長い形
f0177496_22492548.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-17 22:49 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
イラクのサマッラの塔
f0177496_21042811.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-16 21:03 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
愛と前橋
6月半ばに、制作のオファーをいただいた話を書いたが、
あれは、明かすと、
秋からのアーツ前橋での岡本太郎関連の展示に向けて、である。

わしはすぐに、学芸員さんに、
三宅感君は参加するのか?聞いた。
岡本太郎関連の展示で、
前橋市出身で第15回岡本太郎賞受賞のわしにオファーがかかるなら、
高崎市出身で第19回岡本太郎賞受賞の三宅感君にも、声がかかるはずと思ったのである。

予備校時代からのライバルであり、親友である三宅氏と、
いつか然るべき大会場で二人の作品をたたかわせ、
果たし合いをするのは、
わしの夢である。

しかし今回は、
それはお預けとなった。
学芸員さん曰く、「今のところ三宅さんの名前は入っていない」とのこと。

残念であった。
今回の企画は、わしの夢を叶える千載一遇のチャンスだった。
またいつか実現させたい。
じじいになっていてもいい。
一定の大会場であるというところはゆずりたくないが。

前橋は、全国で唯一の、
美術館の無い県庁所在地だった。
そこで、10年くらい前だったか、
「前橋市美術館構想」というのが立ち上がり、
数々のプレイベントが実施され、
わしもワークショップの講師に呼んでいただいたりして、
美術館が作られる機運が高まった。

しかし!!ここで!!
市長が交代!
その市長が、美術館反対派だったのである。
構想は暗礁に乗る。

悲劇だ。
お笑いぐさだ。
前橋の、芸術・美術文化に対する理解が低い風土を、物語るエピソードだ。

こんな話を書くのは、前橋批判になるだろうか?
これは愛ゆえだ。分かって欲しい。
これで上毛芸術奨励賞を一生もらえなくなったって構わない。
18で前橋を出るまで…
一般市民と芸術的な文化との、
乖離を感じていた。
10代の多感な時期だったからかもしれないが、
アートを理解し、楽しみ、
生活に取り入れる心が、
大人たちに欠落している気がしてならなかった。
欠落しているだけではない。
「あんなもの」と、なんとなく小馬鹿にするような。
芸術系卒の両親は理解があったが…

わしは前橋を飛び出して東京に。
多摩美を経てそのまま作家活動。
日本随一の大都市は文化的にも高水準なのは、ある程度あたりまえだが、
ワークショップで訪れた松山や広島や島根で、
芸術によって地域を盛り上げるパワーを体感した。
これがカルチャーショックだった。
そう、アートは、
財力が無くても地域の熱や価値をひっくり返せる可能性を持っているのだ!!

これを前橋の人たちも分かって欲しい。
前橋市の美術館構想は、
喧々諤々を経て、
「所蔵を持たないからこれは美術館ではない、でも美術を展示する施設」
という、何とも言えない位置付けになったりしながら進み、
最終的に市長が公約を撤回する形で、
「アーツ前橋」は美術館となった。
その果てしない回り道はやっぱり悲喜劇的だったが、
何はともあれ、
これは砦だ!
最後の砦か最初の砦か、分からないけど、
あの前橋に、アーツができた意義は、めちゃくちゃ大きいのである。

アーツ前橋は、前橋の芸術の未来を作らねばならぬ。
大人たちはある程度仕方ない。
しかし子どもたちの頭はまだ、やわらかいはずだ。
彼らに、芸術に親しむ心を醸成しよう。
そうやって、風土を変えよう。
そのためには、大作家の作品を展示する必要はない。
作家の名前で作品を見るのは大人だけだ。
名もない作家でよい、
誰が見ても面白く、身近で、心が踊り、
何か描いたり作ったりしてみたくなり、
そして未来を感じるような。
これからのアートを感じるような!
そういう展示が必要だ!

つまり何が言いたいかと言うと、
要するに、
アーツ前橋は、関口光太郎や、三宅感に、
ピッタリということだ。

別に冗談ではない。
わしらは無名で、
しかし只者ではない。
無名だからこそ「これから」を作れる。
呼んでいただけるなら、
わしは前橋のためにこの手で全力でたたかうぜ。
とりあえずこの夏は、秋に向けて、
三宅君の分も背負って、がんばります。

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-16 00:12 | 日記 | Comments(0)
f0177496_22432059.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-15 22:43 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
実家で顔を作っている
f0177496_22552305.jpg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-14 22:56 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
粘土をいじって考える
f0177496_23130580.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-13 23:12 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
f0177496_23183962.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-12 23:18 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
少ーしずつ馬に
f0177496_06382810.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-12 06:37 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
これから馬になる形
f0177496_23595934.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-09 23:59 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
キルギスのマナス王
f0177496_22552193.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-07-08 22:54 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧