<   2017年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

バラゴンの定理

f0177496_07312324.jpg
サンダーストーム・チャイルドを、アーツ前橋に搬入・設置してきた。
毎回補修したり付け足したりしているので、徐々に密度が増している。

この作品の着想は2012年。岡本太郎賞受賞後、副賞的に、
青山の岡本太郎記念館で展示できることになったわしは、下見に行った。
その時に開催されていたのが、ヤノベケンジさんの展示で、
庭には、放射能防護服を着て、しかしヘルメットを外して脇に抱え、太陽を浴びて微笑んでいる子どもの、巨大な像が。
タイトルは「サン・チャイルド」とのこと。
時は東日本大震災の翌年、日本中が放射能の恐怖におびえる中、
そのような恐怖の無い未来を願うような、明るい作品だった。

しかしわしは、まだそんなに前向きな気持ちになれないよ!というのが正直なところだった。
希望を表現するような「感性ネジ」という作品で太郎賞を獲ってはいたが、
自分の将来への不安、子どもたちの未来への不安というのも同時に心に存在してはいて、
そのへんグジャグジャな感じだった。

なので、希望を表現するのが「感性ネジ」なら、
「でも不安だよ、ちくしょう!」という気持ちを表現する作品として、
「サンダーストーム・チャイルド」という発想が出てきた。
サンダーストームは、雷雨の嵐である。
新聞紙とガムテープという弱い素材でできた子どもの像を、記念館の庭に展示して、
風雨にさらそうと思った。

しかしながら、この案は「ほんとに崩れて風で飛んで行ったら大変」等の事情で変化し、
結果的に「ヒーロー」という、天井から吊るす作品となった。
f0177496_07354056.jpg
まあ、天井から落ちて来ても大変なわけだが、
そのへんは太郎の名がついた施設の、めちゃくちゃなことを許容する精神を感じた。
「ヒーロー」は翌2013年1月、銀座の「ELTOB TEP ISSEY MIYAKE」でも展示された。

その年の3月、21_21DESIGN SIGHTでの「デザインあ」展と六本木アートナイトに合わせた、
巨大な「あ」の字の作品を依頼されたわしは、
制作が日数的に間に合わないことへの解決策として、
「あ」の、上の横棒部分に「ヒーロー」を使った。
f0177496_07404108.jpg
この作品は、期せずして最初のコンセプト通り、3週間、六本木の中心で野ざらしにされ、
ボロボロになったのである。

その後多摩美の彫刻棟ギャラリーでの展示を依頼されたわしは、
「あ」は、業者さんが作ってくれた、台の中から中心の縦棒に伸びる鉄骨の構造がないと自立できないので、
「あ」をバラして、片膝を立てて座っている青少年の形に再構成した。
これに、最初の着想だった「サンダーストーム・チャイルド」のタイトルを与えたのである。
この時は個展で、自分のこれまでの歩みを振り返る機会だったので、
「放射能への不安」に加え、雷の多い地域である群馬県で生まれ育った自分の姿も反映させたネーミングだった。
この年、「サンダーストーム・チャイルド」は多摩美に加え川崎の岡本太郎美術館、船橋市のアンデルセン公園こども美術館に展示され、
2015年には調布の「たづくり」という施設のギャラリーで展示された。

要するに、最初に作った「ヒーロー」を、これでもかと使い回しているのである。
お前はリサイクル業者か。という声を真摯に受けよう。
我が身を5分反省し、
そしてベランダに立って胸を張り、アンサーをしよう。

この度重なる使い回しを支える理論として、わしが提唱しているのは、「バラゴンの定理」である。
f0177496_23111965.jpg
「バラゴン」は、東宝の「フランケンシュタイン対地底怪獣」(昭和40年)という映画で生まれた、
四つ足の怪獣である。
この着ぐるみは、わしの記憶が正しければ、
円谷プロのテレビ番組「ウルトラQ」において、
首を挿げ替えて「パゴス」という怪獣に改造され、登場している。
週1のテレビ番組であった「ウルトラシリーズ」は、案の定制作が非常にタイトであったため、
東宝から使用済みの怪獣の着ぐるみを借りて(もらって?)、改変して使っていたのである。
そして「パゴス」のあと、さらに、「ウルトラマン」において、
初期のわりと重要な怪獣である「ネロンガ」に改造される。
その後、同ウルトラマンにおいて、トゲがいっぱい付いて「マグラ」という怪獣になったはずである。
さらにその後、エリ飾りが付いて「ガボラ」になったはずである。
そして最後は、東宝に戻り、
なんとまた「バラゴン」となって、ゴジラ映画に出演を果たしている。

着ぐるみ内部は相当に臭かったはずだ。
しかし論点はそこではなく、
改変を辿ったどのキャラクターも、魅力的な名怪獣として現在まで語り継がれている点だ!
パゴス以外。
そう、正直パゴスはあんまりもうフィギアとか発売されてない気がする。
しかし、バラゴンはもちろんネロンガもマグラもガボラも、素晴らしい造形作品だと思う。
使い回しだからと言って、ダメな作品とは限らないのである。

これが「バラゴンの定理」だ。
よろしく。

[PR]
by syun__kan | 2017-01-23 07:41 | 日記 | Comments(0)

2730

f0177496_22511205.jpg

[PR]
by syun__kan | 2017-01-21 22:50 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)

オオハシヘッド

f0177496_01263099.jpg

[PR]
by syun__kan | 2017-01-20 23:55 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)

穴開きの箱

f0177496_06481891.jpg

[PR]
by syun__kan | 2017-01-19 23:47 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)

f0177496_22554982.jpg
やや疲労がたまり、この様な結果に。

[PR]
by syun__kan | 2017-01-18 22:55 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)

スプレーヘッド

f0177496_23200326.jpg

[PR]
by syun__kan | 2017-01-17 23:19 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)

乗客たち

f0177496_23400872.jpg

[PR]
by syun__kan | 2017-01-16 23:39 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)

ナット

f0177496_23341622.jpg

[PR]
by syun__kan | 2017-01-15 23:33 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)

一戸建てに引っ越したいという希望、
曲りなりに10年、真面目に務め人をこなしたんだからという。

何から始めればよいかわからず、
とりあえず見学に行ってしまったが、
これは有りがちなミステイク。

まず予算から練るべきであった。
先に見学なんかして、「こんなおうちにすめたらいいね」とかイメージを持ち、
「ここに決めちゃおうかい」なんて話しつつ、
ようやくファイナンシャルプランの概念を発見し、考えてみて、
「やっぱこの価格は無理、ここでこのローンしょい込んだらローン返すだけの人生になるかも…
いったんやめよう」
という話を夫婦でするときのダメージ。

ダメージたるや。

働き方や将来設計、
仕事とアートの両立、
今まで深く考えず、「これでいい」と思ってやってきたことを、
改めて鍋の底からひっくり返すように考え直すこと、
まあそれはいい機会なんだけど、
考え直して答えが出きらない期間の地面が豆腐になったような不安感は、
なかなかこたえた。
わしはビールなどより発泡酒を飲むべきなのかもしれず、
クリープではなくマリームを溶かすべきなのかもしれず、
一生ニューバランスのスニーカーは履けないのかもしれない。

18歳まで群馬の実家に住み、その後は賃貸で神奈川東京埼玉、転々としてきた。
賃貸、この気軽さよ。
一戸建てなんぞ買ったら、基本的に一生その場所に住むのだ…。
腰の曲がったおじいさんになっても、この世界の歴史にどんな出来事が刻まれようとも。
その場所でそれを眺め、その場所に起こる出来事を逃げずに受け止めるのだ。
重い…石彫かブロンズ像のようだ…
わしには新聞紙とガムテープの彫刻の軽さが向いている。

何に重きを置いて今後生きて行くのか?
教育?文化?経験?血縁?コスパ?実用?夢?
ここ2か月くらい、さんざん奥さんと話し合った。
家を決めるというのはそういうことだ。
案を一つ挙げるたびに、自分の稼ぎを振り返る。
何しろ基本的に、わしが超高給であれば大体叶うのだから。
数字のことを考えると無条件に落ち込んでくる。
小学生のころからそうだった。
算数、好きじゃないんだ。
答えが一つしかないものが基本的に好きじゃない。
わしにとって健康的じゃないんだ。
好きで一緒になった奥さんと、嫌いな内容についてさんざん話さなくてはならないのはつらい。
それもまた人生の一環なのだが。

ところで3学期が始まり、職場に子どもたちが来るようになったが、
皆、星野源さんという人の「恋」という歌に合わせて踊っていた。
世の中で相当流行っているらしい。
教員としては子どもたちの流行りには一応付いて行けた方が望ましい。
ということで、わしも家でYouTubeで観た。
例によって奥さんと物件について話し合い、今日も結論が出なかったあと、
もう寝ようかいと思ったけどそう言えばと思って観た。

「逃げ恥」というテレビドラマの主題歌だったらしく、
ドラマのいろいろな場面の総集編的な映像が挟まれながら、出演者が躍る。
「ヴォーギング」と呼ばれる、体幹をブラさず手だけシュルシュルと動かずダンスが再び日本で流行ったのは、perfumeの影響だろう。
最近はオシャレ感を狙ったダンス動画はすべてヴォーギングしている。
続いて、一般の方がそのダンスを真似した動画を観たのだが、
それには歌詞が表示されていたんだ。

「意味なんか ないさ 暮らしがあるだけ
ただ腹を空かせて 君の元へ帰るんだ」

このセンテンスを読んだだけで、わしの目から涙が溢れて止まらなくなった。
不意を突かれた。
新垣結衣さんと星野源さんのカップルに、何ら遜色ない素敵なカップルだった、わしらも。
ただ腹を空かせて奥さんの元へ帰るだけの、シンプルさを備えていたこともあったと思う。
しかし、若いころの人生観なんて、すべて戯言なんだな、と思うような年頃に、
実はわしはなっていたりする。

「恋をしたのあなたの 指の交ざり 頬の香り 夫婦を超えてゆけ」

しかしわしはこういう歌を栄養にできるだけの瑞々しさくらいは持っていたい。
物件探しにおいても、逃げるは恥だが役に立つ。

[PR]
by syun__kan | 2017-01-15 00:02 | 日記 | Comments(0)

ティッシュ

f0177496_00184233.jpg

[PR]
by syun__kan | 2017-01-14 23:59 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)