教会
f0177496_23320143.jpg

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-20 23:31 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
「野生展」のレセプションに行ってきた
f0177496_22424246.png
21_21デザインサイトは、
東京ミッドタウンにある都会的この上ない超かっこいい展示施設で、
毎回、攻めの斬新な企画展を行う。
2008年に、わしを、造形作家として事実上デビューさせてくださった施設でもある。
それ以後も、何度かワークショップや小品の展示で関わらせていただいたが、
最近はあまり出動していない。

しかし新しい企画展が行われる場合は、必ず内覧会の案内をくださる。
いつも平日の夕刻から行われるのでなかなか行けないのだが、
今日は久々に、終業後雨の中電車に飛び乗り、
明日から始まる「野生展」のレセプションに行ってきた。

三宅一生さんとお会いし、
島根県で作ったヤマタノオロチの写真をお見せした。
わしは、三宅一生さんにスカウトされて造形作家としての道を歩み始めたので、
「何とか、まだやってます!」
と、たまに報告しなければと思っている。

佐藤卓さんともご挨拶できた。
「東京オリンピックで、何かでかいオブジェが必要になったら、呼んでください!」
とお伝えさせていただいた。
しかし佐藤さんは、自分は今のところオリンピックに関わってないからとのことだったが…
正直なところ、
わしは東京オリンピックの文化的な事象は、
佐藤卓さんが司ったら良いと思っている。
オリンピックは、世界中の誰も嫌な気持ちがしない、誰もが良い気持ちになるものであるべきで、
それこそまさに「デザイン」の仕事であり、
そういうのは、佐藤卓さんが最高だと思う。

展示に出品されている、絵本作家として有名な田島征三さんとも、
今回初めてお会いできた。
「とべバッタ」や「ふきまんぶく」等々の名作で知られる田島さんだが、
確か多摩美の絵本創作研究会出身なのだ。
つまりわしの、遠いけども直系の先輩ということになる。
(わしは絵本創作研究会の副部長だった)
わしのヤマタノオロチの写真に興味を持ってくださったり、
握手していただいたりした。
絵本を持って行ってサインをいただけばよかった。

鈴木康広さんは、わしが参加した2008年の「21世紀人」展でご一緒させていただいた。
今回は、その時の続編的な展示をされていて、少し懐かしく、嬉しかった。
作品についての解説をお聞きすることができた。
鈴木さんのお話は、すごく独特な視点なのにスッと腑に落ちてしまう感覚がして、本当に面白い。

渡邊拓也さんは、始めてお会いする20代の若い方だったが、
手びねりの焼成粘土でたくさんの「道具」を作り、出品されていて、
とても面白かった。

いずれにせよ、21_21の企画展は、世界の、本当に本当の先端を突きつつ深層に潜っているので、
いつも使わない、頭の中の部分を刺激され、
何かアドレナリンが出るというか、
ぼわっと燃え上がる感じがする。
この感じは、アーティストでなければ分からないのかもしれない。
すごく幸せな感覚なんだ。

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-19 23:56 | 日記 | Comments(0)
ケーキ
f0177496_21555416.jpg

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-18 21:55 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
スプーン
f0177496_23155823.jpg

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-16 23:15 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
アロエ
f0177496_01135543.jpg

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-16 01:13 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
新聞紙の変身展、開幕
f0177496_00030129.jpg
浜田市世界こども美術館にて、「新聞紙の変身展」が開幕しました。
新聞紙を使って何ができるかということについて、
アーティストたちが様々に研究した成果が展示されていると思います。
お近くの方はぜひ。

ちなみに、参加作家4名のうち、
遠藤良亮さんは、多摩美の彫刻科の、10年くらい離れた後輩です。
設置の際に初めてお会いしましたが、
中邑真輔みたいなモヒカンで、
色白で、照れた感じの笑顔が素敵な、
彫刻科のメンズの特徴である「寡黙さ」と、
細身ながらも肩幅の広い実戦型ボディを装備した好青年で、
彼の作る、新聞粘土による動物は、
わしには到底実現できないレベルのハイクオリティでした。
すごいなあ…

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-15 00:14 | 日記 | Comments(0)
サンダーストーム・チャイルド(スサノオver.)
f0177496_22065624.jpg
f0177496_22071574.jpg
今回展示するサンストちゃんは、
ヤマタノオロチに合わせて、
ひげを付けて剣を持ち、
スサノオノミコトのコスプレをしています。

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-12 22:14 | 作品写真 | Comments(0)
ヤマタノオロチとわし
f0177496_23061288.jpg
設置完了して記念撮影。
f0177496_23074129.jpg
サンダーストーム・チャイルドとも対峙。

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-11 23:08 | 作品写真 | Comments(0)
ヤマタノオロチ
f0177496_23371517.jpg
浜田市こども美術館にて設置作業。
ようやく全体像を把握できたヤマタノオロチ。
明日は手前のサンダーストーム・チャイルドを組み立てて、対峙させます。

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-09 23:39 | 作品写真 | Comments(0)
運動会前後の情景
土曜の朝、
奥さん、娘、わしがそれぞれに何となくのタイミングで起床する。
平日の疲れを引きずってわしは、階段の手すりにへばりついて、
火の鳥のムーピーのようにゲル状になってドロドロと一階に降りる。
何となく、奥さんが洗濯の手はずを整え、
わしが何となく、朝食的なものを用意する。
娘はとりあえずEテレを観てる…
朝食を食べる段になって、
非常にセンスの高い音楽番組である「ムジカ・ピッコリーノ」は終わり、
「おさるのジョージ」になる。
ジョージが、
「ほわっ、ほわっ、ほわっ、ほわーー!!!」
と叫ぶ。
次の番組である「ひつじのショーン」では、
ショーンが、
「めえ~~」
と述べ、犬のビッツァーが
「わわ、う、わわ」
と犬語でしゃべる。
すると次の番組は、「クレイアニメ風に作ったCG」アニメーションの「ピングー」が開始し、
ピングーが
「ほやー、ほやー!」
と叫ぶ…
さっきから数十分間、
動物がひたすら喃語でしゃべっている。

雨で運動会が延期になったこの土曜、
一日順延で明日には運動会が催されるわけで、
そんなに娘を疲れさせるわけにもいかないので、
ぼんやりと過ごす。
運動会を控えているのは娘だけではなく、
わしも日曜には、職場の学校の運動会である。
要するにわしは、娘の運動会を観に行けないのである。
よくある、親業と教員業のジレンマである。

奥さんは、幼稚園年少の娘の、初めての運動会に向け、
敷き物やお弁当の食材や帽子の上のリボンやワッペンやビデオカメラや、
様々なものを用意し、
さらには当日わしがいないことで、保護者一名だけでどう立ち回るか案じ、
1か月前から娘の体調管理を案じ、
10日前から天気を案じ、
当日自転車で行くか自動車で行くかを案じ、
雨天による一日延期によって何かが途切れたのだろう、
消耗し切って午後に倒れて昼寝していた。

ここ最近、奥さんの運動会に向けた様々な懸案を日々聞き、
まあ要するにわしが当日に行けないことに起因する部分も大きいので、
まあ何というか、はやく開催されてはやく終わるがよい、運動会、という感じだった。

日曜の朝、娘とわしはいつもの「キラキラ☆プリキュアアラモード」を観ることはできず、
それぞれの運動会に赴く。
わしはグランドの万国旗を張り、
走ったり体操したり潜り込んだり応援したりして、
教員として運動会を終えた。
家に帰って娘とプリキュアでも観るか、といったところだが、
そうはいかないのである。
浜田市こども美術館における、「新聞の変身展」の、
設置・飾り付け作業に行かなくてはならぬ。
運動会を土曜日に開催できていれば、日曜にゆっくり島根県に向かったのだが、
日曜開催のため、運動会終了後、万国旗を片付けることもできず、
同僚にお願いして、
ジャージのまま、ハチマキのまま(ウソ)、
自転車で駅に行き、電車に飛び乗った。

日曜深夜に浜田に着き、一泊し、
翌月曜朝から設置作業し、また一泊し、
翌火曜も朝から設置作業、夕方東京に戻り、
品川あたりのカプセルホテルで一泊し、
その足で水曜日、出勤する予定だ。
プリキュアを観れるのは、だいぶ先になる。

電車に乗ると、奥さんからメールが来て、
娘の属する赤組は優勝したとのこと、
親子競技のデカパンツリレーも一番だったとのことなどが伝えられた。
これで、一連の運動会関係懸案事項は一段落付くだろう。
よかった。
奥さんも、お疲れさまでした。
無事、行事が終了するのは、何だかんだで、奥さんの準備の成果である。

運動会は終わったが、
わしは、父、教員、あともう一つ、アーティストとしての懸案事項、
浜田市におけるヤマタノオロチとサンダーストーム・チャイルドの設置作業を、
やっつけに行く。
ややお疲れで若干のどが痛い。
先週、群馬や静岡に点在する、参加作家の作品を4トントラックで集荷して回っていただいたが、
群馬で積んだわしのサンダーストーム・チャイルドが大きすぎたか、
積み切らずに別便を出すというハプニングが、すでに生じている。
上手くいくことばかりではないが、
チャレンジし続けることが尊いのだと、言い聞かせ、
今は広島から島根に向かう、高速バスの後部座席で丸まっているなり。

[PR]
# by syun__kan | 2017-10-08 23:23 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧