NHK BSプレミアムで関口光太郎!!
ついに情報解禁となりました。
夏に埼玉県立近代美術館で行っていた滞在制作、
その1か月=720時間に密着取材した番組、
「ドキュメント720時間 (1)「巨大造形作品制作720時間」が、
12月3日(金)
午後11:15~午後11:45(30分)
に放送されます。

たぶんおもしろいよ!
BS入ってる人は必見!
ちなみにわしは入ってないから見れない!

以下、番組ホームページより引用。

「1か月=約720時間で人や景色はどう変化するのか?何かに取り組む人の720時間に密着し、時間と人間の関係を見つめ直す新ドキュメンタリー。第一回は、巨大造形制作。

24時間×30日(1か月)=720時間の密着取材を通して、異なる尺度や価値観を持つ人々の営みを追体験する新ドキュメンタリー。膨大な撮影素材から浮かび上がるのは、様々な「時間感覚」や「人生哲学」を持つ人々の姿。第一回は、新聞紙とガムテープで巨大な作品を作る造形アーティスト・関口光太郎の720時間に密着。生命誕生から人類に至る進化の歴史、そして未来を描いた全長9m超に及ぶ作品の制作過程をイッキ見する。」

# by syun__kan | 2021-11-26 06:34 | 日記 | Comments(2)
フォークでレタス
大量のレタスをフォークに刺し、
わしはそれを口元に運んだが全く口に入りきらず、
ボーン!と周辺にレタスをばら撒いた。

どうしてこのようなことになったのか?

それには、わしの、子どもの頃からの、フォークでレタスを刺すことへのイメージが影響している。
子どもの頃、ごく稀にであるが、フランス料理的な、かしこまったレストランに連れていかれることがあった。
子どもながらに、それなりにマナー良く、
食べようとするのだが、
サラダの、レタスが、フォークで取れないのである。
途中までは良い。
レタスが重なり合い、厚みがあるので、
それなりに刺さる。
しかし終盤、残り少なくなったレタスは厚みを失い、
フォークが刺さらなくなる。
ならばと、すくい上げようとするが、
皿が平らなのである。
追い詰められないのである。
壁的な状況がないから。
食べれん、最後のレタス。

箸があればよいのだ、箸が。
あれは日本の超有能カトラリー。
しかしここは西洋を模したレストラン。
挟むことが不可能な、フォークしばりで、最後のレタスを食べなければならん。

わしは思った。
例えば、皇室の方とかが、
他国の王様とかと、気を張る食事をして、
「にこやかに談笑」とかしつつ、
この「フォークで最後のレタス」の状況になった場合、
皇室の方々的な方々は、どのようにこれをクリアしているのだろう。
別に皇室でなくてもいい、
婚約してからの顔合わせ会とか、
あるいは初デートとか、
そういった、粗相を出したくないときの、ラストレタス。
みんなどのように乗り切っているのだろうか。

みたいなことを、子どもの頃から考えていて、
わしはいたたまれなくなっていたというか、
不安になっていたというか、
何というか、感覚的に「フォークでレタス」の状況を警戒するようになっていた。
んだと思う。
それで、
いざその状況に自分が置かれた場合、過度に注力して、立ち向かう、という形に結び付いていたのだと推測される。
結果的に。

わしはこの日、すっかり大人の38歳になっていたこの日の食事の際、
気を張る場面でも何でもない、普段の家での食事の際、
自分でレタスをちぎって洗い、水を切り、皿に入れたが、
この皿が割と深かった。
まず深かった。
これも一つの要因と言える。
そこに来て、根深く脳にインプットされている、
「フォークでレタス」への警戒感。
から、わしはフォークを深く刺した。
これを食べる際。
そして何度も刺した。
ザックザックと。
これも大きな要因である。
何度も刺す必要はなかった。
一度で良かったのでる。
ちゃんと刺さっているのだから。
ザクで。
でも「フォークでレタス」への警戒感で、むしろ疑心暗鬼になっているわしは、
アブドーラ・ザ・ブッチャーのごとく、
ザックザックザックと、繰り返し刺さざるを得なかったのである。
そしてそれを、とても素早く口に運んだ。
これも警戒感からだ。
「途中で落ちるのではないか」という。
「フォークのレタスはすぐ落ちる、早く運ばなきゃ!」という。
しかし実際には、フォークには深く深く、幾重にもレタスが刺さっている。

わしには、わしの口元に迫って来る、
フォークに刺さった大量のレタスが見えた。
目で認識してはいた。
凄い量だと。
予想に反して、ものすごい量のレタスが、我が顔面に迫っていると。
ただ、わしの瞬時の判断力は、アラフォーなりの衰えを発露し、
わしはその進撃を止めることができなかった。

2021年11月…
大量のレタス、衝突。
ボーン!

# by syun__kan | 2021-11-16 23:43 | 日記 | Comments(0)
顔面バスツアー
顔面バスツアー_f0177496_19384655.jpg
11月13日、土曜日。
最近アート方面の手が止まっていますのでね、
このままじゃいかんと思い、
今日は外出します。
顔面バスツアー_f0177496_19404936.jpg
着きました。
ここは高崎です。
顔面バスツアー_f0177496_19422860.jpg
高崎城址公園に向かって歩いていると、何か見えてきましたよ。
顔面バスツアー_f0177496_19432183.jpg
何かカラフルなものが並んでいます。
顔面バスツアー_f0177496_19521475.jpg

顔面バスツアー_f0177496_19441897.jpg
顔面が並んでいました。
顔面バスツアー_f0177496_19450873.jpg
友人の三宅感君が、「顔面バスツアー」というアートパフォーマンス?屋外展示?をしているのです。
詳しくはこちら→ganmenBT.pdf (taka-art.jp)
顔面バスツアー_f0177496_19513713.jpg
彼は午前中の回の片づけをしていました。
顔面バスツアー_f0177496_19534080.jpg
12時になって、わしの番になりました。
彼は、10時からと12時からと14時から、一日3回、ぶっ続けで顔面を作っているのです。
発砲スチロールにマジックペンで下絵を描きます。
顔面バスツアー_f0177496_19583475.jpg
手作りの電熱線カッターで形を粗く取っています。
あの太郎賞受賞作家・三宅感が約2時間、自分だけに向き合ってくれるという贅沢。
顔面バスツアー_f0177496_20081805.jpg
やすりなどで削ってさらに形を出してから、
紙粘土で要所の造形を作り込んでいます。
顔面バスツアー_f0177496_20103224.jpg
インスピレーションを受けて黄緑をチョイスし、
着彩しています。
顔面バスツアー_f0177496_20163607.jpg
1時間40分くらいでこのクオリティの顔面ができました。
すごすぎる…
右奥は、午前中に作られた顔面。
顔面バスツアー_f0177496_20181461.jpg
加齢は嫌な面もありますが、
同時にここまで生き残った証としての誇らしさもあります。
この顔面は、わしのそういった部分を初めて肯定してくれた気がしました。
もちろんめちゃくちゃ似ていますが、
似てる、似てないといった単純なことを越えて、
内面的なことまで造形のみで即座に表現できるのは、三宅君だけなんじゃないだろうか。
顔面バスツアー_f0177496_20353864.jpg
わしの顔面も、これまでの顔面たちに加わります。
制作中から、通りすがりの人たち、アートフェスを見に来た人たちがひっきりなしに鑑賞していきます。
顔面バスツアー_f0177496_20375749.jpg
彼はもう一人、別の参加者の顔面を作らなくてはなりません。
その間、わしは時間ができるので、
散歩しながら高3の時に通った高崎美術学院を見に行きました。
不審者になっちゃうので外から眺めただけでしたが、懐かしかったです。
顔面バスツアー_f0177496_20401989.jpg
お腹がすきました。
コロナもあり、長らく外食していませんでしたが、
14時半くらいで他のお客さんがいなかったので、
「高崎青春ブタ二郎」という店で、3年ぶりくらいにラーメン屋さんのラーメンを食べました。
脳が溶けるくらい美味しかったです。
顔面バスツアー_f0177496_20460978.jpg
16時に、現場に戻りました。
三宅君は、その日に作った顔面と、自分の顔面を、「バス」の屋根に設置していました。
顔面バスツアー_f0177496_20490449.jpg
三宅君が先頭車両に入り、顔面を作ってもらった人がそれに連なる3つの車両に入り、
(それぞれの車両を押しながら)バスツアーに出発します。
顔面バスツアー_f0177496_20564510.jpg
車両は配線でつながっていて、
車内放送的に三宅君のアナウンスが流れます。
この仕組み自分で作ったんか…。
顔面バスツアー_f0177496_20551306.jpg
所々でバスが停車し、
アートフェスの作品を、三宅君が自分なりの視点で解説してくれます。
顔面バスツアー_f0177496_21004632.jpg
ツアーを終えて戻って来た頃には、すっかり暗くなり、
4つの顔面が高崎城址に浮かびます。
この日が3回目の実施で、
今度の土曜にもう1回実施し、完結するようです。
ちなみに、「顔面を作ってもらう人=ツアーの参加者」の予約は、すでに満席だそうです。
顔面バスツアー_f0177496_21052473.jpg
他の顔面は小屋の中に片付けて、撤収です。
小屋も、三宅君の自作です。
ものすごく自腹を切っているようです。
なぜ彼はここまでやるのか?
分かりませんが、
分からないということまで含め、
わしはとても大事なフィーリングを拝受しました。
本当にありがとうございました。
明日また生きるぞ。

# by syun__kan | 2021-11-14 21:20 | 日記 | Comments(2)
パンダ試作
パンダ試作_f0177496_16521983.jpeg
俺は作られたブームには乗らねえ主義だ。
だがな、レイレイとシャオシャオの可愛さだけはガチだ。

# by syun__kan | 2021-11-07 16:51 | サムシング | Comments(0)
給食
「誰々は牛乳5本飲んだ」という話を聞いて、
わしはその子のファンになる。
他の情報は何も知らないけど。
しかしうちの娘も、
この間、きびなごのから揚げを7本食べたらしい。
カワウソか。

小学校時代のわしも、
給食はたくさんお代わりしてナンボだった。
5本は飲めないが、
牛乳は、早飲みなら得意であった。
わしは300mlとかの牛乳を、4秒くらいで飲むことができた。
しかし誤って「鼻から牛乳」したこともある。
飲んでいる4秒間中の3秒くらいの時点で、「飲んでいる自分」をなぜか客観視してしまい、
おかしくなって、やってしまった。
向かい合わせで座っている、同じ班の面々には迷惑をかけた。
申し訳ない。
この場を借りてお詫び申し上げたい。

今は班ごとに机を向けるようなことは、どこの学校でもやっていないだろう。
皆前を向いて、なるべくしゃべらずに給食を食べるとのこと。
しかしコロナ禍においても、コロナ禍なりに、
友人たちの様々な振る舞いを見て、響きあいながら、
小学生たちは物語を紡いでいるはずだ。
難しいこと考えず、客観視などせず、ただ、食べて飲んで欲しい。
そうすれば大丈夫だ。

# by syun__kan | 2021-11-06 20:40 | 日記 | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
サムシング
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧