ゾウの顔、耳つき
f0177496_23143263.jpeg

# by syun__kan | 2019-03-22 23:13 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
ゾウの顔
f0177496_00425543.jpeg

# by syun__kan | 2019-03-22 00:42 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
あまり泣かない子どもだったと思うし、
ティーンエイジャーの頃はそれこそ10年くらい、目から涙を一滴も流さなかったんじゃないか。

しかし年齢が上がるにつれ、涙腺のバルブも緩むのか、
大人になったら、
普通に自転車を漕いだりすると、目が乾いて、
ちょいちょいポロッと、すぐ涙がこぼれる。
映画を観たりして、感動した際には、
人知れず涙が、だらだら流れ続ける。
声を出して泣くわけではないので、誰も気づかないが、
そこにいるおじさんは泣いている。
わしはもう我慢しない。
わしはたくさん涙を流す気、満々で生きている。
泣く方が楽しい。

いや、10代の頃は、我慢していたわけじゃない。
何も心に迫って来なかったのかもしれない。
好きなものは、プロレスとか、嘉門達夫とか、いろいろあったけど、
何というか本当に、いわゆる心の琴線的な物に絡みついて共振するものというのが、無かったというか…
いや違うな、何というか、色々なものに気持ちを寄り添えるだけの自分の中身が、無かったのだろう。
30代になって、曲がりなりにも色々中身が溜まってきて、
その中身を応用さえれば、
実に様々な物に共感できるようになった。
大げさに言えば、ほとんどすべての物は、
そこにあるだけで泣ける。

ただし、わしは、
自分で何かやったことに対して、泣いたことは無い。
というか泣けない。
何か頑張って、達成したとして、感動が伴ったとしても、
あるいは頑張ったことが達成されずに悔しかったとしても、
泣くことはない。
何故なら、
大抵のことなら、わしはわりとすぐその状況に馴染み、それが普通のことになるからだ。
仕事としてやったことなら、なおさらだ。
仕事なんだから、ある程度しっかりやるのが、当たり前だし、
達成して然るべきで、そこまで込みで仕事の内である。
拙者とてプロの端くれなのだ。
泣けないというか、
泣く気は無い。
自分でやったことに自分で感動するなんてない。

帰宅して、夜、ジョン・レノンのドキュメンタリー映画を観て泣いた。
わしは「イマジン」を、起床の際のアラームにしている。
イントロのピアノがとても優しく、寝起きに聴いてびっくりしないし、
それにこの歌は、拒めない何かがある。
ポールの「Let It Be」もすごいけど…
映画を観て泣くのは、わし的に正当なことだ。
涙は暖かくて気持ちが良い。
今日は職場で卒業式だった。

# by syun__kan | 2019-03-20 22:30 | 日記 | Comments(0)
長方形
f0177496_00182387.jpeg

# by syun__kan | 2019-03-20 00:18 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
思い出のミルフィーユ
娘とプリキュアの映画を観に行った。
「プリキュアミラクルユニバース」という作品だった。
春と秋のプリキュア映画を、東映本拠地の大泉学園の映画館に観に行くことは、
娘が3歳の時からの恒例で、
娘は今5歳なので、春秋春秋春で今作が5度目のはずだが、
何回目かの時、一度、娘はわしとではなく、
お友達とママ達と行ってしまったことがあるので、
今回は4回目である、たぶん。

映画は初日で、何やら着ぐるみのプリキュアのグリーティングもあるとかで、
館内は親に連れられた女の子でごった返す。
その中で…
娘は中…中のやや上、くらいのサイズだった。
前は、他の子たちの方が大だったのだが…
要するに、着実に、プリキュアの中心対象年齢の後半に差し掛かっているということだ。
近い将来、卒業する。
このように、一緒に見に来れるのも、
あと2回くらいではないか。

映画には、前年の「HUGっとプリキュア」、一昨年の「キラキラ☆プリキュアアラモード」のキャラクターたちも出て来て、
変身シーンで、わしは予定通り泣く。
何か、泣いてしまうのだ。
壮大なメディアミックスが、どーんとこちらに届けられるダイナミズムに感動するのもあるし、
単純に映像が芸術的なのもある。
しかしその後の展開は、プロット的にかなり弱く、
わしはうつらうつらする。
プリキュアの映画は大体いつもそう。
付き添いし者の感動と眠気、二つ我にあり。見る前から想定している。
大人になると感動さえコントロールできる。
いやいや、娘も、5度目のプリキュア映画になると、けっこう冷静で、
画面だけでなく、入館の際に配布されるミラクルライトを、周りの子どもたちが振る様子に目を配り、
空気を読みながら応援している。

子どもは、生まれてしばらくは、「出来事すべてが初体験!」だが、
5歳になると、もうそうでもない。
「キラキラ☆プリキュアアラモード」は娘が3歳の時にテレビでやっていて、
「HUGっとプリキュア」は、娘が4歳の時だ。
経験は、層になっていて、「アラモード」の上に「HUGっと」があってその上に今の「スタートゥインクル」があり、
過去との比較によるインプットが可能になる。
というか、それしかできない。
完全に新鮮なプリキュア鑑賞体験は、ほぼ二度とできないのである。
色々なことが、そのようになっていく。
得たと言えば得たが、5歳の若さで失ったと言えば失ったのだ。
まあ、ミルフィーユのように重層的になった記憶を、串刺しにして味わうのも、楽しいものさ。
出会い頭の衝撃は、なかなか上回れないながらも、「前はこうだった」「今回こうなった」とかあれこれ言いながら、
こねくり回しながら楽しむのが、大人だ。

映画の後は、二人で回転寿司で昼食を食べた。
今はもう、連れ歩くのにほとんど苦労しないが、
前は帰りのバスで座りたい席に座れずに泣いたりした。
それで途中で降りて、
コメダ珈琲で昼ご飯を食べて、
食事メニューが安くて油断したら飲み物が高くて幼児と大人の二人で3千円くらい払うことになったりとか、
ロッテリアに行ったこともあったし、駅の近くのカフェに行ったこともあったけど、
それらが何歳の時でどんな順序だったかは、
もう思い出せない。
わしはもう、層が溶けてきている。

# by syun__kan | 2019-03-17 17:14 | 日記 | Comments(0)
2個の羊の像と娘が作ったコウモリ
f0177496_11424989.jpeg

# by syun__kan | 2019-03-17 11:42 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
2個目の羊の途中
f0177496_01080234.jpeg

# by syun__kan | 2019-03-17 01:07 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
乗っている形
f0177496_23321966.jpeg

# by syun__kan | 2019-03-15 23:31 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
f0177496_23162402.jpeg

# by syun__kan | 2019-03-13 23:16 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
四角
f0177496_23414740.jpeg

# by syun__kan | 2019-03-12 23:41 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧