マーライオン
f0177496_23232453.jpeg
関係ないけども、
誕生日おめでとう、マイケル!

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-29 23:23 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
マーライオンの顔
f0177496_23020394.jpeg
明日から仕事で合宿に行くのでちょっと途絶えます。
(普段からちょくちょく途絶えとるやん)

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-25 23:01 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
ルチャのマスク
f0177496_22190612.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-23 22:18 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
三輪自転車に乗る人
f0177496_23535607.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-22 23:53 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
三輪自転車
f0177496_22420153.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-21 22:41 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
丸と棒の何か
f0177496_23002562.jpeg

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-19 22:59 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
今度のチラシ
f0177496_18383031.jpeg
すごい名前と並んだな…

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-19 18:31 | 日記 | Comments(0)
整理する
状況を整理すると、
8月8日から14日までの7日間、アーツ前橋で集中制作していて、
14日夜に東京に戻り、
8月15日から今日18日までの4日間、
教員免許更新講習をしていた。

集中制作期間は100%アートのことを考え、
他のことを何も考えず、
教員免許更新講習期間は、
教職に関する勉強をひたすらしていた。

今日は試験があったので、試験勉強のため昨夜はひたすら教科書を読んでいた。
加えて2000字のレポート提出があったので、
わしはユニバーサルデザインの授業をテーマに選択し、
全国に十数校しかない私立の特別支援学校に勤務している立場から論じた。
内容的には、
わしからは、「ユニバーサルデザイン」「インクルージョン」といった言葉は、多少複雑な思いで受け止められ、
なぜならこれらは、「様々な子どもが一か所で同じ授業を受けることが良い」というイメージを持ち、
知的障害児のみを専門とする特別支援学校は、社会から知的障害児を隔離して教育しているとも捉えられるので、理念に適っていないようにも捉えられるためであり、
親が、障害のある我が子を特別支援学校に通わせることを拒否し、普通校に通えるよう自治体などに求めるケースについて、
もしこの「特支より普通校」の選択が、子ども本人の幸せにつながらず、二次障害等の事態を生んでしまう、もしくは二次障害までは行かなくても「本人の力を最大限まで伸ばすこと」ができなくなるのであれば、
この選択を「誤った選択」と捉えることもでき、
こうした選択を肯定的に捉える意見がある場合、
その背景には、一つは特別支援教育に対する無理解があるかもしれず、
すなわち特別支援教育は、通常の教育の劣化版などではなく、
より有効に必要なことを教授するために専門的に研究された分野であるが、
それが意見者まで伝わっていないことと、
また別の背景として「ユニバーサルデザイン」「インクルーシブ教育」といった言葉の、やや過大な解釈があるのではないか、
それは、「どのような障害種、障害の程度でも、すべて同じ場所で同じ教育を受けることが常に正しい」という解釈であり、
これを実現するためには非常に高度にユニバーサルデザイン化された授業・カリキュラムや人員体制が必要だが、
一定の「限界」は存在するのではないか、
1994年の「サラマンカ宣言(声明)」で提唱された「インクルーシブ教育」の理念は、
《障害児・者を社会の中に「統合」するというものではなく、共に生きる仲間として多様な価値観を認めるというものである》と説明されていて、これを丁寧に理解する必要があり、
また、障害者の権利条約は、インクルージョンを権利として保障しており、さらに、障害のある生徒が必要とする個別支援を受ける権利も保障していることを強調した。
また別の方向から、
本校においては様々な障害の種や軽重の児童・生徒による学び合いがあり、
いわば、「狭い範囲でのユニバーサルデザイン」が実現されていることに触れ、
今後、高機能自閉症やSCDと呼ばれるような、
知的発達が軽度な児童・生徒学びの場として本校が役割を果たせないかという期待がわしにはあり、
適切な教育プログラムを構築できれば、本校の「狭い範囲でのユニバーサルデザイン」を少し広げることになるのではないか。

とまとめた。

というようなことで、
この4日間は目覚めている時間は基本的に教職のことを考えていたため、
「2020東京五輪に向けて何か作る」こともできていなかったが、
明日からは再開する。
今日はちょっとできない。
何か最近立て込んでいたので、何故か股関節が痛い。

また、集中制作期間は、
ブログの記事が「~です」「~ます」の語尾になりがちで、
普段は「だ」「である」で言い切っていたのに対して、
ブレが生じていたが、
その原因について考え、
(将来的に)展示を観に来てくださるお客様に説明する視点になるためか?
あるいは制作中に聴いていた落語のまくらに影響されたためか?
等、考えたがよく分からず、
態度や言葉遣いなど、状況によってどうにでもブレてしまうのだな等思ったりし、
何はともあれ、
今後は従来の通り、「だ」「である」に統一する方向で、
語尾を整理する。

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-18 20:39 | 日記 | Comments(0)
頭部などを修正する
f0177496_23035752.jpeg
7日間の集中制作、
最終日でした。

昨日までで全パーツ、一応できてはいるのですが、
かなり駆け足で、進捗ノルマ達成をただひたすら目指して、
モーレツ社員みたいな感じで、
ただひたすらやってきましたので、
最後の日は、
もう少し気楽にというか、
スーダラ節みたいな感じで、
「コツコツやる奴あ、ごくろーさん!」
と笑って叫びながら、
…いや違うな、
もう少し豊かな気持ちで。
「ふん、ふんふん」
て、
パイプをくゆらして、
やっぱりベレー帽を被って、
紅茶をすすって、
夜にはモデルさんとワインをすすって、
とまでは言わないけど、
モデルさんなんかもちろんいないですけど、
まあ、もう少し引いて、
作品から距離を置いて冷静に眺める気持ちで、
制作しようということで、
まあ結論から言えばそんなことは無理だったんですけど、
やっぱり今日も制限時間一杯までのモーレツ社員だったんですけど、
せめて、各パーツの不十分な点を修正しました。

特に頭部は、
頭の形がまずかったので、
修正を試みました。
顔も、
制作初期に比べ、
徐々に、徐々に可愛く、
修正というか整形してます。

終わりまして、今は帰りの電車の中です。

この後は、
9月の土日に、隙を突いて前橋行って修正を加え、
そしたらいよいよ現場への設置作業です。
9月下旬のどこかだと思います。
そうです、
その時まで、わしも完成図を見れないのです。
広い空間とそれなりの道具、
それなりの人員がいないと組めませんから、
設置の当日まで、
「組み立てるとどんな感じか」
分からないのです。
組んでみて、
「あ、あそこがまずい!」
となっても、
もう遅いのです。
部分的な修正はできますが、
「全体的なバランスがまずい!」
みたいなことになったら、
がびーん。
(古いと言われても言い続ける、わしはがびーんが好きだ)
その時は、あきらめるしかありません。

また今回の作品は、
今までで一番大規模だった、
卒業制作の「瞬間寺院」に、
次ぐ規模です。
高さは、今までで一番高かった、
2007年の「明るい夜に出発だ」と同じくらいで、
塔みたいな形状も似ていますが、
太いというか、
物量は、あの時より多い気がします。
また、半分より上が重いんです!
それを怪我なく無事組めるか、
まあ多分大丈夫でしょうけど、
今は案じています。
大人が数人がかりで本気だしたら、大概のことはできますから、
多分組めますけど、
間違いなく、
ものすごく大変だと思います。

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-14 23:03 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)
父、塗る
f0177496_20273785.jpg
父です。
今まで作った部分を丈夫にするために、
表面に木工ボンドを塗ってもらいました。
ありがとうございました。

左に見える、最下部のパーツは、一応覆い尽くしました。
制作は残りあと一日です。

[PR]
# by syun__kan | 2018-08-13 20:31 | 2020東京五輪に向けて、毎日何か作る | Comments(0)



現代芸術家、関口光太郎の日記。
by syun__kan
関口光太郎ホームページ
カテゴリ
プロフィール
新聞紙×ガムテープアートとは?
日記
作品写真
リンク
2020東京五輪に向けて、毎日何か作る
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
感はがんばる
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧