこんな感じで目覚めただろう。

カプセルホテルに泊まるおじさん達は、いびき以外の声を発しない。
物音を立てないのだ。
それがルールであるかのように、交流というものが全く無い。
おじさんは、孤独を愛しているのだ、たぶん。

おなか減った。
昨日食べなかったメロンパンと、
昨日ショッピングモールで買った野菜ジュース、サンドイッチを、
カプセルホテルのラウンジと呼ばれる細長いスペースでもそもそと食べる。

徒歩で美術館へ。
8時半着。

朝の時点の様子、すなわち昨日終了時の様子はこう。
f0177496_2384978.jpg

右手前がわしの「大人魚姫」、左奥が、今回WSと滞在制作で完成させんとする、「大人魚姫の城」。
左手前と右奥が、
同時参加されている、スサイタカコさんのゾーン。
f0177496_2392515.jpg

真ん中の入り口はわしがあらかじめ作って持ち込んだ。
上の方の塊は、16日のWSで参加者さんたちが作ってくれた塔を乗せている。
カラーのかわいい作品たちは、
17日のWSで参加者さんたちが作ったもの。
骨組みを全部覆って城を完成させるべく、
わしが昨日から奮闘しているというわけです。

ちょうど今日から、美術館の企画展「1945年±5年」が始まるということで、
オープニングセレモニーに参列してみた。
皆フォーマルな中、一人Tシャツ短パンで申し訳なかった。
わしは朝から晩まで、滞在制作でスタジオというスペースに籠りきりなので、なかなか観る機会がないが、
非常に面白そうな展示なので近いうち、隙をついて観たい。
戦中、戦後の過酷な時代に描かれた絵を。

ガムテープの衣装に着替えて、制作開始。
土曜日ということもあり、午前中からお客さんが絶えない。

わしが思うに、美術の制作活動の最大の敵は、空腹と孤独だ。
短期的にも、長期的にも。
(ああ、おなか減ったなー、今日誰とも話してないなー、という一日スパン的にも、
人生スパン的にも、ということ)

そういう意味で、滞在制作は非常に良い、と、今回気づいた。
二大強敵のうちの一つ、孤独を解消してくれる。
お客さんが見守ってくれるし、時々話しかけてくれる。
わしは一瞬の集中力で勝負を決めるタイプの制作スタイルではないので、
話しかけてくださって全く問題ないです。

空腹に関しては、美術館で利用されている仕出し弁当を頼むことにした。
バランスは大事だ。

19時45分に制作終了、
制作中はアドレナリンが出ていて疲れをまったく感じないが、
「さあ、今日はここまで」
と思ったとたんに、疲労がのしかかる。溢れてくる。
終了時の様子はこう。
f0177496_2313334.jpg

少し増えているのが分かってもらえるだろうか。

広島市街は路面電車が市民の足だ。
f0177496_2310390.jpg

猿侯町という駅に向かう、
着いた駅で、ラーメンの夕食。
今日は実は、カプセルホテル泊ではない。
広島カープ人気の影響か、今日明日は満室で取れなかったのだ。
代わりに泊まるのは、ハナホステルという、
外国人観光客の若者や、カープを弾丸的に応援する人のためと思われる、リーズナブルな宿。
ロビーは外国語の張り紙やパンフで溢れていて、
2泊で5000円でおつりが来た。
細長い5階建て、
歩いているのは外国人ばかり。
わしの部屋は5階の一室、
6畳ほどの部屋に二段ベッドが置かれ、4人寝れるようになっている。
館内着はなく、アメニティも有料で、
わしはバスタオルをレンタルしてシャワールームで入浴。
夏とはいえ、3泊目となるとそれなりに洗濯物がたまるもので、
わしは屋上で200円払って洗濯した。
洗濯機の終了を待ちながら、この文を打っている…
ちょっと待って、
今、物干しに洗濯物を干してきた。
わしの背後ではよくわからない言語で話している外人女性二人、
このホステルには、1階にキッチンもある。
5階には、なぞの「カープを応援するための部屋」もある。
同じ格安宿だが、
孤独を愛するカプセルホテルとは大きく違う。
今夜の宿は、要するに、交流を促進している。
国際交流を。
結局わしはどちらが好きなんだろう?
おそらく、やはり、バランスが大事なのだ。

1階のキッチンを、この2泊のうちに、使うことがあるだろうか。
明朝はすぐに出かけてしまうので使わないが、
食材を、明日、買って帰ろうか、どうしようか、
という夜。
f0177496_23105930.jpg

[PR]
by syun__kan | 2016-07-30 23:17 | 日記 | Comments(0)

広島滞在制作・1日目・こむら返り

明け方、強烈なこむら返りで目が覚めた。
しかし、声をあげるわけにはいかない。
ここはカプセルホテルである。
壁一枚隔てた左・右・上・右上・左上には、別のおじさんが寝ている。

水分不足が祟ったか、あるいはこの1×1×2メートルほどの狭い空間が災いしたか。
とはいえ、今回泊まっているカプセルホテルには、ある程度満足している。
新しいので設備が清潔だし、
何よりこのミニマリズム感、ソリッド感が、好きだ。
おじさんが一人泊まるのに、これ以上はそぎ落としようがないであろうという、
そう、何というか、
潔癖というか、現代における禅というか、そんな感じだ。

搬入や7/16~17のワークショップの際もここに泊まったので、
攻略法も大体掴んでいる。
歯ブラシ、櫛等のアメニティは、だいたい揃っているが、紙コップだけがないので、
フロントで「紙コップください」と言うことも忘れない。

この広島で、わしは制作しかやることは無い。
昨夜寝たのは0時過ぎだったが、
今朝は6時45分には、もうホテルを出るしかなくなった。

ホテル近辺には、「松屋」と「なか卯」がある。
WSの際は松屋だったので、今日はなか卯できつねうどんの朝食。
コンビニで昼食も買う、
内訳はメロンパンとベーコンが乗ったパン、レーズンパン、紙パック1リットルのミルクコーヒー。
菓子パンはなぜ「菓子」と呼ばれるのだろう、
まるで「食事」として認められていないみたいだ、
徒歩で、朝の、ひとけのない繁華街を抜け、
大きな通りを歩き、大きな川を越え、
丘を登って、そこは広島市現代美術館、
まだ7時半。

警備の人はわしを認識しているので、
まだ誰も居ない館内に入れる、
ソファでわしは、滞在制作用の衣装をせっせと作る。
今作るんかい!というツッコミを自分で思う。
ガムテープシャツとネクタイ。

試着しているうちに職員さんたちも出勤される、
わしは開館の10時までのラストスパートでガムテープズボンを作る。

開館ぎりぎりで完成し、着用し、10時に制作をスタートさせるが、
伸縮しないガムテズボンでわしの下半身はガチガチに固まってしまい、しゃがむこともできない。
昼休憩時に修正しようと思いながら、
下半身ガチガチのまま「大人魚姫の城」の制作を進める。

11時くらいまで一人くらいしかお客さんがいらっしゃらなかったが、
昼頃には少しずつお見えになり、
中学校の美術部の集団などが来て新聞ガムテ工作を体験してくれたりし、
わしは思い切り制作でき、その様子が見世物にもなるという夢のような時間を過ごした。
本当に、待ちに待ったこの2週間が、1時間、また1時間と減っていくのが、
早くも惜しかった。

17時閉館後、19時半まで制作し、
館を後に。
美術館の裏手にある、スカイウォークという動く歩道に乗ると、
イオンのショッピングモールに着く、
そこの和食レストランに入ってかつ丼を頼み、食べるが、
胃もたれしそうでポットの水をほぼ全部飲んだ。

ショッピングモールは大きく、映画館まであり、
今日封切りの「シン・ゴジラ」に心を動かされたが、
レイトショーすぎて見終わると0時近くなってしまうので今日はやめておいた。
野菜ジュースや30%引きのサンドイッチ、下着のシャツを買って、
適当に出口を出るとあまりよくない口だったようで、
ホテルを探し45分間さまよい歩いた。
やっと到着し、奥さんと電話して、今こうして日記を書いている。
明日もリオオリンピックに出ている選手くらいの集中力で一日を燃やしたい。

ちなみにカメラをホテルに置いて来てしまったので、しまった滞在制作の様子をブログ用に撮影できなかったと思ったのだが、
広島現美さんのツイッターに写真が載っていて助かりました。
f0177496_234221.jpg

https://twitter.com/HiroshimaMOCA/status/758845819713753088/photo/1
[PR]
by syun__kan | 2016-07-29 23:04 | 日記 | Comments(0)

広島滞在制作・前夜

無風と言っていいくらい、普段は反響のないこのブログですが、
一昨日の日記をシェアしてくださった方々、ありがとうございます。

話は変わりまして、
わしは今、恍惚感の中にいる。
終業後、電車を乗り継ぎ、
広島に向かう新幹線「のぞみ」の中。
明日、7月29日から、2週間かけて、
広島市現代美術館において、滞在制作するのだ。
今夜23時頃、広島に着く。
簡易宿泊施設から、朝、美術館に行き、
夜まで、新聞紙を揉み続け、
ガムテープを巻き続け、
夜に簡易宿泊施設に戻って寝る。
という生活を2週間送る。

もし仮に、わしが新聞を揉むことに、
ガムテープを巻くことに、
興味がない人だったらとしたら、
それは限りなく懲役に近い。

しかしわしは、その作業がどうやら天命のひとつに該当するので、
現在の新幹線の中において、
スペシャルな感慨に襲われている、
覆われている。4号車1列A席ごと。

普段は埼玉の県境の住居と東京の職場を往復し、
教員の仕事を全うさせていただき、
家庭では奥さんと丁々発止というか以心伝心というか、
そんな感じで2歳7か月のボリさんを育てる父。
でもそういった「日々」をいったん離脱し、
基本的にわし個人的な独裁の2週間を送っていいよ、という幸せ。
送り出してくれた奥さんとボリさんの度量に感謝申し上げる。

でも、楽しいだけじゃない。遊びじゃない。
2週間で大作を仕上げるというプレッシャー、
そして広島現美の意に添う作品を作れるか、という、これまた超ド級に強烈なプレッシャー、
そして日程のうちの後半5泊、一緒に泊まるはずだったのに、犬の預け先が確保できず来れなくなった奥さん&ボリさんに、
満足いくお土産を持て帰れるか、というプレッシャー。

2週間のうち2日間は、休館日のため、わしはオフになる。
ほっとけばわしは、どこかしらの場所を見つけ、制作を続けるだろう。
泊まるのがカプセルホテルのため、ホテルではできないので、例えばカラオケボックスとか。

そんなわしに対し、
「宮島に行ってきなさい。できれば呉にも。
行けなかった私らの分まで!」
という奥さんからの指令が出ている。
お土産と、広島観光をしたぜという土産話なしでは帰れないのだ。

そんなわしの2週間を、
広島にお越しになれない方々にも鑑賞していただきたいので、
というかわしの不安をおすそ分けしたいので、
これから2週間、毎日日記を更新します。
客観的にも、面白い状況だと思うし。
制作の進行状況の写真を交えて。
計画がうまく完遂するか、
ぜひ毎日見に来るように!
[PR]
by syun__kan | 2016-07-28 21:05 | 日記 | Comments(0)

今朝のニュース

時事的な話題については日記を書かないつもりだったけど、
相模原の方で、何だかあまりにもひどい事件が起きてしまったようだ。

人の価値は、いくらお金を持っているかでも、
いくら勉強ができるかでもない。
障害の有無でもない。

価値なんて、人が決めれるものでもない。が、
何らかの基準を持ちたいという気持ちにもなる。
わしはとりあえず、こう仮定している。
人の価値は、いかに周りの人を笑顔にさせられるかだ。

そういう部分で、わしは職場である特別支援学校の生徒に、
毎日毎日、たくさん笑顔にしてもらっている。
無邪気でオリジナリティあふれる言動、素晴らしい創作に心を洗われる。
彼らによって、わしは生かされている。

彼らは素晴らしい。感謝しかない。
それを否定する何かが目の前に来たら、わしは全力で反抗する。

以上だ。
[PR]
by syun__kan | 2016-07-26 21:54 | 日記 | Comments(0)

思い出のぽろぽろ

何か出る。
2歳7か月のボリさんを風呂に入れていると、何か出るのだ。
ボリさんの脇や首筋から。
ぽろぽろしたものが…
最初は、衣服の糸くずかと思った。
しかし、あらゆる溝から、
膝裏やひじ裏などから、出るので、
ようやくわしは思い当たった。
老廃物だ。

自分の思い出がぽろっと出て来て、結びついた。
わしも5歳とかの小さいころ、このぽろぽろ、出た。
夏に風呂に入って体を洗っていると、出たのだ。
若いと、代謝が非常に活発なのだ。

このぽろぽろは、もう一つの思い出を、ぽろっと引き出した。
二十歳前後、大学の時、わしが三宅感君に、

「普段、風呂で体洗ってると、
全身洗ってるつもりだけどさ、
背中の片隅とかに、タオルが届いていない三角形とかが実はあって、
毎日そこだけ洗えてなかったとしたら、
そこに垢が降り積もって、
そのバミューダトライアングルみたいな三角形が、
タワーの様に盛り上がって来るんじゃないか」

と話したら、感君は、

「俺も全く同じこと考えてた」

と答えていた。

そして33歳の最近、ぽろっと、気づいたのだ。
わしのバミューダトライアングルは耳の裏だった。
[PR]
by syun__kan | 2016-07-21 21:43 | 日記 | Comments(0)

今年も、日東電工様HPに登場!!

f0177496_2230184.jpg


http://www.nitto.com/jp/ja/tapemuseum/special/vol9/

夏休み間近。
昨年に続き、今年もガムテープを使った工作を、
日東電工様のホームページで紹介させていただきました。
作りかたの動画まで、youtubeで見ることができる、
大変充実したサイトです。
今年は乗り物特集です。

皆さん、マイケル・ジャクソンがKing of Popならば、
日東電工様はKing of Tapeです。
覚えとくように。
個人的な意見かもしれないが、
年間数百本の布粘着テープを消費するオジサンに言わせてもらうとな、
最も使いやすいのは、Nittoだぜ、ベイべ。

ちなみに去年の特集はこちら↓
http://www.nitto.com/jp/ja/tapemuseum/special/vol4/
[PR]
by syun__kan | 2016-07-19 22:43 | 日記 | Comments(0)

広島企画2016、開幕!!

お伝えしていた通り、
広島での展示・ワークショップ・滞在制作企画、
「あちらのせかい?こちらの世界??」が、
16日&17日ワークショップ2デイズにより、開幕した。

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
同時参加されている作家のスサイタカコ様、学芸員の山下様、他職員様方、
本当にありがとうございました。

大荷物化を防ぐためにカメラを持って行かなかったので、
写真を紹介できないが、
現場は関口の大人魚姫や「大人魚姫の城」の骨組み、
ワークショップ参加者の作品、
スサイさんの素晴らしいワークスによって、
すでに、けっこうなカオスになっております。

まだまだこれは始まったばかりであり、
関口は7月29日から2週間、滞在制作を行って城を完成させますので、
お楽しみに。
月曜休館。ご注意を。

ちなみに、実は、
広島市現代美術館でワークショップを行うのは初めてではない。
2009年の3月末に、ひっそりと行っている。
当時の日記を読むと、
いたいけなミドル20代だったセキグチ君のナイーヴ具合がただ切ない。

もうすぐ33歳になる関口氏は、そんなんじゃ終わらない。
西日本/東日本の文化的?言語的?周波数を超え、
完全燃焼したい。
東西を統一したい。自分の中で。
あちらの世界とこちらの世界をまたぎたい。
要するにここ7年くらいの人間的成長を、ここで見せれればいいな。
[PR]
by syun__kan | 2016-07-17 21:36 | 日記 | Comments(0)

夏のワークショップ・プロジェクト2016「あちらの世界? こちらの世界??」

f0177496_22434014.jpg


https://www.hiroshima-moca.jp/exhibition/summer_ws_2016/
広島市現代美術館における、こちらの企画の準備のため、忙しかったので、
なかなか日記が書けず、申し訳ない。

この企画は異界がテーマということで請け負ったが、
アーティストはいつも異界を作るわけで、
しかしこの場合においての異界とは何なのか?
美術館はどんな異界をイメージしているのか?
案を考えるのはなかなか苦心した。

ゴールデンウィーク頃の日記では「王子様」を作ると書いていたが、
それは変更になり、
お城を作ることになった。
あの3日間で作った王子様ヘッドは、ほとんどなかったことになっている。

しかしながら、開催まで一週間を切った今でも、
わしの案は絶賛紆余曲折中である。

今週末、土日に2日間ワークショップを行い、
7月29日からは2週間、関口のキャリアにおいて初めての滞在制作をする。

現在の紆余曲折具合からして、果たして、
果たして、
滞在制作最終日の8月11日に、「大人魚姫の城」は、
城は、仕上がるのか??
客観的に大丈夫か?と思われるような状況にも見えるが、
結論を言おう。
間違いなく仕上がる。
岡本太郎賞受賞者をなめるんじゃない。
[PR]
by syun__kan | 2016-07-12 22:59 | 日記 | Comments(0)